カテゴリー別アーカイブ: 国際

CNN、プーチン特集。世界最強の権力者、独裁者

3月25日午前10時頃、アメリカのCNNを見ていたらプーチン特集でした。世界最高の権力者、独裁者というスタンスの特集番組です。

番組の内容の一部です。プーチンが長年トップとしてロシアを支配してきたこと。所有する資産の想定額。豪華な別邸を20か所持っている、などなどでした。クリミヤの併合もやりました。モスクワ市内でプーチンが車列で移動する際は多くの市民が住み、行き交うはずのモスクワ市で人が見えなくなります。(警備上の理由で、道路に周囲に厳重な規制線を設置、テロなど恐れ市民を近づけさせないのでしょう。また、沿道の建築の窓はすべて閉じられ、市民が窓からプーチンに手を振ることを許さないのでしょう。さらに、暗殺された反プーチン派の人物のガールフレンドのインタビューで、別れ際の暗殺の状況について説明していました。監視カメラがいたるところにあるのに、暗殺の場面の画像がないという不思議の指摘。また、反プーチン派のプーチンに対する抗議デモに対する警察の弾圧。などなど。

感想です。日本のマスコミはアメリカの大統領や政治・社会問題を多く取り上げます。(私も体験しましたが、アメリカは当局が取材に協力的で、情報公開が進んでいますから、取材がしやすいということがあります。警察官も現場で気楽に事件の取材に応じます。政治家も、市長もどんどん喋り捲ります。どちらかというと、日本のマスコミはアメリカに批判的な報道が多いような気がします。日本のマスコミで、プーチンや中国の指導者、北朝鮮の指導者の実態を批判的に報道することはまずありません。アメリカ大統領の批判をしても暗殺される心配はありません。プーチン、中国、北朝鮮の指導者の批判記事を書くと、暗殺の恐れありと、特派員追放の恐れありと日本のマスコミは独裁者の国の批判報道を避けているのでしょう。たとえ話。暴力団事務所の前で「暴力団出て行け」と声を出しません。暴力団事務所から100メートル離れた暴力団事務所に声が届かないところで「暴力団出て行け」と叫ぶのと同じです。

感想2。CNNはトランプ大統領が「偽ニュース」と批判し、犬猿の仲ですから、トランプ大統領がCNNに対し、プーチン批判の番組を作れと指示していないでしょう。アメリカのマスコミは自由に報道することが根本にあります。

石原元都知事が週2回の出勤、ファーストクラスでの豪遊などマスコミは批判記事を書きませんでした。取り上げたのは共産党。一般紙は書きませんでした。一般紙は石原知事の権力、存在感に及び腰、負けていました。原田港区長なぞ、政治経験がありませんから、一部マスコミは、私に取材もせず一方の側の取材だけで原田批判を好き勝手にしていました。マスコミの狡さ、愚かさを体験しました。

鬼畜米英からアメリカ大好きに、我が両親。

私の父親は大正8年生まれ。1919年。太平洋戦争では駆逐艦の水兵。米軍の射撃で足を負傷しました。母は昭和元年生まれ。娘時代、B29 の空襲で逃げ回りました。英語は敵性語という理由で学びませんでした。

時が経過し、1976年、両親は私の留学地のヒューストンに私を訪ねて来ました。友人のTim Watson君が「是非泊まってくれ」と彼の家にホームステイさせてもらいました。Timの父親はB29のパイロット。出撃中、日本上空で撃墜され(まぐれでしょう)遺体は不明。Tim曰く、「日本そのものが父親の墓である」とのこと。親が戦争し、子供は親友。

私の両親はTim夫婦に大変温かいもてなしを受けました。また、私自身がアメリカ(奨学金で)に、また、留学先の大学、友人に親切にされていることを認識しました。両親はTimの自宅(良好な住環境の地域)周辺で散歩していると見知らぬアメリカ人から「Good morning, How are you?」と気楽に、親切に声をかけられ、アメリカ人の親切さ、陽気さに偉く感心し、アメリカが大好きになりました。もしかして一部の方からアメリカかぶれと言われそうですが。父親からすれば、戦争中戦っていたアメリカに来て、親切にされ、あの戦争は何だったのかと、腹の中で呟いていたと思います。私も帰国後、父親が周囲の方にアメリカはすばらしい国だとべた褒めの発言。戦争中、欧米を礼賛する発言はタブー。英語は禁止。野球で、セーフは良し。アウトはダメ。本当にダメな社会、組織でした。言論の自由を許さない体制を許せません。私はアメリカとスウェーデンで、発言の自由を徹底し鍛えられました。

戦前の軍事独裁政権の愚かさ。困るのは人民。最近の東芝、オリンパス、一昔前のJAL,国鉄、一部役所。社長、トップはバカの塊。知識の欠如。無能であるにもかかわらずその地位にいること自体が目的かしたバカなトップ連中。また、ばかなトップを批判できなかったバカ社員や部下の責任もあります。バカなトップの発言を聴きたいです。マスコミがそうした役割を果たすべきですが、果たしていません。トップの選び方を考えるべきです。港区長時代、見たくもない、ばかな幹部や政治家を見ました。もちろん、すばらしい方も多くいますが。

トランプ大統領の鉄鋼、アルミ製品の輸入品に課徴金、アメリカ建築家協会の反応

アメリカ建築家協会(AIA)の「ARCHITECT」をインターネットで毎月読んでいます。3月7日号に、トランプ大統領令の「鉄鋼製品(25%)とアルミ製製品(10%)に課徴金をかける」という発表は衝撃的にアメリカと関係する国々で発表され、大統領令の問題が指摘されました。建築家協会は建築家全体の利益の観点から大統領令に問題提起しました。

AIAの見解は、鉄鋼とアルミの製品価格の上昇となり、建築家と建設業界に問題が生じると指摘しました。主要製品の値上げとなり、建築費用の上昇となり、結果として建設業の売り上げが衰退し、経済に悪い影響を与えるということです。

AIAの見解のとおりと思います。専門家団体が専門家団体の利益のため、大統領に問題指摘をすることは適切と思います。日本でも、建築家、建設労働者などの利益のため、建築学会、建築士会は積極的に政府や議会に問題提起をすべきです。

 

全米、治安上危険自治体トップ100、

ビルダー(建設業)というアメリカの専門業界紙をインターネットで定期購読しています。有益な情報を得ることができます。アメリカはランキングが好きな文化があります。3月6日号で、全米で治安状態が危険なトップ100の自治体ランキングが紹介されました。最も危険な自治体はルイジアナ州モンロー市、2位アラバマ州ベッセマー市、3位イリノイ州東セントルイス市と続きます。有名な自治体で、デトロイト市、セントルイス市、バルティモア市などがワースト100に入っています。また、ワースト100の自治体が多い州はミシガン州、フロリダ州、カリフォルニア州などです。都市を選択する際の参考にしてくださいと記事に書かれています。何でもランキングする文化のアメリカだから、また、何でも率直に語り合う文化の国だからこうしたランキングが公表され、同時に、受け入れられます。一方で、年寄りに住みやすい都市ランキング、若いカップルに住みやすい都市ランキングなど作成され、公表されています。

日本でしたら、該当する自治体の首長、関係者、あるいは、不動産業者や市民が不動産価値が下がるからランキング付けを止めてくれ、はたまた、失礼だと抗議するかもしれません。

日本学術会議で設計者選定のため会計法の改正について議論。難しいと思います。

元建築学会長、元建築家協会長の仙田満さんが昨年、日本学術会議で、設計者選定のために自由度を確保するため、指名競争入札を定めている会計法を改正すべきという問題提起をしました。

私は仙田さんに「会計法」改正は不可能とお伝えしました。法律を改正するということは大変は手続きが必要です。多くの議員の賛成がなければ不可能です。

私は港区長時代、区長の権限で設計者選定を金額の多寡で決める競争入札でなく「プロポーザル方式」(A-3の用紙1枚に提案を書く)を採用しました。そのプロジェクトに最もふさわしい建築家、コンサルタントを選ぶことが発注者にとり、ひいては区民にとり、重要なことです。また、巷間言われるような談合防止対策にもなります。

首長、施設課長(営繕課長)等の権限、指導力でできることです。具体的に実績を積み上げればよいことです。そのように仙田さんにお伝えしました。学者や専門家たちに政治事情を理解してもらうのに難しさを感じました。政治事情をもっと勉強いただきたい。また、海外の事情をもっと勉強し、日本でも海外の専門家の選定方式を採用するよう活動すべきです。オランダのハーグ市庁舎はアメリカ人のリチャード・マイヤー、ラトビアの首都のリガ市庁舎はイギリス人建築家、ヘルシンキ市の美術館はアメリカ人スティーブン・ホール、パリのルーブル美術館の入り口はアメリカ人、…これが国際標準です。

武井港区長の公職、外国人登録事務協議会全国連合会長、原田が授けた公職

武井港区長のプロフィールで法務省所管の「外国人登録事務協議会全国連合会会長」と最初に記載があります。国が絡む組織の長ですから、武井さんはアッピールしたいと思っているのでしょう。武井さんは外国に関する諸事には素人です。私がたまたま外国暮らしが長く、実際外国の地で、外国人登録を自ら行った経験がありますから、多少はお役にたてるのではという気持ちでお手伝いさせていただきました。武井さんはかかる問題は全く知識も意識もありませんが、武井さんへの置き土産としました。武井さんが外国人問題についてお勉強をし、スムースにお役を果たされることを祈っております。

 フロリダ州高校乱射事件、CNNキャスターと保安官事務所長とのディベイト

2月14日フロリダ州ブロワード郡パークランド町の高校で元生徒が銃を乱射17人が犠牲となったと報道がありました。新聞、テレビなどで多くの報道がありました。私が興味を引いたのは2月24日日曜日のCNN放送でキャスターと地元保安官事務所長との長時間にわたるディベイトのような質疑応答でした。日本ではありえない光景です。さすが知る自由、報道の自由、広報義務と言った民主主義の最先端の国と感じました。

キャスターの質問の趣旨は、保安官が学校を包囲するだけで学校内に突入しなかったことが多くの犠牲者が出た原因でなかったか、という内容です。それに対し、保安官事務所長は丁寧に状況説明をしていました。

日本で大きな事件が生じた際、マスコミと警察署長、あるいは、警察本部の部長などが長時間にわたり質疑を交わすことはほとんどないと思います。今後、説明責任を多く果たしていくという観点から警察(行政全て)は丁寧な説明をしなければなりません。また、上手なマスコミ対応が必要です。こうしたハウツーを日本の警察幹部は身に着ける必要があります。

CNN放送でスーダン特集

2月25日朝9時半CNN放送でスーダン特集を30分放映しました。スーダンで金の採掘が盛んで多くの国民が金の生産に従事し、経済が隆盛であるとの内容です。鉱山大臣のインタビュー、金鉱山労働者のインタビューがありました。1993年ニューヨークのワールドトレードセンターの地下駐車場で爆破事件がありました。その事件にスーダンのテロリストが関与したという理由でスーダンはアメリカの経済制裁を受け、厳しい事態が続きました。金、良質な石油が算出し、今後の経済発展が期待されます。

1990年代の駐日スーダン大使は大学時代の同級生でした。1993年私が事務局長として神戸市の支援で開催した若手建築家フォーラムにスーダンから参加したハイディ・アリ氏、現在スーダンの代表的建築家、また、1990年代、ホストファミリーとして若干のお手伝いをしたユセフ氏(東大で石油工学を学び工学博士を所得、スーダンに帰国後石油公団総裁に就任)、1990年代スーダンの警察庁長官が来日し警視庁の交通管制システムを視察した際お世話した方などスーダンに知人がおります。

スーダンは資源大国です。これからの発展が楽しみです。

NHKラジオ、英会話講座を家族で聴く。昭和30年代のラジオを囲む家族の風景?

英語力の維持のためNHKラジオで定期的に英会話講座を聞いています。家族がそろっている際は皆でラジオを囲み聴きます。昭和30年代の前半までラジオの周りに家族が集まり、ラジオを聴きながら食事をしました。60年前、ラジオ中心の家族の雰囲気を思い出しながら英会話を家族で勉強しています。

ピョンチャン・オリンピック、羽生結弦金メダルのCNN報道

CNNを毎日1時間見ます。日本のニュースはそれほど多く扱っていないように思います。ピョンチャン・オリンピックで羽生結弦の金メダル獲得のニュースをCNNは大きく取り上げていました。ニュースキャスター曰く「ユズル・ハニューはフィギャー・スケートのレジェンドである」と褒めたたえ、報道しました。CNNはアメリカのニュース中心の放送局ですが、アメリカの放送局も大きく取り上げましたので、そういう観点からも羽生結弦の金メダルは大きなニュースと言えます。