ダイバーシティ社会の推進・行政と民間・大学組織の課題

人権などの観点から、また、活力ある社会づくりの観点からもダイバーシティ(多様性)社会の構築は大きな課題です。最近様々な場面で耳にします。ダイバーシティの社会は大切な目標です。一方で、主唱している行政や民間の大組織、大学などは大丈夫と違和感を抱きます。アメリカとスウェーデンで学んだ経験からするとなおさらです。

アメリカでの体験です。順不同です。20年ほど前ニューヨークタイムズの社長は女性、前職高校の校長で転職でニューヨークタイムズに入社。次の社長も女性でした。日本にそのような多様性のある人材はマスコミにも民間企業にもいません。

女性の知人は30代でホワイトハウス広報官、40代フォード自動車広報部長、50代ボーイング社広報担当副社長。

ニューヨーク市警察のトップの指揮官の警察委員長(ポリースコミッショナー)の経歴、1990年頃のブラウン氏、黒人、オクラホマ州の貧困家庭で育ち、フットボール選手として奨学金をもらいカリフォルニア州立大学で学び卒業後地元の警察官になり、その後、さらに州立大学の修士課程で修士号取得、警察官を継続し、その後、大学教授になり、さらにカリフォルニア州立バークレー校で犯罪学の博士号を取得。ジョージア州アトランタ市の警察委員長、テキサス州ヒューストン市の警察部長、90年に初の黒人ニューヨーク市長のスカウトでニューヨーク市の警察委員長に就任。その後、私の母校であるヒューストンのライス大学公共政策の教授、その後、ヒューストン市長に就任。

ライス大学で私の指導教官はオーストラリア人、メルボルン大学出身でライス大学の准教授、その後ハーヴァード大学に移動、45歳でハーヴァード大学大学院長に就任しました。私のライス大学の修士号審査教授のアデール・サントス女史はその後MITの大学院長に就任。アメリカの大学は権力を作らせない、多様性を維持するという観点から自校の卒業生の教員比率を20%以下に抑えています。日本の大学は東大教授は東大卒業生、早稲田大学の教授はほとんどが早稲田大学卒業生。

日本の組織(大学もマスコミも行政も企業も)は同じ時期に入社試験を受け、4月に入社、30代で係長、40代で課長、50代で部長と金太郎飴の人材構成です。しかも、基本は日本人のみの社会。行政やマスコミ、大学教授などのインテリがダイバーシティの社会を作りましょうと主唱するのは結構ですが、本心はダイバーシティと正反対の組織に身を置く方々が本当にダイバーシティという意味を理解しているか、疑わしいです。私自身の経歴、考え方はダイバーシティそのものですが、日本の社会ではマイノリティで白い目で見られることの方が多いです。

CO2排出量から見た住宅計画の高さ・密度

アメリカの建築家協会(AIA)の月刊誌を毎日インターネット購読しています。1月15日配信の記事に、CO2排出量から見た住宅計画という記事があります。調査研究はシカゴの設計事務所Smith & Gillによります。住宅のタイプは9種類、1.極超高層住宅213階、2000戸 2.超超高層121階、1000戸、3.超高層65階、500戸、4.高層38階、200戸、5.中層20階、100戸、6.コートヤード型4階、20戸、7.3階3戸、8.市街地内戸建2階、1戸、9.郊外戸建2階戸建です。

CO2排出量は1戸当たり最少は3.超高層の場合、52t、4.高層の場合55t、最も多いのは1.の極超高層の119tです。ある程度の密度(65階500戸)で生活するのが良いという結論です。CO2排出量の観点から住宅開発の密度の適切さの興味深い研究です。

PCB処理。専門家・技術士に対し安過ぎる東京都庁の報酬。

20年1月16日読売新聞にPCB処理「橋5本で5.5億円」自治体「負担重い」と見出し。1960年代から70年代にかけて塗装、蛍光灯などの電気製品にPCB(ポリ塩化ビフェニール)が使われ、現在PCB除去が政策課題となっています。技術士など専門知識が期待されます。

数日前、技術士の友人(技術士資格は文部科学省が所管で、医学を除く様々な技術分野の最高の資格と評価されています。)曰く、「東京都庁から相談があり、PCB除去のため技術士を非常勤の公務員として採用したい、週4日勤務し、月給は20万円。」と言われたとのことです。日給1万円です。驚きました。

技術士会の内規で技術士の日当は経費込で14万円。実質の手取りは一日5万円。国土交通省が定める主任技師の日当もおよそ1日5万円です。経費や組織の利益を含めると1日14万円になります。また、東京都の課長級の年収は1000万円前後でしょうから、計算上年間200日の勤務(土日で100日の休日、プラスその他祭日と夏休み、正月休暇などありますから年間200日の勤務と想定できます)ですから東京都の課長級の1日の日当は5万円となります。技術士は能力、経験から東京都庁の課長級以上に相当すると評価されています。すると、最低でも日当は5万円必要となります。1日1万円の日当は、高度な知識が必要とされない非常勤のパートに相当します。東京都含め他の自治体も技術士のなんたるかを理解していただく必要があります。一方、日本技術士会は東京都に対し「技術士の適正な評価をすべき」と強くアッピールすべきです。

IR汚職。欧米の政治家との比較からのコメント。

秋元司衆議院議員がIR(総合型リゾート:カジノのこと)立地選定を巡る汚職事件で東京地検に逮捕されました。欧米(といっても、アメリカとスウェーデン)事情を多少体験した立場からのコメントです。

1 まず、欧米で政治家個人による「口利き」は不適切とみなされます。日本の政治家は遅れています。国会議員なら公費で海外視察の機会も多くあると思いますが、欧米の政治家の不正防止対策について勉強しないのでしたら、公費で海外視察は無駄です。

2 欧米では、政治家の活動は基本的にすべて公開されます。監視されます。こうした不正は欧米では起こりにくいです。日本の政治活動も基本はすべて公開すべきです。

3 政治家の学習歴についてです。欧米では政治家は基本的に政治にかかわる分野について相当勉強します。欧米の政治家、特に国会議員であれば、弁護士資格など難度の高い資格や学歴を有します。オバマ大統領はハーヴァード大学の法律大学院に在学中、大学院の専門誌(ハーヴァード・ロウ・レビュ)の編集長を務め、大学院の授業のほか、学問的内容を深め、編集作業をする中で専門分野の人脈を広げました。秋元氏は新聞報道によれば、特に専門的な学習をしたわけでなく、某国会議員の秘書を務め、地元のドサ周りを続け、顔を売り国会議員になったようです。失礼ながら、立法の府に相応しい高度な知識を学んだと言えそうではなさそうです。こうした方を議員に選んだ有権者にも責任があります。アメリカ、スウェーデンなら秋元氏の経歴では国会議員に選ばれないでしょう。利権のために活動する政治家はすぐバレ、次の選挙で当選できません。

4 スウェーデンの場合、大型公共事業などが計画されると捜査機関に特別チームが編成され、政治家に対して監視体制が強化されます。不正を許さない仕組みづくりに有効な手法と思います。今回のIR(統合型リゾート)も特定の民間企業と政治家の利権につながる恐れがありますから、スウェーデンと同様、堂々と捜査機関やマスコミが公に監視体制を組むことが必要です。もちろんマスコミも監視活動をすべきです。

六本木の客引き。麻布警察署地域課警察官素通り。職務怠慢?

令和2年1月9日(木)夜9時10分頃です。事務所を出て六本木交差点に向かい歩き始めました。すると最初の路地の角の公道上に3人の若い女性がA-4サイズの営業ポスターを手に持ち、立っていました。通行人に声掛けしていました。条例違反です。公道の不法使用です。たまたま麻布警察署地域課の警察官、一人は小柄のメガネをかけた方、一人はスリムで背の高い方2人のコンビが3人の客引き情勢の前を素通り。本来なら「なにをしているのですか?」「公道上で立って客引き活動は禁止されています。」「どちらのお店ですか?」「お名前は?・・・」など職質すべきでした。警察署の記録に残すべきでした。明確な職務怠慢です。2人の警察官が通り過ぎた直後、3人は通行人に「一杯いかがですか」と声掛け。私は、公道上での客引きは禁止されていると注意しました。警察や区役所から報酬を請求してもよいかもしれません。(笑い)

若い地域課の警察官が、明確な客引き行為で、しかも公道上に立っているのに何もしないということは、もしかして店から賄賂をもらっているのではと疑ってしまいます。20年ほど前、赤坂警察署で生活安全課の警察官が風俗店から金をもらい犯罪に目をつぶるということで逮捕された事件がありました。港区長就任後、ある商店街が警察署員を招き飲食を重ね、使途不明金が生まれ、商店街の会計が大赤字になったと報告を受けたこともありました。事件の質が異なりますが、多くの方が記憶していると思いますが、1978年北沢警察署地域課警察官が制服のまま女子大生のアパートに押し入り、強姦、殺人をしたというとんでもない事件がありました。不良、バカ警官が少しは混じっているということです。北沢署の当時の地域課長や署長はどのような指導をバカ警官にしていたのでしょうか?最近も埼玉県警、福岡県警などで警察官が殺人、強盗をしました。多くの警察官はまじに仕事をしていると思いますが。

ジャンル、程度は異なりますが、麻布警察署、地域課長はどのような指導をしているのか?不思議です。毎晩歩道を歩き、客引きに声掛けられ不快な気持ちで帰宅する身を察することができないのでしょうか?港区長時代、治安、危機管理で日本初のことをしました。治安問題にエネルギーを注いだのでなおさら残念です。

ゴーン事件。ゴーンのプレゼンの一人勝ち。日本政府のPR下手。

ゴーンは8日レバノンで記者会見をしました。アメリカのCNNは生中継をしました。ゴーンは外国人特有の激しい身振り手振り、まくしたてる口調、パワポの画像を使い自分の思いのたけをたっぷりプレゼンしました。私はCNNの生中継を視聴しました。

その後直ちに日本の法務大臣が記者会見し、日本の実情を説明し、ゴーンのプレゼンについて反論をしました。それ自体よかったと思います。しかし、CNNはじめ海外のメディアは法務大臣の記者会見を放送しません。海外で人々はCNNはじめ諸外国の生中継やニュース番組をみてゴーンのプレゼンの方法に大いに納得させられたかもしれません。法務大臣が日本流の記者会見をしても、海外にアッピールできません。法務省はホームページで英語とフランス語で法務大臣の記者発表を掲載したとのことです。また東京地検の次席検事のコメントをホームページに掲載したとのことです。

海外向けの情報発信、しかも司法手続きの正しい説明ということを考えると、ゴーン以上の身振り手振りで、法務大臣、検察、裁判所は日本の司法制度について正しく伝えなければ、海外の方はおそらくゴーンのプレゼンを見て、イメージだけでゴーンは正しい、ゴーンは日本の司法制度の犠牲者だという誤解を生む恐れがあります。それが分からない日本の司法当局の動きを残念に思います。

ゴーン逃亡の報道

1月7日現在、ゴーンの逃亡について、次第に分かってきた状況について報道されています。日本の報道について残念に思いますのが、アメリカのウォールストリートジャーナルによると、あるいは、ニューヨークタイムズによると、という報道です。日本の新聞記者は自分で取材する能力はないのでしょうか。アメリカの新聞報道だけでしたら私も毎日読んでいますので、日本の新聞に報道されるよりも詳細に承知しています。

少し前の報道です。1月2日のニューヨークタイムズでゴーン逃亡の記事が3つ(3人の別々の記者が書いた記事)掲載されました。1つはゴーンはいかに日本から逃亡したか?映画レベルの犯罪行為、①関係者が数か月間逃亡計画を練った。逃亡作戦チームは多くの国で特殊任務に就いた専門家を雇った。②ゴーンは音楽の道具に隠れて逃げた。③ゴーンの日本の弁護士チームは何も知らされていなかった。④レバノンが助けたかどうかは不明。⑤ゴーンは日本の司法制度を批判、日産を批判するのは明らか。

2つめの記事の概要です。ゴーンの逃亡の一つの要因は、アメリカ人のジャーナリストからの情報提供で、日本のこれまでの裁判例を学ぶと裁判が決着するまで少なくも数年かかり、最悪、長期の懲役を受けるかもしれないと理解しました。ゴーンは近々ホリエモンと面会し、ホリエモンの裁判の流れを聞く段取りになっていました。長期刑になるとせっかく再婚した妻と会えない、暮らせない、であるならば、日本脱出しかないとゴーンは判断したのでしょう。

3つ目の記事の概要です。トルコ当局がプライベートジェットの7人を取り調べている、4人はパイロット。レバノン法務当局はインターポール経由で日本からの国際手配書を受け取った、しかし、それはレバノンで何ら効力はない、トルコ当局は4人のパイロットを拘留し、2人は航空機の地上支援職員、1人が航空貨物会社のマネージャー。

ニューヨークタイムズの記事のスタンスでは事実の報道で、ゴーンが悪い、日本の法制度がおかしいといったコメントはありません。また、私はレバノン人の友人が若干いますが、彼らの気持ち(特定の意見ですが)は逃げたゴーンが悪い、とコメントがありました。

六本木の客引き。区役所も警察も無力。

時々、書いています。今夜(1月7日 火曜日)六本木の事務所を夜9時10分に出て、六本木交差点に向かって歩きました。小雨が降る中で、客足が少ない状況でした。事務所を出て外苑東通りを六本木3丁目側の歩道を歩き始めました。最初の角の細い道路上に若い女性が2人立って、私に声掛けしました。私は誰何し、ここでの客引きは禁止されていると注意しました。麻布警察署や港区役所から若干の報酬をいただいてもよいかと思います。(笑い)しばらく進み、歩道との境界ぎりぎりで民間の駐車場の敷地内で若い女性が2人立って声掛けしました。また、注意しました。

麻布警察署も港区役所も定期的に巡回すべきです。職務怠慢でしょう。武井区長は、町の挨拶で「客引き防止条例を作りました。」と発言。昔タイプの役人でしょう。条例作ったから自分の責任を果たした、という認識でしょう。実際守らせて効果が出るということを認識していません。

毎日、六本木の街を歩いていると、様々事件に遭遇します。2年前でしたか、外苑東通りの歩道で3人の警察官が男性のズボンを脱がせ、パンツ姿にして身体検査。人権侵害、プライバシー侵害です。被疑者の味方をするつもりはさらさらありませんが、その場で警察官に抗議しようと思いましたが、人権感覚欠如のバカ警官、威張ることが好きなバカ警官と変なトラブルになってはいけないと、黙って通り過ごしました。また、3年くらい前でしたが、外苑東通りの車道で1人の入れ墨した若い男性が座り込み20人くらいの警察官が取り囲んでいます。自動車がストップし、危ない状況です。現場の警察官は若い男性を取り囲むだけで何もせず。現場の指揮官(おそらく警部補くらいの主任クラスと想像します)が無能でどう対応してよいかわからなかったのでしょう。(無能な現場指揮官は時々いるようです)私はその場を離れ、しばらく用事を済ませ2時間後に戻りましたら、まだ同じ状態が続いていました。もし、私が酔っぱらって車道で座り込んだら、警察官が、危ないと力づくで私を歩道に引き上げると思います。入れ墨した男だから手出ししないのは、「差別・区別」の類です。相手に恐怖感を抱き警察が躊躇したのでしょうか。

武井は昔タイプ(あまり積極的に動かない)の役人。本来、たまに自ら街を一人で歩き、観察すべきでしょう。そういう意識はない人物でしょう。警察署長も、副署長も署の課長も自ら街を歩き観察すべきでしょう。町会の有力者曰く、麻布警察署の六本木交番の若い警察官は威張っている、態度がでかいと。住民に好かれる、住民から感謝される活動を若い警察官にしていただきたいものです。私が書いたニューヨーク市警のコミュニティポリーシングを読んで、実践していただきたい。多くの警察官は真面目に仕事していますが。私が区長時代、警視庁の幹部と協力し、警察官を港区に採用し、生活安全条例を作りなど積極的に動きました。現状を見るにつけ残念です。

兼高かおるさん1周忌。兼高さんに感謝。

兼高かおるさんが亡くなられて1年が経過しました。近親者のご案内で一周忌法要に出席しました。港区長選挙に出馬するに際し、兼高かおるさんに後援会長をお願いしました。(原田敬美のブログの2015年9月5日付けに書きました。)文化の分野で長年お仕事され、日本中にそのお名前が知れ渡っています。兼高さんは政治とは関わりたくないとのことでしたが、私自身3度海外留学し、建築を通じ文化という分野で活動していることから、「応援してあげようか」というお気持ちになったのか、後援会長をお引き受けいただきました。兼高さんの事務所は私の事務所から100メートル程度と近くにあります。そのようなこともあり時々お目にかかりました。

法要後の食事会で兼高さんと親しかったご友人の方々、テレビ局の取材クルーの方々が当時のエピソードをご披露されました。兼高さんは取材先でタクシーの運転手にも様々出会った人に精力的に取材したそうです。外見は華麗な女性のイメージですが、水上スキー、スキューバダイビング、パラシュートなどぶっつけ本番で挑戦したそうです。スカートでエジプトのピラミッドに上りました。こうした行動はテレビ放送でご存知の方も多いと思います。毎週放送しますので、海外取材、編集、本番は3,4人で超過密スケジュールでこなしたそうです。超人的行動です。取材で接する際、だれに対しても敬意を表したそうです。兼高さんの行動は私自身の活動に大いに参考にさせていただく内容が豊富です。兼高さんに感謝です。

ゴーン事件。驚きとやはり。

ゴーン氏がレバノンに入国したとの報道で驚きました。聞いた瞬間、何が起こったのかという反応でした。少ししてやはりという思いを抱きました。

四半世紀前、テロリストがスーダンに逃亡、フランスの治安機関が追跡、テロリストを発見、麻酔注射で眠らせ箱に入れ航空機でフランスに連れ戻しました。スーダン政府は主権が侵されたと怒り心頭。当時の駐日スーダン大使は私の友人でした。氏は国費留学生として早稲田大学で建築を学び、博士号を取得、帰国し大学教授になりました。日本文化に明るい、日本語ができる、日本人に多くの友人がいるという理由で大使に任命されました。当時、日本の国家機関の知人をスーダン大使に紹介しました。事件報道を視聴し、上記の事件が頭をよぎりました。おそらくゴーン氏は大きな箱に入り、税関のチェックがない外交行嚢として航空機に運ばれたのでしょう。

私はニューヨークタイムズやワシントンポストをインターネットで毎日読んでいます。月に15ドル(1500円)です。ニューヨークタイムズでもワシントンポストでもゴーン事件は大きく報道されています。直接ニューヨークタイムズの紙面を見たのでありませんので、ゴーン事件がどのページにどの程度のレイアウトで報道されたかは分かりません。近々詳細が報道されると思います。

保釈命令を出した裁判所(特定の裁判官)や検察(十分な注意を怠った)の甘さが指摘されるでしょう。裁判官も検事も国際常識を理解できなかったのでしょう。世界から日本は甘い国と評価されるでしょう。