カテゴリー別アーカイブ: 評論

シカゴ市長選挙、初の黒人、女性。17人の候補者から。

4月2日シカゴ市長選の決選投票が実施され、ロリ・ライトフット氏(初の女性、黒人)が選ばれました。シカゴ市はアメリカで3番目の大都市です。彼女は元連邦検事でシカゴ市の腐敗を追及してきました。同性愛者であることを公言しています。彼女の両親は貧困家庭でありましたが、奨学金を得てミシガン大学卒、その後、シカゴ大学法科大学院を修了し、連邦検事になりました。彼女曰く、「両親は貧しかったが、気高さを持ち、子供に対し夢を抱いていました。子供に対し正直に生きろ、礼儀正しくしなさい、一所懸命働きなさい、勉強しなさい、信心深くなりなさいなど教えました。」こうした教えが今日の私を作りました。

選挙について、候補者が17名、その多くは立派な経歴、学歴、資格を所持しています。日本の選挙と比較し、多くの候補者が出馬するということは市民にとり選択肢の幅が多いです。、日本の市長選は2人から4人程度の立候補者数です。選択の幅が狭いです。アメリカの選挙制度と比較し日本は立候補するのに障害が多いと思います。

私事ですが、ライトフット女史の両親の教育方針と私の両親の教育方針の類似性についてです。私の父親は公務員で、経済的に見れば標準的な家庭でしたが、親の方針は「十分な教育を受けるべく頑張れ、機会があれば海外で勉強しろ、趣味を学び広げろ、贈答品が送られて来たら送り返せ、真面目に公正に生きよ、人が見ていないところで努力せよ」でした。ライトフット女史の両親と同じような内容です。そうした教えが今日の私を作っています。豊かでない家計でしたが、親の応援で海外で3度留学できました。港区長に就任後、こうしたエピソードを区民にしました。すると、私を後継者に引っ張り出した元区長S氏や区長をサポートすべき立場の政策経営部長N氏が経歴を語るな、留学話をするななどお説教がましい指示。自分と考えや経歴が異なるものを排除するという発想には困りました。異文化理解を公式に発言しつつ港区役所の一般的な経歴や人生観と異なる人物、考えの存在を否定するのですから驚きでした。港区には1割の外国人がいます。港区職員にはぜひ異文化理解を単なる言葉でなく実質理解していただきたいと念じております。

先日港区総務課(人権担当)に投書しました。未だに回答がありません。港区政の現実です。

沖縄で技術者を対象に専門研修講義、熱心な沖縄の技術者

沖縄で技術者の専門研修活動をしているNPOグリーン・アース(緑の地球という素敵なネイミングです)という組織から研修講師の依頼があり、沖縄に出かけました。講演内容は「アメリカの環境政策の経緯」です。ニクソン大統領(国家環境政策法を施行、環境保護庁を設立、環境アセス制度を開始)から現在のトランプ大統領まで50年間の環境政策の歴史、最近の環境政策の事例を講演しました。

50年分のアメリカの環境政策の歴史を基本に、それを3時間半に圧縮し講演しました。驚いたことがいくつかあります。

①出席者数は120人程度。毎月講演会を開催していると説明を聴き感激しました。

②13時から16時半まで、3時間半の講義をじっと聞いていただきました。

③研修会を300回も継続している。

帰路の飛行機の時間まで繁華街を散策しましたが、中国や韓国からの旅行客を多く目撃しました。沖縄の定番のお土産をいくつか買いました。

 

 

 

 

 

大阪都構想についてフジテレビでコメンテータ

大阪府知事選と市長選挙で、知事と市長が入れ替わりました。大阪府民と大阪市民は大阪都構想を支持したと言えます。選挙の翌日の4月8日午後フジテレビから電話があり、夕方のニュース番組で大阪都構想の課題について取り上げたいので取材させてほしいと依頼がありました。

当初、夕方のニュースで午後遅くのインタビューでは間に合わないのではと思い、私は「電話取材」を提案しましたら、すぐ伺うのでビデオカメラの前で語ってほしいと言われました。ディレクターとカメラマンが来訪。港区長の体験から都構想の課題について語りました。語りたい多くの課題がありますが、時間の制約で1本に絞りました。

財源として市役所ならば都市計画税と固定資産税があります。しかし23区の特別区では都市計画税と固定資産税の徴収権はありません。 東京都が都市計画税と固定資産税を徴収し、その半分を23区に渡し、各区の財力に応じて配分金が決まります。財源の配分にあたり、まず「東京都と23区の争い」があります。その後は23区の中で「争い」があります。原則論で言えば都市計画税の財源がありませんから都市計画事業はできません。他の財源に余裕があれば都市計画事業に回すことができます。

都市計画(用途地域、容積率など)も東京都と日本的な調整があります。

大阪市が無くなり、4つの特別区が生まれると、これまでの行政職員で任命された区長でなく選挙で選ばれた方が区長になります。区民との距離は近くなるでしょう。議員の数は増えます。議員になりたがっている方からするとありがたい制度改正です。議員報酬は大阪市の議員の総報酬より増えると思われます。(報酬額は今後決まりますから現在は不明です)

大阪市のままなら、23区の区役所以上の権限、とりわけ大阪市は政令指定都市ですから、大きな権限を持っています。

市民生活にとりメリットとディメリットと様々比較し、どちらの体制が市民、府民にとりより良いかが判断基準です。、

映画、グリーンブックを見ました。人権、異文化理解を学びました。

先日、アメリカ映画、グリーンブックを見ました。1962年の実話を基にした内容です。人種差別が激しい時代、ニューヨークで成功した黒人ピアニストが南部にコンサートツアをし、移動の車の運転手(ボディガード兼務)(イタリア系移民の子供)との間に友情、異文化理解が進むというストーリーです。映画の内容は映画批評記事を参考にしてください。

映画のタイトルは黒人用が旅行する際のホテルの案内書(黒人が宿泊できるホテルなどが記載)グリーンブックに基づきます。当時、南部は黒人差別がひどく、バスも白人席、黒人席と別々、レストラン、バーなども白人用の店は黒人が入れないルールでした。また、街によっては黒人は夜間外出禁止という規則がありました。黒人男性が白人女性と恋愛したらリンチに遭うといった状況でした。

私自身、1969年中西部オハイオ州(現在、産業が凋落し、錆びついたラストベルト、スノウベルトと称される地域)のThe Collge of Woosterに交換留学で1年間過ごしました。映画で出てくる州や都市の名前を懐かしく見ました。映画は当時のアメリカ社会を知るに役立つ内容です。また、礼儀正しい、言葉づかいの正しい黒人ピアニストとボディーガードする程度の粗野なイタリア系白人との文化の違いが相互にどのように理解され融合するか、ストーリ展開は興味あります。

留学に際し、率直な気持ち、1945年までアメリカは日本と戦争をし、父親の世代は戦場にいたわけですから、大学で友人やご両親達から旧敵国の日本人留学生、しかも、英語も十分話せず、体は小さい、メガネをしているなハンディだらけで、いじめの対象になるのではと心配しながら大学に行きました。想像と逆で友人から親切にされ、友人宅に招かれるとご両親から暖かいおもてなしをしていただきました。(24年前までは日本軍と戦った方たちです)日本という異文化を十分に理解しようとする意欲、意志を感じました。私自身、グリーンブックの映画の主人公の黒人ピアニストのようにマナー良く接し、言葉づかいも丁寧に話したことが信頼感を寄せていただいた理由かもしれません。とりわけ女子学生に親切にされました。(自慢話しではありません)

話変わり、当時のS区長から突然港区長をやってくれと要請され、社会貢献のつもりで区長に就任し仕事を一所懸命しました。3度の留学、世界最高水準の学問を身に着けた経験を基に、さまざま新鮮な政策を創りました。しかし、3度の留学などの経歴は、学校卒業後港区役所に就職し、港区役所のことしか知らない、知ろうとしない、私を急に後継者に担いだS元区長とり、「異文化」を理解する努力はせず、私を「異質」の物と見たようです。(なぜ後継者に選んだのか理解に苦しみますが)私の区長時代のN政策経営部長(その後、副区長、現港区スポーツ文化財団理事長)も異文化を体験した原田の経歴や意識を毛嫌いし、ある種のイジメに走りました。これが港区の最高幹部の意識と悟った次第です。港区が「異文化理解を進めましょう」「人権理解(さまざまな人間がいることを理解しましょう)を進めましょう」と主張しているのは空念仏です。現在の最高幹部も異文化理解、口で発言しても、心から理解できず、空念仏と思います。グリーンブックの映画、港区の最高幹部や人権担当職員、国際分野担当職員にも見て欲しいです。

 

TEDx Fulbrightのスピーチイベント、原田もスピーチ

TEDx Fulbrightというイベントが東京都港区にある政策大学院のホールで3月17日開催されました。世界中で開催されているイベントです。フルブライト留学生として留学した経験者が幹事となり異文化理解の促進を目的に開催されています。

今回はFind the Pathというテーマで9人がスピーカーを務めました。6人が女性、3人はアメリカ人、1人は車いす障がい者。スピーカーの①赤津晴子女史(国際医療福祉大学医学部教授、「医学教育で世界に橋を架ける」フルブライト留学生としてアメリカで医学を学び、25年間アメリカで医学教育をし、日本で国際基準での医学教育をしたいとの国際医療福祉大学からスカウトされた方、②吉兼周優、「課題解決のソーシャルデザイン」、③Yuki Minami,アメリカ国籍、元アメリカ海兵隊員として3.11の救助作戦に参加、現在九州大学大学院で日本文学を研究、「マイノリティに秘められた力と可能性」、④Emily Cole,フルブライト留学生「すいません、写真を撮ってくれませんか」ジャグリングを通して日本人とコミュニケーションを図る活動、⑤原田敬美「市民との架け橋の設計手法」、フルブライト同窓会前会長、⑥田中元子、「マイパブリックとグランドレベル」建物の1階を公共的な用途に変え町に賑いを創る活動、⑦疋田万理「あなたは本当はニュースを求めている」、⑧Mark Bookman、ペンシルベニア大出身、東京大学先端科学技術研究センター、「希望としてのパラリンピック~アクセシビリティの過去、現在、未来~」、⑨小島慶子、タレント、「女らしさ、男らしさの押し付け合いを超えて」。

近々ユーチューブで世界中に放映されます。異文化理解に大いに役に立ちます。運営はボランティア方式です。留学したい、海外のことを知りたいと熱意ある高校生、中学生もボランティアとして参加しているのに驚きました。こうした意識の高校生がいるなら日本の将来は大丈夫と。

異文化理解の意識の低い、元港区長や副区長ら最高幹部に彼ら彼女らの爪の垢を飲ませたい気持ちです。私のスピーチ内容について後日寄稿します。

ジョージア首相来日レセプションに出席

2019年3月15日ジョージア(旧グルジア)首相マムカ・バハタゼ氏が来日、「ワインの国」の紹介のレセプションが開催され招待され出席しました。ジョージアは9000年前からワインの醸造をし、長い歴史を持つ国です。大使から聞いた話ですが、山梨のブドウの原木はジョージアからもたらされたそうです。冷戦前はソ連の一共和国でしたが、独立し、ジョージアと名前を変えました。ロシアとトルコに挟まれた重要な地理的な場所に立地しています。日本と同じ価値観を共有し、経済交流促進のための首相自らのセールス活動です。

ジョージアのワインの紹介、ジョージアの歌、民族舞踊の紹介など賑やかのショーがありました。民族服を着た11人の男性合唱団は日本の木遣り歌のような歌を披露、また、君が代を合唱し、日本人参加者を驚かせました。

大相撲では栃の心やガガマルはジョージア出身です。

個人的には、ダヴィタイアというジョージアの代表的建築家と30年来のお付き合いがあります。

レセプションで隣り合わせになったジョージアの若い女性と会話しました。日本に留学し、公共政策の勉強をしているとのことです。日本について父親から聞いた話で、「日本人は勤勉で、明治維新以降、また、第二次大戦以降経済復興を成し遂げた素晴しい国だ」と聞かされ、日本で勉強したいと思ったそうです。世界から尊敬と注目を集める日本になってほしいと思います。

会場となったホテルの警備が異様に厳重だと感じましたが、翌日、朝刊を読んで納得、同じホテル内のレストランで安倍総理が夕食中でした。

ニューヨーク市行政監察官の選挙、シカゴ市長選挙、日本と異なる状況

最近のニューヨークタイムズで①ニューヨーク市行政監察官の選挙、②シカゴ市長選挙について報道がありました。

①ニューヨーク市行政監察官はニューヨーク独特の制度です。ニューヨーク市の組織図によると、市長、市議会、監査委員、5人の区長、そして行政監察官(Public Advocate)が同列で位置づけられる重要なポストです。ブルックリン区選出の市議会議員が当選しました。17人の候補者がいました。大勢が立候補し、議論を重ね競い合い、適任者が選ばれる仕組みです。

②シカゴの市長選です。14名の候補者の中で最終段階で2人の黒人女性が競い合っています。1人は元連邦検事、1人は郡(日本の県に相当)評議会議長。その他の候補は、シカゴ市警幹部、教育長、市役所会計管理者など市役所組織の有力者が多くいます。現在シカゴ市は犯罪件数の増加、公立学校の閉鎖、増税の可能性など現エマニュエル市長の失政を批判し、多くの候補者が競い合っています。

日本と比べると、候補者数が多い、行政、政治経験者が多い、議論を重ねるなどの特徴が挙げられます。

港区長時代、政策の発想方法、建築家的視点、研究者的視点、欧米の民主的な視点

全国1000以上ある自治体、あるいは、議員達がどのような視点、プロセスで政策を創るのか興味あります。部下にすべて任せてしまう自治体首長も多いのではとも思います。

私は港区長時代、全国初、東京初などの政策を創り、実施しました。また、分野として、福祉、治安、財政など様々な分野で積極果敢な政策を創り、実施しました。今思いますと、建築家的視点、研究者的視点、欧米の民主主義的視点があったと思います。

建築家的視点です。他市でやっていない政策を創ろうという意欲でした。職員が頑張って作りましたが、介護保険白書(日本初)、子育てサポートセンター開設(日本初)、中学生まで医療費無料化(東京初)、危機管理・治安担当警察官の採用(日本初)などあります。

研究者的視点です。統計、データをしっかり分析し、そこから課題を見出し対応する方法です。

3度の海外留学でアメリカ式、スウェーデン式の民主主義を体験しました。多くの方の意見に耳を傾けるという視点です。

多くの職員が頑張ってくれたおかげです。一方で十分できたかという課題もありますが、少なくとも意識の中で、こうした3つの視点で政策作りをしたことは事実です。

アメリカ建築家協会による毎年の建築デザイン表彰、審査員は建築家

アメリカ建築家協会が発行するArchitecture誌を購読。インターネットで読んでいます。記事の中で楽しみの一つは毎年開催する優秀建築構想デザイン表彰です。今回は66回。審査員の構成で気になることがあります。審査会というと日本ではほとんど大学教授が占めます。大学教授の権威を活用。未だに明治時代の発想です。また、公正と思われています。日本の大学教授の多くは建築事務所を経営し、いわゆる設計業者でもあります。本当に大学で授業をしているのか疑わしいのが現実です。

アメリカ建築家協会のデザイン審査はほとんどがいわゆる「建築家」。今年も大学教授はいません。民間の建築家の方が、実務に明るいと、また、お互いに審査し、切磋琢磨しています。

権威主義で失敗した例が新国立競技場の設計競技でした。審査委員長は著名は東大名誉教授の建築家安藤氏。最優秀に選んだ案は予定工事費の倍。ただ、かっこよければであれば、小学生でも審査員は務まります。記者会見で安藤氏は「自分は工事費のことは分らない」と開き直っていました。無責任な発言です。であれば、審査会で「施工費検討小委員会」を設置し、各案ごと施工費が予算内かチェックすべきでした。大学教授や超有名人を審査員に並べれば多くの方を黙らせることができる、権威があると考えた発注者にも大きな問題があります。

アメリカ建築家協会の審査のような本当に実力がある方を審査員にする方式を採用すべきでしょう。

高校の同級生と半世紀ぶり、四半世紀ぶりに面会

先日所用で関西に行きました。卒業は東京の高校ですが何人かの同期生は仕事の都合で関西で生活をしております。連絡が取れたので、2人の同期生と大阪で面会することになりました。一人はF君。記憶では四半世紀ぶり。もう一人のH君は卒業以来、つまり半世紀ぶり。

待ち合わせ場所ですぐ分りました。数秒で50年間の記憶テープが巻き戻された感じです。F君は体操、特に鉄棒が得意だったと記憶。H君はハードルなど短距離競走が早かったと記憶。担任の先生や他の同期生の消息、自らの半生を短時間で情報交換。お互いあっという間に高校時代に戻った感覚。お二人とも優秀な人物でした。F君は完全引退生活。親の介護の日常生活、H君は現在も地元で会社を経営しているとのこと。高校時代、50年先の自分の姿を想像できた人はいなかったでしょう。お互い不思議な人生を歩んできました。私自身も想像した人生の道と実際の人生は全くかけ離れた内容でした。だから人生は面白い。