カテゴリー別アーカイブ: 国際

ハンガリー、ブダペスト市で都市開発、経済開発の国際会議

2018年10月16日(火)、17日(水)、ハンガリーの首都ブダペストで経済開発、都市開発、ビジネスモデルに関する国際会議が開催されました。主催はアメリカ、ニュージャージ州のジャージー市のニュージャージー市立大学とハンガリーの関係団体です。私は先月、ジャージー市を訪問した際、実行委員長である教授と学長(女性、ヘンダーソン女史)からブダペストの国際会議に招聘されました。立ち位置が、日本人、前港区長、建築・都市設計の専門家ということでユニークだという理由です。

順に報告をメモします。まず全体像です。ハンガリーは人口1000万人。ブダペスト市は人口200万人。EUの中で順調な経済発展をし、ブダペスト市はEUの中で重要な位置づけの大都市です。

大学、民間企業、政界、専門家(弁護士、エンジニア)から50人程度のパネリストの参加がありました。私の参加は急だったので、最後のコメンテーターを依頼されました。①大学関係者からの報告は、理論、②民間企業の方からは、実践事例、③政界の方からは、政策、規則作りは政治の役割、④専門家の方からは事業を進める際に専門家の助言が必要、と言った発表がありました。その他、ハンガリー政府の司法省の幹部が発表し、ハンガリーでの事業する際の法律の仕組み、また、ハンガリー中央銀行の理事が発表、ハンガリーの経済情勢について説明がありました。こうした会議に政府高官の出席は日本ではあまり聞きません。

ブダペストの建築、都市は、ハンガリー帝国の時の遺産で、壮大、美しい建築と街並みです。インフラ整備、維持管理が適切にされ、歩いた限りではゴミが散らかっていません。ホームレスもほとんど目立ちません。安全な街という印象です。火曜日の夜、参加者全員がダニューブ川のクルーズで食事をしましたが、両岸の建築はライトアップされ、大変美しい景観でした。

様々な分野、立場の方が参加しましたが、会議ではフラットな関係で率直な意見交換をしていました。会議ではこれが大切なことです。

会議場は1日目は、法律大学院の講堂。19世紀の美し建築です。石造り、大理石の仕上げのインテリア、2層の高い天井に圧倒されます。法律大学院がスポンサーの一人です。2日目の会場はIBMブダペスト支店の講堂。古い建物をリフォームしたオフィスです。IBMも会議のスポンサーの一人です。

会議の前日の月曜日は名刺交換のレセプションで、スポンサーの一人の大手法律事務所の受付ホールで開催。挨拶に立った代表弁護士は女性、多くのスタッフの弁護士は女性で、ホステス役を務めました。その後場所をハンガリー料理にレストランに移動し、夕食会。6人掛けのテーブルが7つ。指定席で、私の席は、ニュージャージー大学の女性学長とブダペストの法律大学院の教授(女性)、駐ハンガリー、アメリカ大使館の通商担当書記官(女性)、ハンガリーのIBM幹部などでした。法律大学院の女性教授の話では、女子学生が半数以上在籍し、女子学生は優秀で、弁護士試験にも女性が多く合格しているそうです。女子学生を差別したどこぞの医科大学のアホバカ理事長や学長(普段は俺は医者だ、理事長だと威張っていたのでしょう、要は、肩書で人を見てはいけないという実例です)に聞かせたい事実です。

女性の社会進出という点で気づいたこと。入国すると、入国審査を受けます。4つのブースが稼働中で4人の審査官が担当していましたが、すべて女性でした。右側に拳銃、左側に警棒を持ち、制服、制帽姿はなにか日本のコスプレを見ているような雰囲気でした。

ニュージャージ州の元副知事(女性、弁護士)、ニュージャージー州の上院議員(若く、ハーヴァードで2つの学位、タフツ大学のフレッチャースクール(外交防衛の専門大学院で、日本から毎年外務省、防衛省の若手官僚が留学しています)卒の立派な経歴、噂で、次の州知事選挙に出馬するそうです)、州議会の下院議長(女性)など政界からも参加し、立派なプレゼンをしました。

日本での会議に参考になります。後日、続きの報告をします。

 

 

 

マッケイン上院議員の葬儀、日本と異なる演出、NBCニュースで。

ニューヨーク滞在中9月3日(月)朝7時のNBCニュースをホテルの部屋で見ました。日本の葬儀と異なります。会場は天井の高い教会。

挨拶はブッシュ元大統領とオバマ前大統領。スーツは黒のダークスーツでしたが、2人ともネクタイはダークブルー。オバマ大統領の挨拶では葬式ですが、ジョークを飛ばし、列席者を笑わせていました。アメリカ文化ということでしょう。

海軍墓地にお棺が埋葬される際、上空に海軍ジェット戦闘機が4機で編隊飛行。1機のみが突然急上昇。天に昇るという演出です。

演出がこっていると感じました。お祝いの大統領の就任式も日本ではありえない演出です。

 

ニューヨーク出張で多くの女性に面会、女性がどこにもいる社会

9月1日から9月7日までニューヨークを訪問、多くの方と面会しました。その多くが女性でした。女性がどこでにでも社会参画しています。

9月3日夕方、WXYという設計事務所を訪問。レイバーデイという祭日ですが仕事中。3人のパートナーの頭文字が事務所名です。ニューヨーク市内を中心に公共空間のデザインや建築のデザインをしている事務所です。デザイナーが多いSOHOに事務所があります。フルブライト奨学金で留学中の後輩の紹介。所長に面会。クレア女史。イェール大学大学院卒。30人くらいの設計事務所。彼女のデザインについてプレゼンをいただき、デザイン論、ニューヨーク市の開発状況についてレクをいただき、意見交換しました。

その前に13時にニューヨークで不動産業をしている日本人女性に面会、最近のニューヨークの不動産状況についてレクをいただきました。ニューヨーク大学大学院で不動産学を勉強された方です。

4日(火)、元ニューヨーク・ニュージャージー港湾庁開発本部長氏に、マンハッタンの西側ハドソン川を挟んだニュージャージー州のジャージー市役所に案内されました。住宅開発・経済開発部の幹部等数人と面会、意見交換。その中に女性市議会議員がいました。また、その会議室を使い電話でジャージー市立大学学長と電話で意見交換。学長は女性です。

5日(水)ニューヨークフィルの女性楽団員に面会。ニューヨークにある世界的音楽大学のジュリアード音楽院卒。彼女の主催で夕食に招待されました。そこにニューヨークフィルの管理部門幹部が出席。女性でした。

多くの方と面会し、最近のニューヨーク事情について教えていただき、意見交換をしましたが、その多くが女性。つまり、社会に女性が多く、普通に仕事をしているということです。東京では女性が責任者として多く働くという状況でありません。

この数年、イスラム国家であるトルコの大学(国立)に招聘いただきました。学長は女性、建築学部長は女性、法学部長は女性、海洋学部長は女性。建築学部の教授陣に多くの女性。学生の半数は女性。全学で5万人の学生、内、半数が女子学生。

去る5月、客員教授を務めるブルガリアの国際建築アカデミーの大会に参加。事務局長は博士号を持つ女性建築家。講演者の半数は女性建築家。

女性の働き方を見ると、東京(日本)にいると見たままですが、外国からみると、女性が少ない東京の社会が異常です。その異常を異常と気遣いないことが異常です。

ニューヨーク市視察、世界ナンバーワンの都市

9月1日(土)朝羽田を出発、ニューヨークを訪問しました。単身、取材です。正味5日の滞在。多くの方に面会しました。1990年殺人事件の犠牲者が2245人。その後、治安対策、観光政策、都市開発、文化芸術政策などでニューヨークは間違いなく世界ナンバーワンの都市になったと言えます。東京都も国もニューヨーク市の都市政策を学び、実行すべきです。

世界中から多くの観光客が集まり、にぎわっています。多くの美術館、劇場などに観光客が訪問しています。市税収入は莫大です。

元、ニューヨーク・ニュージャージー港湾庁の開発本部長に面会、ニューヨーク市内で素敵な公共空間のデザインをしている設計事務所の所長に面会、不動産業者に面会、ニューヨークフィルの幹部(運営部門の幹部とフルート奏者の2人)に面会。マンハッタンの西側にハドソン川が流れていますが、対岸はニュージャージー州。その代表的都市で、マンハッタンへの住宅都市でもあるジャージー市役所を訪問、住宅開発、経済開発の幹部と市議会議員に面会。ジャージー市は以前は工業都市、衰退しましたが、教育、文化、芸術、住宅都市として復興しています。ジャージー市立大学学長(女性)と電話会談しました。多くの美術館や劇場など訪問しました。

暑い5日間ですが、歩き回り、帰国後体重を測定したら4キロ減っていました。毎日2万5千歩歩きました。都議や国会議員の視察も、体重を減らすくらいの行動を期待します。おいしいもの食べ、のんびり過ごし、体重が増えるような視察はノーです。

後日、個別の見どころ、課題について書き留めます。乞うご期待。

終戦の日に思うこと、事実を知ることの大切さ、自由な意見交換の大切さ

8月15日の終戦記念日を中心に太平洋戦争について多くの識者、マスコミが論評します。私は1969年8月27日深夜早稲田大学の交換留学生として羽田を発ち、28日昼、サンフランシスコの対岸にあるオークランド空港に到着しました。飛行機(たぶんDC8だったとおもいます)からタラップを降りる時の気持ちは、厚木飛行場を降り立つマッカーサー元帥のような恰好で降り立つというものでした。アメリカ人の友人のお父上のご案内でタクシーに乗り、オークランドの市街地に向かいました。何車線もある高速道路、行き交う大量の大型乗用車、街の高層建築などが直ちに目に入りました。建築学科3年生の学生で、国際政治、経済、国防政策のド素人ですが、オークランドという中小都市を見ただけで、アメリカは喧嘩する(戦争する)国でないと悟りました。サンフランシスコ郊外にあるアメリカ人の友人の親戚宅に招待されました。広い庭でのバーベキューーパーティ、大きな住宅、豊富なメニューの食事。当時の我が家はというと都内で2Kの木造都営住宅、まだ、下水もない状態。よくも経済力あるアメリカに戦いを挑んだ愚かな指導者、ばか者に意見を言えない取り巻き(マスコミ含め)がと思いました。相手を直接見る、現場を直接見ることの大切さを知りました。

特定のリーダーの声で大切な方針が決まる恐ろしさ。自由に意見を交換する大切さを感じました。声のでかい人物の意見が簡単に通ってします事例は、最近のボクシング連盟、日大アメフト、東京医科大、少し前の東芝、オリンパスなどの事例があります。港区議会も知識教養政策力でなく声のでかさで議事が進行されました。日本の文化大好きですが、一方、自由な意見交換ができない環境は日本文化の大きな欠陥です。アメリカでの2度の留学生活で体験しましたが、自由に意見を言い合うことの大切さ、相手の意見を聞く丁寧な態度、冷静に意見交換をする真剣さを体験しました。研究者もスポーツ選手もビジネスパーソンも皆アメリカに向かいます。学ぶことが多いということです。アメリカについて触れると、嫌な顔をするバカな港区議や港区幹部職員を思い出します。

 

6月17日(日)朝10時六本木ロアビル前に中国人女性客引き

6月17日(日)朝10時頃出勤。六本木の交差点から東京タワー方向に向かい歩きました。オールナイトで飲んでいた人たちがぶらぶら歩き、歩道は賑わっていました。外苑東通りを東京タワーに向かい右側(西側)の歩道を歩きました。六本木の有名なロアビルに差し掛かりました。ロアビルの端にある花壇に3人の中国人女性客引きが座って獲物を狙うがごとく眼付けしていました。数年来いつも見ている様子なので女性たちの顔を覚えてしまいましたが。

こうした状態こそ、武井区長や麻布警察署長が対応しなければいけません。放置状態が続いています。「壊れ窓理論」(アメリカの犯罪学者ジョージ・ケリングが提唱しました。)がありますが、武井区長も麻布警察署長もご存じないのでしょうか?あるいは知っていても無視しているのでしょうか?

壊れ窓理論は犯罪が激化した1970年代から90年代までのニューヨーク市にうまく当てはまります。治安が悪化する経過は、①建物の窓が壊れ、放置すると、犯罪者はここは誰も注意を払わない地域だ、だから犯罪をしても大丈夫だ、と認識します。②また、ごみのポイ捨てが始まります。(六本木はまさにこの状態です)、③来街者もそうした意識になります。④次第に凶悪事件が増加します。ということです。治安を回復させるには、①軽微な犯罪でも取りしまる。②パトロールを強化する、という内容です。ニューヨーク市では実際、地下鉄の無賃乗車で逮捕、信号無視の歩行者を逮捕、など軽微な行為でも見逃さないぞと強硬手段を取り、治安を回復させました。

治安は悪化してから回復させるのは大変です。ニューヨーク市はじめ世界の大都市が経験済みです。区役所、麻布警察署は対策を進めてください。

フルブライト奨学生の壮行会、49名日本人奨学生

6月15日(金)フルブライト交換留学奨学金を得てこの秋アメリカに留学する奨学生の壮行会が六本木の国際文化会館で開催されました。後輩への激励、交流のため出席しました。アメリカ側から国務省の担当局長の教育文化局担当次官補マリー・ロイス女史がワシントンから来日、ご挨拶されました。日本の文部科学省から国際統括官(フルブライト委員会委員長:日米教育委員会)川端和明氏がご挨拶しました。面白いユーモアに富んだご挨拶でした。さらに、日本人留学生を代表し女子学生が上手に英語で感謝のスピーチをしました。彼女はフルブライトの面接試験の時の体験に加え、さらに度胸を積んだことと思います。

49名の日本人留学生は、留学を直前に控え高揚感と緊張でいっぱいのことと思います。留学生は文字通りの学生に加え現職の大学教授、高校英語教員、新聞記者、弁護士(アメリカでも弁護士資格を取りたい、また、3歳の子供連れで留学する女性弁護士もいます)など社会の第一線で働く方も多くいます。

さらに嬉しかったのは、私の母校ライス大学大学院に留学する学生がいたことです。政治学専攻です。ライス大学は学生数4000人程度の小規模大学ですが、総合大学で音楽部、政治学部もあります。建築学部(日本と異なり実際は専門職大学院です)の学生数は75名程度、教授は15名です。教授一人当たり学生5人で、この比率はおそらく全米でトップと思います。また、立地するテキサス州ヒューストン市は、多くの日本人のイメージとして「砂漠のど真ん中」と抱いているようですが、人口200万人、全米第4位の大都市です。間もなくシカゴを抜き第3位になると予想されています。私は1974年にライス大学に留学しましたが当時は人口100万人、全米第6位の規模でした。アメリカの友人たちからヒューストンはさらに大都市に発展するだろうとの予想で、建築と都市を研究するのに適切な都市と見做し、ヒューストンのライス大学を選びました。ヒューストンのイメージが正確に日本に伝わっていないのはマスコミのステレオタイプの報道(ワシントン、ニューヨーク発が中心)が原因と思います。

レセプションのホストとして元国連の事務次長をお勤めになった、フルブライト留学生の先輩の明石さんも参加され、記念写真に納まっていました。今回の会場となった国際文化会館の理事長です。明石さんは「港区の国際化の対応の消極姿勢、港区幹部の国際化に向けての意識の低さを心配している」と私にささやいております。

私はフルブライト同窓会前会長です。こうしたレセプションを利用し、新規留学生に「帰国後は是非同窓会に入会し、活動に参加し、同窓会を支えてください。」と個別にお願いしております。「はい、わかりました。」とご返事をいただきます。しかし、帰国後、若い方はほとんど同窓会活動に参加してくれません。

もう一つ、不満のつぶやきです。私の学生時代の夢は「フルブライト奨学金をいただきアメリカ留学し、最高の先生の下で建築を勉強すること」でした。指導教官のおかげで実現しました。ところが港区長時代、元区長S氏から留学の経験を話すなと言われました。私は「建築事務所の所長だった人間が区長をやって大丈夫か?と不安に思う職員や区民がいるだろうから、挑戦心に富んだ人間です。安心してください。」というメッセージを込め、時折、留学体験を話しました。また、区長を補佐すべき政策経営部長N氏は「フルブライト留学なんて語るな」と言われました。学生時代の人生のかけての挑戦に対しイチャモンをつけるのですから。驚きました。嫉妬、ヤッカミの類でしょう。現在、この程度の意識の人物が港区の文化、交流部門の財団の理事長を務めているのですから驚きです。港区は異文化理解と区長などが唱えていますが、内容、実行の伴わない空念仏です。残念です。

海外留学大幅増へ、閣議決定、嬉しいが意識の低い公務員も

6月15日閣議で海外留学する高校、大学生の大幅増など「第3期教育振興基本計画」が決定されたとの報道で、留学経験者として嬉しく思いました。海外留学を日本人高校生を現在の3万6千人から5万5千人に増やし、海外大学への留学生を5万5千人から12万人へ5年間で倍増させるという内容です。

自らの体験から、「異文化に触れ」、「高度な専門の勉強の機会に触れること」はすばらしいことです。その後の人生観、交友関係に大きな影響を与えると思います。

この十年、アメリカで日本の留学生数が大幅に減少しました。ピーク時10万人ほどいたのが現在は1万から2万人程度でしょうか。更なる貿易、外交、平和、観光などの観点から大いに海外に目を向けるべきです。

一方、私の港区長時代、元区長のS氏や元政策経営部長(現在ふれあい文化財団理事長)だった人物から、私の留学経験を否定する発言がありました。海外で学ぼうという意欲や海外で学んだ人の人生観を批判する人物が行政のトップにいたことは驚きでした。港区役所では幹部が、建前上「異文化理解」と言っていますが、トップの発言は空虚です。海外で学ぶという意識もなく、意欲も知識もありません。港区の中学、高校からは留学生が生まれにくいでしょう。国際都市と称される港区役所の実態です。

港区のエレベーター事故の反省から安全の日。安かろう悪かろう契約も続いています。

2006年6月3日港区の区立住宅でエレベーター事故で何ら落ち度のない住民の高校生が亡くなりました。なぜか和解に時間を要し(本来港区は直ちにご遺族に謝罪をし、補償をすべきでした)昨年11月和解成立しました。和解に伴い6月3日を安全の日と定め施設の安全に気を配ることは結構なことです。こうした事故が起きないようしっかりと区長以下職員は緊張感を持って対応していただきたいと思います。

エレベーター事故のそもそもの原因はメンテナンス業務の手抜きでした。予定価格400万円のメンテナンス費に対し、入札で当該のエレベーターメンテ会社が1/4の価格の100万円で落札し、手抜き作業をしました。本来、発注者はそのような額でまともな仕事ができないでしょうと疑問をぶつけ、場合により、再入札するとか、メンテ作業中の監督を厳しくするなどすべきでした。発注者、その部門の部長、副区長、区長達はこうした分野の全くの素人。その後、プロポーザルで(私が区長時代採用した契約方法ですが)特定のメーカーのエレベターを採用しました。最初からそうすればよかったのにということです。

契約システムの不備は現在もあります。英語の翻訳業務です。「安かろう悪かろう契約」です。納品成果を判断できる担当者、幹部がいません。これも重大問題です。私の妻は元通訳、翻訳者。今でも通訳、翻訳会社に登録し、時間がある時は翻訳のアルバイトをしています。ある時斡旋会社から連絡があり「港区からの仕事ですが日本語から英語への翻訳をしてほしい。」と依頼がありました。翻訳の報酬は1文字何円と経験年数などで相場が決まっております。斡旋業者から提示された報酬は妻が通常いただく1/4でした。これでは無理と断ったそうです。上記のエレベーター事故の時の契約と全く同じパターンです。その後安くてもやりますという経験が十分でない方が仕事をしと思います。その結果の英文の出来上がり状態、私は確認していませんが、おそらく不備だらけだった恐れがあります。(知人のアメリカ人、留学経験者の日本人から港区の英語はおかしいと聞くことがあります)その額ではまともなレベルの翻訳者は作業できません。担当者も幹部も副区長も区長も英語を理解しませんから、「変な英語」が港区の公文書としてまかり通ったと思います。

訪日外国人の増加、行政の観光政策は後手後手

東京都へ来訪した外国人観光客は2017年1377万人。率直なところ、東京都の観光政策が有効に働いたというより、国のビザ緩和策が最も大きな要因です。中国人、ロシア人などに対するビザの緩和が大きいです。また、途上国に対する緩和も訪日観光客増加に大きく寄与しています。観光客が増えるのはうれしいですが、観光政策は後手後手です。観光バスの駐車場は不足、ホテルは不足、案内板は不足、両替所も不足、ボランティアンの観光案内人も不足(私は諸外国を訪問した際の状況と比較してです)。急いで対応しなければいけませんが、東京都観光部職員というより東京都の職員は、海外旅行の経験、観光旅行の経験は限られているでしょうから、自ら何をしてよいのか意識の面で欠けているのではと思います。頑張ってください。必要であれば、私の体験談を無料でお伝えします。