カテゴリー別アーカイブ: 未分類

全日空ホテル(アークヒルズ内)フロントで大きなミス。

2011年ですから一昔前のことです。UIA(国際建築家協会)の大会が東京で開催されました。私の海外の友人も多く参加しました。スーダンで最も活躍している旧知の建築家も夫婦で参加。家族同士で食事しました。イスラム教徒ですので食材の制限があります。日本料理店にご招待しました。お刺身をおいしいと言って食べてもらったので安心しました。

私はブルガリアの国際建築アカデミーの客員教授をつとめており、ブルガリの建築家とも多くおつきあいをしています。その中の一人の方が会議に参加しました。メールで「六本木ヒルズ内の全日空ホテルに泊まっており、お会いしたい、お渡ししたいものがある」とのメッセージでした。ある夜全日空ホテルに出向き、フロントで友人の名前を告げ、面会に来たと伝えました。フロントの社員が「その方はチェックアウトされました」と私に説明。私は驚き、しかし、フロントがそのように言っているなら仕方ないと、また、六本木の事務所に戻り、「ホテルに行ったがフロントで既にチェックアウトしたと言われた」とメールでメッセージを送信しました。しばらくして返事のメール。「ホテルにいるよ」とのメールに驚きホテルに再度出向き友人と面会できました。彼は、私の恩師に当たりブルガリアの国際建築アカデミー設立者の一人である菊竹清訓先生へのお土産を私に託しました。彼と面会を終え、再会を約束し別れました。

その後、フロントのコンシェルジェデスクに立ち寄り苦情を伝えました。コンシェルジェデスクの職員はすぐフロントに電話し、なぜこのようなミスが発生したか事実関係を調べましたが、回答、説明はしどろもどろ。おそらく恥ずかしい単純ミスだったのでしょう。外国人の名前を、スペルを理解せず、宿泊者名簿で見つけることができなかったのか。アルファベットのスペルも理解できないスタッフだったのかもしれません。

フロント職員のミスでせっかくブルガリアから来日した友人と面会できなくなり、また、恩師へのお土産を受け取ることができなくなったらと思うと、全日空ホテルのフロント職員の大ミスは看過できません。総支配人に苦情の手紙を書きました。しばらくし、お詫びの手紙がきましたが、ミスの原因は不明。当時、私は上下そろいのスーツを着て、丁寧な言葉遣いで(いつものことですが)フロントの職員に語りかけましたが。それ以降、全日空ホテルを使いたくない気持ちです。かつてヒルズ内全日空ホテルに幹部社員として勤務していた知人にこの出来事をお話したら、中にテキパキ処理できないとんでもない社員がいて申し訳ないと謝罪がありました。原因が分からないことに素直になれない気持ちでいます。

六本木のクラブのティッシュペーパーの山。子供から怪訝な視線。

私の事務所は六本木のど真ん中。夜帰宅する際、道路にティッシュペーパーを配る若いお兄さんが頻繁にいます。ティッシュペーパーは結構使うのでありがたい物。広告の内容を分からず、配布されたティッシュペーパーをもらい、さっとポケットにいれます。自宅に戻り、ティッシュペーパーをテーブルの上に山積み。よくよく見るとガールズバー、ナイトクラブ、ホテル(いわゆるカップル用の)などのチラシが入ったティッシュペーパーです。子供がそれを見て「お父さんはガールズバーやナイトクラブで遊んで来たのか?」と言いたそうな怪訝な顔をされます。

港区長武井さんの意識は反社組織の親分と同じ?葬儀を盛大に。

昨年の8月。暑い日でした。知人が今日は青山葬儀場で武井区長のご母堂の通夜があり、明日は告別式があり出席しなければ、と語っていました。身内との別れはつらいことと思います。(私事ですが、3度の留学で親しくなった友人や恩師と生き別れの体験を3度しました。当時は東京とロサンジェルスの飛行機代は25万円程度。ヨーロッパは50万円。当時の年収並みです。国際電話は3分で3ドル1080円。行き来はできず、電話もできない状況でした。分かれは永遠の別れと同じでした。)

2,3人の与党系の区議から聞いた話です。港区役所の課長たちが受付をやり(公休を取ったか不明ですが)、公私混同でないか、と批判的なコメントを耳にしました。武井さんのご母堂の年齢は94歳、お仲間は年齢的におそらくほとんどこの世にいないと思うのが自然でしょう。しかもお住まいは東京以外の県。青山葬儀場は芸能人や功なりとげた政治家や経営者が葬儀をする場。十分に人生を全うされた方が、青山葬儀場で葬儀をすることに違和感を感じました。反社のトップは勢力誇示のため、集金のため盛大な葬儀をします。いつの間にか武井さんはそういう方たちと同じ意識になったのでしょうか?

そういえば武井さんの奥さんの葬儀も真夏の暑い時でした。葬儀場近くの駅でぱったりであった某区民の方曰く、港区役所職員から電話があり、ぜひ葬儀に来てくれといわれたのできたが、こんな暑い日に参列は本心として困ると言っていました。職員にとり今はやりの忖度だったのでしょうか。少しでも参列者が多い方がよいとおもったのでしょうか。

マスクの習慣。今や欧米でも。

新型コロナウィルス(英語ではヴィールス)の蔓延拡大に伴い、欧米各国のニュースを見ると多くの方がマスク着用するようになりました。学生時代アメリカやスウェーデンの体験ですが、冬に風邪をひき喉を傷めた時、日本から持ってきた(冬は喉風邪、鼻かぜによくかかっていました、今も)マスクを着用しキャンパスを歩いていたら友人たちから珍しがられ、「ドクター(医者)になったのか」など冗談でからかわれました。留学したアメリカの大学でマスク姿の友人はいませんでした。(みな丈夫で風邪をひかなかったのかもしれません)ニューヨーク市など大都市に冬訪問した際も、東京でマスク姿は当たり前のように見かけますが、ほとんど見かけませんでした。マスクをする習慣がないと感じました。日本の場合、風邪をひくとマスクをし、特に咳をし周囲に迷惑をかけてはいけないという考えがあるのでしょう。日本人の衛生思想と思います。今や世界中の人々がマスクをしています。

港区立赤坂特養の設計。区長からの修正指示数多く。港区施設課職員しっかり仕事されたい。

2000年6月港区長就任後、多くの懸案課題の説明を受けました。その中で、元区長S氏が発注済みの赤坂特別養護老人ホームの実施設計が進行中でした。基本設計は既に出来上がっていましたので、施設課長から基本設計図書を預かり内容を見ました。基本設計図書を見るといくつか気になる箇所がありました。改めて見ると、全体の工事費がかなり膨らんでいること。構造設計や設備設計で問題点があることに気が付きました。構造設計では30項目ほど、設備設計でも30項目ほど課題提起をし施設課長に検討指示をしました。(指示内容たまたまファイルから見つかったのでいずれ公開します)

基本設計段階での積算、増築新築部分の工事費単価、実勢価格からすると過剰積算の単価。既存改修部分の単価も過剰積算。既存部分の解体費(内装材などの撤去費)も過剰積算でした。

本来、このような検討作業は施設課長、施設課担当職員の仕事です。設計事務所から納品あった基本設計図書の内容を確認していなかったということです。職務怠慢です。本来、難易度の高い公務員試験に合格した優秀な人材です。時間が経過するうちに「やすまず」「さぼらず」「仕事せず」の習慣が身についたのか?あるいはチェック不要と指示がどこからかあったのか。

実施設計図書とそれに基づく積算書を私が再度チェック。この顛末については過去のブログで書きましたが。裏で設計事務所と建設会社がつるんでいるという噂を耳にしました。設計事務所から納品された積算書の工事費は30億円。私が積算書をチェックし、見直し3億円減額させました。本来、議会や区民から税金を節約したと褒められてしかるべきですが、余計なことしやがってと反発がありました。積算書のチェックも施設課長や施設課職員はしていませんでした。私が積算書をチェックしなければ建設会社は3億円の不適切利益。余剰金はどのように使われたのでしょうか?第三者チェック、いわゆる技術監査が必要です。

港区長秘書の資質。退任後区長の印鑑を9か月返還せず。

港区長時代、区長秘書は毎週1回の割でミスをしていました。U助役に2,3度相談、というより交代の指示をしました。U助役曰く「代わりがいない」。私は「将来部長になる人材を秘書に欲しい」と伝えましたが。そうこういっている間、任期満了となり6月27日退任の日を迎えました。机、キャビネットに置いてあった、仕事に必要と思われる私的資料など含め持ち出し、空にして退出しました。

公文書(最近話題になっていますが)などに決裁印を押印するため秘書が原田の実印と等しい印鑑を預かっていました。私自身うっかりしていましたが、印鑑預けっぱなしと思い出したのが翌年の3月。思いだしあわてて秘書に電話し、返却させました。念のため、退任後、押印した書類はあるかと聞いたところ「ない」との返事。

印鑑の返却を受けてしばらくしたら都市計画担当の部長と課長が弊事務所に来訪、私の区長時代の決裁書類に変更が生じたので、遡って、改めて押印しなおしてほしいとのことでした。もしかして9か月の間に不適切に押印されたかもしれません。日本では印鑑は大切な個人認証の「物」。それを9か月返還しなかったのは単純なミスか、何か意図があったのかと感じました。私自身が印鑑のこと思い出せばよかったのですが。時々新聞報道で警察含め公的機関が書類のミスがあったなど目にしますが、区長の傍でミスが頻繁にありました。

うっかりマスクをしたまま水泳。

コロナウィルス騒動でジムでの運動が制約されていますが、時々プールで水中歩行、軽い水泳をします。ウィルスは低温、乾燥した環境を好みますので、プールの環境は真逆ですから問題ないと考えています。ただしロッカーなどの取っ手、トイレの扉の取っ手など、アルコール消毒しなければいけませんが。日常マスクをして行動しています。ロッカーで水着に着替えプールに行こうして途中でうっかりマスクをしたままと気が付きあわててロッカーに戻りマスクをしまいました。事務のプールもしばらく閉館となりました。早い収束を期待しています。

相変わらず続く詐欺事件。自分の体験。気を付けるしかありません。

高齢者をだます振込詐欺事件が毎日のように報道されています。家族の絆の隙を狙った組織的な犯罪です。一昔前と変わり、電話の拠点がタイ、フィリッピンなど国際的になってきました。電話も昔は国際電話とわかる音でしたが最近は通信技術が向上し、外国からの電話でも国内電話と同じ性能で相手の声が聞こえます。

また、別のタイプの詐欺事件も時々報道されています。最近頻繁に報道されたのが地面師詐欺事件。土地所有者になりすまし、権利証、印鑑証明、戸籍謄本など不正に取得したり偽造したりグループで役割を決め土地取引したい相手に対し猿芝居をし相手側から大金を詐取する犯罪です。最近では積水ハウスが55億円の被害に遭いました。同じ詐欺集団は港区新橋の土地に絡んだ詐欺事件を起こしていたと報道がありました。取引相手も多くの場合プロですからプロをだますということでは詐欺集団は相当練度の高い輩なのでしょう。

また別の詐欺事件の報道がありました。自称ITの社長、年収3000万円と称し婚活し交際の時に相手の女性のカードを盗みカードを不正利用したという考えれば組織犯罪というよりチンピラ犯罪。被害者には気の毒ですが。

大言壮語の作り話は政治家の世界でも時々耳にします。時々耳にする学歴詐称。活動内容に関する虚言。政治活動費の不適切利用。前の都知事がそうでした。港区議にも経歴が本人が言っている内容が正しいか疑わしい方がいました。

学生時代、女性の友人から聞いた話「交際している男性がNHKを受験する。(かっこいいでしょうと言いたかったのでしょう)」当時は今以上に大企業志向の時代。実際は嘘で、その人物はNHKでなく零細企業に就職したようでした。カッコつけの詐話でした。

ある輩の場合。1970年代東京医科歯科大学に入学したと合格証明書を見せました。公文書偽造です。当時も今も、本物の合格証明書を見たことありませんから、真贋は不明で相手の言うことを信じるしかありません。その後、医学学会の学術論文のコピーを見せられました。共同執筆論文ですが、その人物の名前が記載されていました。私文書偽造です。ワープロ(当時はタイプライター)で自分の名前を作成、貼り付けコピーし、騙したい相手に見せる。信用させしばらくし奨学金が切られた、経済的に厳しい、少し金を貸してくれ、でした。その人物、逃走、雲隠れ、その後某建設会社の施工部長をしていることが判明。その会社の工事記録など偽造、でたらめ書類かもしれません。そういう人物、会社もあるということを知っておかなければなりません。

詐欺の範疇には入りませんが、港区長選挙出馬を元区長S氏から懇願された際、原田「真面目に仕事します。不正を見つけたら徹底し、浄化します。」元区長S氏「原田さんのお好きなように。私は院政を敷きません。」でした。全くのウソでした。港区では官製談合、開発利権の不正が多くありました。区長自ら浄化活動をしました。元区長から妨害がありました。また、人事について当時の人事課長武井、現港区長、に指示した内容がすべてひっくり返されました。裏で元区長S氏が糸を引いていたのでしょう。武井人事課長は原田区長の指示を無視、でたらめな人事課長でした。

アメリカ建築家協会(AIA)連邦議会に経済対策要望。素早い対応。日本の専門家組織は?

3月19日AIA会長ジェイン・フレデリック女史は連邦議会下院議長ナンシー・ペロシ女史と上院の多数派のリーダー、ミッチ・マッコネル氏に要望書を郵送しました。AIAは世界最大(9万5千人)の建築家団体です。「コロナウィルスで経済が衰退する中、経済が復興するまでの間、建築事務所と建築家に対する経済的支援をお願いする」という内容です。切実です。

アメリカでは法律、制度は議会が作ります。ですから組織は議会に要望、陳情を提出します。日本は議会で法律を作ることはまれで、常に行政が法案を作成し、議会は審議(イチャモンも多いです)するだけです。現在のところ、建築士、技術士などの専門家団体が経済対策を行政に要望したと聞きません。私が港区長時代、医師会、弁護士会、宅建協会など何かあると区長室に陳情、要望にお見えになりました。一方、建築家団体、技術者団体などは全く存在感がありません。政治的な要望は即、実行すべきです。

関電外部調査。関電幹部は屑。港区役所でも類似例が。

3月15日の報道で、関電と高浜町元助役との不適切な関係についての第三者委員会調査報告書で、厳しい指摘がされました。元助役(引退後は原発関連企業の顧問などの肩書)から関電幹部75人に3.6億円のお金が渡り、その見返りに元助役が顧問など勤めた高浜町原発関連の工事会社に900億円の発注があったとのことです。国税の税務調査でこうした不適切な事実が明らかになりました。

更なる問題は、第三者委員会の調査がされるまで、関電の内部調査がいい加減だったという点です。さらに、元助役から1億円も受領したことが国税から指摘され税金を追加で納めた副社長に対し、納税額相当分の追加報酬が穴埋めのため支払われたという関電のでたらめさ。こうした不正に対し利用者や株主は大きな声を上げるべきです。欧米なら多くの国民がそうするでしょう。多くの関電の役員は元助役のパワハラ、威圧的な言動に負け、金を受け取ったとのことですが、役員たちが結束し元助役に対応すべきでした。報道では元町長は、助役が威張り散らしていたと語っていました。日本的組織のガバナンスの欠如の典型例です。

関電の会長、社長、副社長、役員であれば関西方面では敬意を払われる立場でしょうし、また、幹部の一部は「俺は関電の役員だ」と威張り散らしている輩もいたでしょう。週刊誌報道などでは関電役員が元助役らと大阪の高級クラブで遊ぶ様子が報道されていました。事が明らかになると、関電の役員だと威張っていた連中が幼稚園以下の常識の屑の人間だったということです。人間、肩書だけで判断、評価してはいけませんということの教えです。私は肩書もない一介の専門家です。肩書だけで教養も欠け威張り散らす輩は私は元とも軽蔑する対象です。

港区にも威張り散らす議員が若干いました。大声だし、職員に威嚇し、俺は偉いのだと相手に思わせ自己満足しているバカな議員がいました。共産党区議のK氏がその典型例。自民党団長と裏でつながり、様々いたずらをしました。本当の区長は俺だと威張る愚かな輩が数人いました。関電の例もそうですが日本で民主的な組織運営が難しいと感じました。私は孤軍奮闘しましたが。港区政はこのレベルでした。真面目に仕事に取り組もうとする幹部職員が気の毒でした。