カテゴリー別アーカイブ: 未分類

スウェーデンに学ぶ民主主義、大使館での講演会

2019年12月3日、スウェーデン大使館で「スウェーデンに学ぶ民主主義」というテーマの講演会に出席しました。「あなたの知らない政治家の世界」という本の出版披露を兼ねています。著者はクラウディア・ワリン女史、訳者は大使館員のアップルヤード和美さん。著者はブラジル出身、放送局ディレクター。ロンドンで勤務した際夫となるスウェーデン人男性と巡り合い、スウェーデンに移住。ブラジルは20年にわたる軍事独裁政権。政権内部に腐敗がはびこる状態でした。彼女がスウェーデンに移住し驚いたこと。国会議員や大臣が他の市民と同様バスや地下鉄に乗り出勤、大臣も自らスーパーマーケットで買い物をしていること。私も1971年スウェーデンに留学した際驚きましたが。

ジャーナリストである彼女は取材を始め、それを本に編集、出版しました。日本語訳の出版社は新評論、3200円(税別)です。見出しのキャッチコピーに「日本の国会議員年収2200万円、スウェーデンは888万円」です。彼女の分析は(1)政府の行動の透明性、(2)国民の教育レベルの高さ、(3)社会の平等性の3点です。(1)透明性では、政府、政治家の活動、金銭面も含めすべて公開され国民が手軽に閲覧できる法制度です。さらに、情報公開法があっても国民が目を光らせない限り法律に価値がない、という国民の意識です。国会議員がチョコレート一つ公費で買い、また、タクシーを不適切に利用したと問題となり次の選挙で落選した例もあるそうです。(2)教育では、小学校から大学まで政治の仕組み、政治への参加の方法などを学びます。(彼女が日本の某大学で講演した際、政治学科の学生が、大学でも政治の議論はしないと説明したことに驚いたそうです)(3)社会の平等性では、政治家は市民と同レベルで生活し、特権など認めない、という意識です。政治家の特権はありません。政治家(大臣)も公共交通機関を利用、コピーも自らし、議員宿舎はビジネスホテル並みの面積で、宿舎は台所、洗濯室などは共用。年収は888万円。(小学校教員の2倍)特権、利権目当てに議員になりません。地方議員は非常勤、ボランティアで月給は3万円。港区議の年収1200万円。都議の年収2000万円。

多くの国会議員、都議、地方議員がスウェーデンに視察に行きます。こうした実態は日本の政策に反映されません。不都合の真実は隠ぺいしたいのでしょう。素晴らしい著者の素晴らしい本です。ぜひ、お読みください。日本の政治を改革する良い教訓を学べます。

50年前留学先の教授の親切な指導

50年前1969年早稲田大学の交換留学生としてオハイオ州のThe College of Woosterで1年間学びました。建築デザイン理論の授業を取りました。教授Arnold Lewis氏は授業の一環として、学生10人ほどを自らのマイクロバスに乗せ高速道路ひた走り、ペンシルベニア州フィラデルフィアに連れて行ってくれました。教授の弟がフィラデルフィアで建築事務所に勤務しているとのことで、弟の住宅に雑魚寝です                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       が宿泊させていただき(無料)、弟が勤務する設計事務所を案内いただき、その他、フィラデルフィアの著名建築を案内していただきました。オハイオ州のウースターからフィラデルフィアまで500キロ以上。教授の運転する車(無料)、弟の自宅に泊めさせていただき(無料)、フィラデルフィア美術館(ちょうど、ブランクーシ展を開催中:ルーマニア生まれ、抽象彫刻の指導者、イサム野口の師匠)を見学し、ペンシルバニア大学を見学、世界の指導的建築のイーロ・サーリネン設計の学生寮、ルイス・カーンの設計したリチャーズ・メディカル・センター、当時有名になりつつあった当時若手建築家ベンチューリーのデザインした住宅など見学できました。教授の配慮で無料ですばらしい建築視察旅行を楽しみました。ルイス教授の自己犠牲、奉仕の精神ですばらしい授業を体験できました。

東京オリンピック、札幌マラソンに思う

東京オリンピックで急遽マラソン、競歩が札幌に開催地変更になりました。多くの方が様々な意見をお持ちです。そもそも論です。東京オリンピック立候補でのプレゼン内容で、東京で主要なオリンピック会場が半径8キロ以内に立地し、コンパクトな会場構成で便利です、という触れ込みだったと思います。ところが今や地方の会場も使うことになりました。挙句の果てに札幌で花のマラソン競技です。

感じたこと1:オリンピックはそもそも市が主催します。東京には市がありません。東京都は県です。私はかねてから「市」でない「県」である東京都がオリンピックを主催することに違和感を抱いていました。

感じたこと2:東京都が主催者であるけれど、札幌含めオールジャパンで全国各地で競技を開催することは日本全体の一体感、地方でも競技が開催されることで地域振興につながるというメリットがあります。

感じたこと3:決定機関の明確さ。開催場所は国際オリンピック委員会にあるという決定機関が明確で、開催地のホストである自治体が異を唱えることができなという単純・明確なルールがあります。

感じたこと4:欧米人は決定にフレキシブル、日本人は決めたことを変更に躊躇する文化。若い時欧米に留学し、その後、国際会議などで白人系の方々とお付き合いして感じたことです。日本人は一度決めると基本的に変更しません。変更したがりません。決めたことに忠実に動こうとします。欧米人は必要があれば躊躇せずサッと変更する傾向にあります。異文化理解が必要です。今回はまさにその事例です。

決定した以上、その前提で競技者は全力を尽くすことを祈ります。役員、札幌市職員、地元ボランティアなどが頑張ってくださるようお祈り申し上げます。

地方都市の公共交通事情、大変です。

10月仕事で新潟県上越市を訪問しました。夕方、新幹線上越妙高で下車、頚城交通のバスで上越市役所前まで行きました。新幹線上越妙高駅から乗ったのは私と若い男性と2人でした。しばらくし男性客が降り、乗客は私一人。高田駅近くなり、1人、2人と乗車、夕方で通学、通勤の方と思います。4,5人になりました。また、しばらくし乗客は降りました。バスは1時間に1本、上越妙高から上越市役所前まで料金は450円。鉄道ですと210円。夕方の時間帯で1時間当たりの乗客数は10人弱、一人平均料金300円として3000円。バスの経費、ガソリン代、運転手の給料など考えると大変だと感じました。

バスからの風景です。高田駅近くになりますと雁木の街並みが続きます。その長さ4キロくらいになるそうです。昔の住民の知恵です。高田駅近くなると所謂商店街。ほとんどシャッター通りとしていました。6時過ぎでしたが、歩行者の数もまばら。地方の商店街も厳しいと感じました。

羽田空港増便で生じる問題

羽田空港の国際便増便で新たな離着陸のコース新設により港区や周辺の地域の上空を航空機が通過することになります。関係自治体の議会や関係住民から懸念の声が出て、羽田空港が主催する説明会でも不安の声が出ています。

私自身、国際会議への出席などで海外を訪問しますので、空港の重要性を理解しています。また、都市間、国家間の競争が激しい時代ですから、羽田や成田の機能強化をしないと、中国や韓国の空港に負け、日本の空港は世界から見れば一ローカル空港に成り下がる恐れがあります。

住民の心配、不安は当然です。私は1973年アメリカ、ミシガン州、デトロイト市郊外のウェイン郡(県に相当)空港滑走路拡張計画の際、連邦運輸省航空局が作成した環境アセス報告書を持っております。当時、1976年頃当時の建設省幹部からアメリカの環境アセスを勉強したいのでと内容の翻訳を頼まれました。騒音レベルを調査し、住宅、学校、病院など土地利用を調査し、建物利用ごとに、騒音・振動の問題がないか詳細に調査し、その上で、環境アセス上問題なし、と判断した報告書です。

今回の羽田空港側の見解によると、風向きによって午前7時から11時の間と15時から19時の間離着陸1時間あたり90回の上空飛行があり、その騒音は麻布地域で68~74dBであり、60dBは普通の会話の騒音レベル、70dBは騒々しいオフィスの騒音レベルだから問題ない、との主張のようです。

問題指摘をします。騒音レベルは建物用途で受忍度が異なるという配慮に欠けています。一軒家、学校、病院などでは静謐な環境が要求されます。

次の問題は音の問題はバックグラウンドノイズ(暗騒音)との関係です。静かな環境の下でわずか数デシベルでも超える音不規則にが生じると大変苦痛となります。逆に暗騒音が60、あるいは70dBであっても同様で、常時の音環境の暗騒音を超える音が何回生じるかが騒音の苦痛に影響します。単に、〇dBだから問題ないという説明は間違っています。40年くらい前にそうした内容の小論を書きました。

次の問題は土地所有者の建築制限(高さ制限)です。港区は建築関係法に基づいて高層建築が建てられます。しかし、航空機が上空を通過するとなると、建築制限が生じ、従来高い建物が建てられたのに建てられなくなります。

次の問題、これは関係住民から聞いた話です。本問題について東京都庁が関係区の副区長を集め、意見聴取をした際、港区の副区長が港区は問題ありません、と発言したとのことです。事実とすればとんでもないことです。多くの区民が不安、心配しています。

上記の問題に対し、騒音対策をどうするか、建物の高さ制限に対しどのような補償があるのか、こうした対策を適切にする必要があります。

バカラのグラスで70円のサイダーを飲む

あるポイント制度の組織で買い物のポイントが溜り、記念にバカラのグラスを申し込みました。私はお酒を飲みません。本来ならバカラで高級なウィスキー、ブランデーでも飲むのが良いのでしょう。せっかくバカラを手に入れたので、月に2,3回、70円のサイダーをバカラのグラスで飲んでいます。

大学卒業記録顔写真、学生服着用と強要

早稲田大学を卒業した1972年(本当の学年は1971年、1年交換留学したので卒業年は1972年)、建築学科の女性事務員(Oさん、女帝然とした方)が「卒業記録写真は学生服着用」と強要しました。私はアメリカとスウェーデンで学び、学生たちが自由な服装を謳歌したことに影響を受けました。また、建築デザインを学ぶ立場からも、ファッションは個性(といっても常識の範囲で)が大切と思っておりました。今なら「学生服着用の根拠は何ですか?」と質問したでしょう。個性を圧殺する大学?あるいは大学職員の強要は今思うと、許し難いことです。社会問題が起きると、大学教授は偉そうにテレビ、新聞で偉そうにコメントします。服装の強要について早稲田の教授はどのような見解をお持ちか?

「令和」の名付け親とされる文学者中西進氏が読売新聞の時代の証言者で「戦争中中学校(現高校)、男性はゲートル巻の作業服を着ていたのに、美術の先生は背広に蝶ネクタイで、格好良かった」という趣旨のことが書かれていました。建築家では、戦争中、白いスーツを着て街を歩き、警察官から職務質問、スーツを着ていることに対しお説教を受けた際「自分は建築家である。個性が大切」と警察官をお説教したと聞いたことがあります。個性に配慮せず、一同一律にある方向に強要するのはまずいこと。軍国主義、全体主義教育を戦後25年経過しても早稲田大学あるいはその職員は、やっていました。個性豊かな人材が育つはずがありません。

ペンシルバニア州モントゴメリー郡で最初のゼロエネルギータウンハウス完成

アメリカではゼロエネルギー住宅、ゼロエネルギー建築が各地で竣工しています。アメリカの自治体規制でのゼロエネルギー住宅建設について、昨年4月明治大学公共政策大学院紀要論文「アメリカの環境政策の変遷」に書きましたのでご覧ください。インターネットで閲覧できます。Builderという専門誌の19年8月7日の記事です。ペンシルバニア州モントゴメリー郡でディベロパー、建築事務所、工務店が共同し開発、建設しました。工法の鍵は高断熱のコンクリート部材を壁と基礎に利用したことです。そうすることで工期の短縮と現場での廃材量が削減できました。従来の省エネ基準の住宅に比較し年間の電気代の節約は約15万円(1469ドル)、10年間で150万円の電気代節約となります。日本でももっとゼロエネルギーの住宅、建築が増えることを期待します。自らもゼロエネルギーの住宅、建築を設計したいと念じております。

バリアフリー環境・遅れている日本の物的・意識面

読売新聞8月8日「1964年(東京オリンピック)の記憶」「バリアフリーに衝撃」という特集記事がありました。パラリンピックでイタリア語通訳をした方の思い出話が紹介されています。「日本選手団は療養所などから来た即席チーム、練習を重ねた海外勢に勝てない。イタリア選手は皆明るく、趣味を持ち、会社で働き、結婚していた。試合後一緒にタクシーに乗り浅草観光に繰り出し健常者と同じように過ごしておりあっけにとられた。」とのことです。

私の体験です。1969年アメリカ、オハイオ州The College of Woosterに留学した際、車いすの学生が普通に大学生活をしていることに驚きました。当時の日本の大学で車いすの学生を私は見ませんでした。1971年スウェーデン、ストックホルムに技術研修留学した際、階段の手すりは子供の高さと大人の高さの2本レールで驚きました。扉の取っ手も子供用と大人用と2か所ついているのに驚きました。1974年フルブライト奨学金でアメリカ、テキサス州ライス大学建築大学院に留学した際、大学院のクラスに聴覚障害者の学生が在籍、手話通訳の女性が一所懸命高度な授業内容をその学生のために手話通訳したのに驚きました。半世紀前アメリカ、スウェーデンでの体験です。残念ながら日本では物的環境面でも意識面でもまだまだ課題が多いと思います。障害がある方も普通に生活ができる社会づくりのための物的環境改善、意識改革を進める必要があります。

区長就任前「地域福祉」という本を刊行しました。港区長時代、港区盲人協会の皆様と積極的に交流を図りました。介護保険白書を日本で初めて作成しました。(職員が頑張りました)、財政難でしたがPFI(民間活力)で障がい者の生活施設を新橋に建設しました。地下鉄泉岳寺駅、御成門駅のエスカレーター、エレベーター設置に区長自ら東京都交通局長に直談判しました。

科研費不正・東洋英和女学院前院長。原田は自腹で論文執筆

8月7日の新聞報道で、東洋英和女学院前院長深井智朗氏が科研費で論文を執筆、それがねつ造、盗用があったと認定され科研費7年間交付しないとのことです。情けないことです。大学教授の一部にこういう輩がいるということです。日本では大学教授という肩書をあまりにも信頼する傾向があります。欧米では個人の資格、経歴、実績が重要視され、肩書は二の次です。

私事ですが、私は論文を多く書いてきましたが、全て自腹です。自らデータをコツコツ集め、取材しています。今年の4月「ニューヨーク市の治安政策」について10万字の論文を書きました。昨年の4月「アメリカの環境政策」について5万字の論文を書きました。学会の審査付き論文を8本書きました。その他、数万字の論文を相当数書きました。世間的に肩書のない人物が自腹で一人で書いてきました。大学教授は肩書きがあり、研究費をもらえ、また、卒論生、修論生、博士課程の学生を抱え、研究指導という名目で学生にデータ集めをさせます。残念ながら肩書きを権威に威張りまくる教授もいます。

ダメ教授を排除すべきです。学生や助手の手伝いナシで教授一人で書いてみろと言いたいです。素晴しい教授と付き合っているだけに残念です。