港区の小学校の廃校手続きの問題

平成15年の夏過ぎ(区長の任期16年6月の1年前)に教育長から飯倉小学校の廃校を進めると報告がありました。「私は慎重にしろ」と伝えました。法律上、教育委員会は独立した組織で、区長は教育委員会に命令を出せません。

不自然な時期でした。政治の常識からすれば、国政でも地方政治でも、選挙近くなると政治問題は避けます。ですからなぜこの時期に政治問題をあえて取り上げるのか、不思議でした。ある勢力から「原田に政治問題を吹っ掛け、嫌がらせ、いじめてやろう」という意図があったのでしょう。

港区では児童数が100名を割ると統廃合を検討するという決まりがあります。対象となった小学校は児童数30名、教職員集42名です。とっくに検討が始まってしかるべきですが、これまで教育長、元区長S氏は手を付けませんでした。重大な政治問題と認識があったから手を付けたくなかったのでしょう。行革の観点からすれば、港区の小学校児童一人あたりの経費は年間80万円、飯倉小学校の経費は一人当たり400万円、大学医学部並みの経費です。他校のPTAなどからはうらやましがられたり、無駄という批判があるでしょう。

教育委員会は強引に廃校を進めました。予想通り多くの混乱が生じました。教育長等は区長室に来て「問題ありません。進めます」という報告をしました。太平洋戦争の時、軍部が天皇陛下や国民に「連戦連勝です、問題ありません」とデタラメな報告をしていた無責任軍最高幹部と全く同じでした。

教育員会の暴走を止められなかったことに忸怩たる思いがあります。一方である勢力が教育委員会に圧力をかけ、この際原田に恥をかかせよう、責任をとらせようという意思が働いたと感じました。教育長等教育員会幹部は混乱に対し、責任を取らず、また、区長に「ご迷惑をおかけしました」との挨拶の言葉もありませんでした。その程度のレベルの人間と評価しました。

その他感じたこと。普段、行政の無駄を省けと声高に発言する会派の議員が3名いましたが、児童1人当たりの経費400万円(一般の小学校の5倍の経費)掛かる学校の経費には何ら触れず、廃校に反対するという立場でした。口で無駄遣いをなくせと発言しつつ、実際の行動は過大支出を容認する立場でした。二枚舌の典型例と言えます。

その他、議員には出勤日に交通費が6000円支払われます。バスなら自宅と議会の往復で400円、後の5600円は自分の懐に入ります。無駄をなくせと主張するならそうした交通費は余った分は議会事務局に返金すべきでしょう。残った5400円は赤ちょうちん代に消えたのでしょう。

マスコミも普段行政の無駄をなくせなどキャンペーンを張りますが、こうした問題が生じると面白がって意図的に編集し(廃校する区長は悪代官みたいに)放送を流しました。トランプ大統領が偽新聞、偽テレビを厳しく批判をしていますが、当時の私の心境は一部マスコミは真実を適切に伝えないと実感しました。

様々勉強させていただきました。

岸和田市長信貴市長の200万円問題。

報道で、大阪府岸和田市長信貴市長が自民党の推薦を得るため200万円を関係者に渡したとありました。いわば、金でポストを買うということです。

最近の上尾市長と上尾市議会議長の逮捕(贈収賄)、山梨市長の逮捕(職員採用試験で不正と口利き)など首長の不正摘発が続き、残念です。一方でやはりという気持ちでもあります。自分の経歴や資格、実績に自信がないから、金の力で首長になり、えばろう、利権にありつこう、仕事は二の次という発想の首長が少なからずいるということです。

私事で恐縮です。私は自分の専門の仕事に必要な資格、一級建築士、技術士(建設)、博士(工学)を持っています。それ以上の資格入りません。また、私の留学時の指導教官はピーター・ロウ(元ハーヴァード大学大学院長)、修士号審査教授はアデール・サントス女史(元MIT大学院長)等世界を代表する先生方の指導をいただきました。実学では世界的建築家、菊竹清訓先生、博士号審査教授は小林重敬先生(国土審議会主査、東京都住宅政策審議会会長等)、スウェーデンの実学の先生はカール・クリスティアンソン先生です。私にはこれだけで十分です。首長という肩書でなく、まずは国家資格などを有するべきでしょう。国家資格を取れないからてっとり早く首長になるのは順番が逆です。しかも首長になりえばる、表面的名誉を得る、利権をあさる、という方が一部にいるということでしょう。

私は予期せぬことで、頼まれ、引っ張り出され、港区長を体験し、知らなくてよいことを知ってしまいました。私を後継者に担いだ元区長S氏は区長に就任するため退職金を全てつぎ込んだそうです。選挙に一定の費用(法律で枠が決まっていますが)がかかるのは当然として、その何倍もとなると、区長ポストを金で買ったということになるでしょう。名誉あるいは利権?を買ったということでしょう。私には金でポストを買うという発想は全くありません。お金があれば本を買い、視察をし、論文を書き残し、自分に投資です。

私は、建築、都市計画、福祉、教育、行革など様々論文を書いてきました。(何でも書き残しておけという指導教官の指導です)また、海外情報についても多くの小論を書いてきました。逮捕された、あるいは、マスコミで問題指摘された方たちは政策の勉強など十分していないのでしょう。政策論文も書いていないでしょう。そうしたレベルの方々が、政治の指導者を務めるとは嘆かわしいことです。厳しい言い方だですが選んだのも市民です。

 

ノーベル文学賞、カズオ・イシグロの授賞式ニュースを見て気づき。市庁舎デザインと女性の参加

日本にゆかりがある英国人カズオ・イシグロ氏がノーベル賞受賞とのニュースで多くの日本人がうれしく感じたと思います。私にとり文学は全くの門外漢です。別の視点からのコメントです。

市庁舎のデザイン哲学についてです。1971年スウェーデンに留学し、受賞記念の宴会が開催される場所はストックホルム市役所です。1910年代、スウェーデンの代表的な建築家エストべりがデザインした市庁舎ということで、留学中、見学に何度も足を運びました。ノーベル賞の受賞記念ディナーが市役所のホールで開催されることはすばらしいです。日本の市庁舎ではそのようなイベントはありませんし、またそのようなデザインになっていません。「市庁舎」の役割がなんなのか、ということを日本の多くの市長や市議会議員などが考えるヒントになると思います。私の知りうる限り日本でそうした発想で市庁舎のデザインをしたところはありません。

次に、パーティでの女性の参加です。参加者の基本単位は男女のカップルです。また、エスコート役の役人も、デザインされた制服を身に着けた女性が半数いることに気づきます。日本のパーティにはないやり方です。ノーベル賞の嬉しい報道に加え、こうした宴会の方法についても気が付くべきです。

授賞式の会場のインテリアデザインも素敵です。緑、花、大道具としての彫刻のようなオブジェなどが配置されています。日本の公式の式典にはない方法です。日本の授賞式ももう少しデザイン性も配慮してはいかがかと思います。

ノーベル賞のニュースもこのような視点で見るとまた楽しいです。

 

筑波大学S教授の博士論文、本当の執筆者はH君

40年前、建設省の建築研究所に少しの期間アルバイトをしました。そこで見聞きしたことで強く問題を感じたことがありました。建築研究所の部長S氏と私の友人H君が連名で都市計画学会に学術論文を提出、審査で合格、学会誌に掲載されました。実質の作業はH君がすべてやりました。S部長は単にコメントするだけでした。当時の私のレベルからすればH君の学会論文が掲載されたことは凄いことと思いました。しばらくしたらS部長は審査合格し掲載された学会論文をまとめ東京大学に提出、博士号を取得、筑波大学教授に就任、転職しました。自ら作業をせず、他人にすべてさせて成果を全て自分のものにするやり方はずるいと思いました。

私も学会審査付き論文を書き、博士論文にまとめ上げた体験からすると、アイデアは基本的に私自身が作成し、適宜、若手教授たちから助言をいただきました。作業はほとんど自ら担当しました。私の博士論文を審査いただいた当時の横浜国立大学教授小林重敬先生によると、審査の根本的基準①アイデアが本人のものであること、②データ収集が本人がしたもの、③分析作業が本人によるもの、が内容の審査に入る前の重要な確認事項だと説明を受けました。当然、私の博士論文は全て私の創作物であり、私の作業(若干の手伝いはしてもらいましたが)です。

建築研究所部長、その後、筑波大学S教授の博士論文はその人物の論文ではありません。アルバイトの搾取です。40年前はそのような無法が著名大学で許されたのでしょう。

私は一匹狼(本当はヒツジ)ですが、22歳から現在まで500本の論文、小論を書きました。内、審査付き論文は9本書きました。全て自分のアイデア、自腹です。大学教授は学生に授業料を払わせ、卒論指導という名目で学生にデータを集めさせ、卒論を書かせ、その先頭に教授の名前を掲載している方が多いですが、許し難い行為です。欧米には学生を教授の研究活動に利用する仕組みはありません。欧米でそうしたことをしたら裁判で大学教授と学長は授業料返還を求めまた、搾取されたと訴えられます。

 

アメリカの環境政策の5万字の小論

11月30日締め切りでアメリカの環境政策の展開について小論をまとめました。環境政策の初動期、ニクソン大統領の下、国家環境政策法施行、環境保護庁が設立、環境アセス制度が施行されました。その後、2000年代のブッシュ大統領時代の時京都議定書の離脱、オバマ大統領時代、厳格な環境主義者を環境保護庁長官に指名し、頑張るも、選挙情勢で結局オバマが環境保護庁長官の活動にブレーキをかけ、大きな成果をみることができなかったこと、現在のトランプ大統領のパリ協定離脱、環境保護庁長官に従来と正反対の立場(環境保護庁を訴えたオクラホマ州の司法長官)の人物を長官に指名、環境保護庁の予算、人員を30%カット。さらに州ごとの環境政策の特徴(カリフォルニア州を中心に西海岸が厳格な環境規制を施行)、自治体の特筆すべき環境施策について書きました。約5万字の論文です。

アメリカの政策について様々課題意識を持っていますので、まだまだ小論を書き続けます。早速、来年の論文の構想に着手しました。こうご期待。

上尾市の不祥事、その後。事件の対象のゴミ処理施設の不具合、ゴミ出すなと市民にお触れ。捜査は殺人警官の埼玉県警。

先日、上尾市に住む友人から電話がありました。市長と議長が逮捕の原因となったごみ処理施設の談合の対象施設で故障が生じ、市民向けにゴミ出しを自粛してください、と広報が配布されたそうです。市民にとり踏んだり蹴ったりとはこのようなこと。モラル意識の欠如した市長と議長のせいで市民が偉い迷惑をしています。そうした善悪の判断ができない人だったのでしょう。(港区議にも若干名そのような類の議員がいましたが)

もう一つ問題は捜査をしている埼玉県警は2年前警官が地域住民を業務で知り得た情報を基に侵入、泥棒、殺人を犯しました。埼玉県警として謝罪、本部長や部長、犯人の所属していた警察署長、上司の課長など、頭髪をそり(ハゲもいるでしょうが)、辞表を出し、遺族に退職金を全部差し出すような謝罪をしたのでしょうか?殺人を犯した警察組織が偉そうに贈収賄で捜査できるような立場でしょうか?遺族の感情からしたらやりきれないでしょう。足利事件(冤罪)、松本サリン事件(被害者に対しお前がサリンを作ったのだろうと疑ってかかった無教養な長野県警警察官、この時の警察官は今どのような暮らしをしているのでしょうか)などバカな警察官のせいで一般市民がどれだけ苦しんだか。18歳の社会経験もない若造が警察官というだけで、えばり腐る輩もいます。話が飛んでしまいました。

政府発表のリカレント教育、40年前に提案論文書きました。

先日の新聞で政府が「リカレント教育」学びなおし、継続教育を推進すると記事がありました。私は1978年、1980年、2度毎日新聞の論説記事にアメリカのコミュニティカレッジの紹介の論説記事を寄稿しました。さらに、専門誌に数本小論を寄稿しました。アメリカの教育制度、雇用制度は日本と全く異なります。日本では一般的に18歳で大学、短大、専門学校に進学、あるいは就職します。就職後は可能な限り同じ組織で働き続けます。

アメリカは大学は18歳だけでなく、就職、兵役後に入学する事例も多くあります。学生の年齢が様々です。先のブログで書きましたが、プロ野球で活躍した選手が引退後(30過ぎでしょう)医学部に入り医者になる、経営学を学び農場経営をする、あるいはコミュニティカレッジで専門技能を習得しなおし、大工になるなど人生様々です。私がライス大学建築大学院で学んだ際も50歳くらいの学生が2人いました。コミュニティカレッジは公立のリカレント型の学校です。各自治体が運営しています。財源は学校税です。

長い人生、専門教育を学び直し、別分野の企業に就職するという道、趣味で何かお学び、豊かな人生を過ごす、あるいはキャリアーアップで学び直し、別組織で昇任、昇格し、仕事するなどの道があり得ます。日本もやっと欧米の教育制度に一歩近づいたかという思いです。それにしても小論でリカレント教育の必要性を書いて40年経過しました。

港区で高輪管内で高齢者向けチャレンジ大学が数年前始まりました。結構なことと思います。わたしが30数年前港区に対し、あるいは別の自治体に対し提案した内容です。また、以前、ブログで指摘しましたが、港区ふれあい文化財団でコミュニテイカレッジを運営しまていますと広報がありましたが、これはコミュニティカレッジの名称の誤用です。N理事長が知識がないが故の失敗です。

早稲田大学商議員会40分遅れ。学生の起業プレゼンも台なし。ルーズな時間管理は失格

12月1日(土)早稲田大学大隈講堂で年2回の冬季の商議員会が開会されました。私は早稲田の技術士会会長として商議員に任ぜられています。毎回早稲田大学からの学事報告など聞き、早稲田大学が様々取り組んでいる姿に関心したり、敬意を表したりです。商議員会は2時から4時まで、その後4時半から5時半まで懇親会の日程です。毎回同じです。

今回、30分閉会が遅れ、自動的に懇親会が40分以上遅れました。多少のことなら議事進行の都合で遅れたり早まったりは仕方ないかとも思います。今回は大幅に遅れ、私はその後予定がありましたので次の予定に影響しました。そのような方も多かったと思います。

さらに問題なのは商議員会で4組の学生の起業の体験発表があったこととの関係です。4組の起業の学習体験はそれぞれ興味深く、今後学生たちの活躍、発展を期待したいところです。4組の発表が終わり、学生の起業のため寄付をしてほしい、金銭的に学生の企業活動を支援してほしいと教授から商議員に依頼がありました。それも大学の活動のうちですから結構です。

問題はその後です。質疑が続きました。30分以上日程が延びました。ビジネスの常識として時間を守れなければ契約は破棄です。一方で起業を支援してほしいと依頼しながら、日程は大幅に遅れました。起業した学生も懇親会に参加しましたが、「時間厳守」については学生は学べなかったと思います。進行、時間管理が全くなっていない会でした。教職員全体の責任です。時間にルーズでは早稲田大学発の起業は無理です。

プロスポーツ選手の引退後の人生、欧米と日本の違い。

海外留学経験者とプロスポーツ選手の引退後の人生について意見交換をしました。日本ではたとえばプロスポーツ選手はよく言えば「スポーツ一筋」悪く言えば「そのスポーツのことしか知らない」、ですから、引退後は一般社会に適応できず、スナック経営を始める方が多い様です。もちろん、企業に勤め、営業職などで立派な成績を上げている元選手もいますが。全体的にそのような方は少数派です。

アメリカの例。知人で有名なプロレスラーのデストロイヤー氏。この秋叙勲を受けました。氏はアメリカ、ニューヨーク州にあるシラキューズ大学の大学院でスポーツ科学の修士号をもともと取得していました。60年以上前のことです。氏から直接聞いた話です。もともとは大学でフットボール選手でした。タックルがうまくなるためにコーチからレスリングの勉強をしろと言われ、レスリング部で練習しました。さらに体を鍛えるため水泳部にも所属し、全身を鍛えました。たまたまアルバイトでプロレスに参加したら有名になって、そのままプロレスを続けてしまったそうです。フットボールの練習をし、さらに体力、運動能力を身に着けるため、レスリング、水泳をし、体を鍛えました。

日本では現在もこうした複合的な練習を聞きません。野球は野球のみ。柔道は柔道のみ。サッカーはサッカーのみ。別分野を知ろうと思わないし、また、そう行くことはしてはいけないという暗黙のルールがあるようです。短期間だけの練習を嫌う傾向にあります。本来、様々な分野で相互乗り入れし、良いとこどりすればよいと思いますが。

メジャーリーグに日本人が多く参加していることでメジャーリーグの話が伝えられます。某メジャーリーガーの話。引退したら大学院に入学し直し、医者になる。あるメジャーリーガー、大学院に入り直して経営学と農業経営を学び、牧場経営をする。などです。日本ではまず聞きません。教養を身に着け、他分野との交流を促進し、幅広い知識教養能力を身に着ける選手養成プログラムが必要ですし、また、そうした意識を持たせるスポーツ組織経営をしなければならないと思います。中学でも高校でも大学でも一つのことだけをさせるのではなく、様々な分野を体験し、スパイラル状に発展するのが大切と思います。

港区長秘話88、地元森ビルと区役所の関係

区長時代に分かったことの一つ。港区の地場産業のごとく森ビルがあります。森稔社長も奥様も豊かな教養があり、外国語ができ、話が合う社長ご夫妻でした。

区長職について分ったこと。港区役所は森ビルにかなり寄り掛かっている、私の価値観からすると、森ビルを体よく利用している、たかっているのではと感じました。某地下鉄駅の出入り口の施設ですが、森ビルが寄付して建設したと聞きました。何か調査、研究が必要になると、予算どりがないテーマですと、森ビルに声掛けし、研究費を融通させていたようです。森ビルにとり、地元のためになるならという義侠心から、あるいは、本音はいい迷惑と感じていたかもしれません。金もない知恵もない港区役所のため一肌脱いでやろうと思ったのかもしれません。

某小学校敷地の南側で区外の建設会社が高層マンションを建設しようとした際、PTAと近隣から校庭に日影が落ちると建設反対運動がありました。本来、港区役所の建築の許認可部門や教育委員会がしっかり対応しなければいけないはずです。

実際やったこと。S区長が森ビルにお願いし、建設が始まったその土地を森ビルに買い取ってもらいました。私が港区長就任後この話を聞いたとき、まずい関係と感じました。一方的に森ビルにおんぶにだっこ。たかり癖。森ビルに失礼です。こういう関係はまずいと思いました。教育委員会教育長に命じ、森ビルに代理で買ってもらって、空き地のままにしてある土地について、解決を図れと指示しました。ところが当時の教育長Iは、そうした問題解決に対し無力、無能でした。一般的な行政事務はある程度できるのでしょうが。私は民間の金銭感覚、資金繰りの話をI教育長にさんざんしました。森ビルにとり無価値な土地を購入してもらい(購入させ)、校庭に日影が落ちないよう空地のままにさせているのは会社経営からしたら大変な負担になるとお説教しました。50年も公務員をしてきた人間に資金繰りだなど説明しても理解不能だったのでしょう。私の任期中、結局何も結論を出せませんでした。この教育長はじめ教育委員会幹部の対応には怒りと無念さを感じました。解決できないなら潔く身を引いてくださいと伝えましたが。能力と無関係に地位に連綿とする人物でした。

民間企業におんぶにだっこで平気でいる、問題解決ができない幹部が、港区に少なからずいたということです。(多くの職員は積極果敢に様々な分野で問題解決をしていましたが)