カテゴリー別アーカイブ: 都市計画

ハンガリー、ブダペスト市で都市開発、経済開発の国際会議

2018年10月16日(火)、17日(水)、ハンガリーの首都ブダペストで経済開発、都市開発、ビジネスモデルに関する国際会議が開催されました。主催はアメリカ、ニュージャージ州のジャージー市のニュージャージー市立大学とハンガリーの関係団体です。私は先月、ジャージー市を訪問した際、実行委員長である教授と学長(女性、ヘンダーソン女史)からブダペストの国際会議に招聘されました。立ち位置が、日本人、前港区長、建築・都市設計の専門家ということでユニークだという理由です。

順に報告をメモします。まず全体像です。ハンガリーは人口1000万人。ブダペスト市は人口200万人。EUの中で順調な経済発展をし、ブダペスト市はEUの中で重要な位置づけの大都市です。

大学、民間企業、政界、専門家(弁護士、エンジニア)から50人程度のパネリストの参加がありました。私の参加は急だったので、最後のコメンテーターを依頼されました。①大学関係者からの報告は、理論、②民間企業の方からは、実践事例、③政界の方からは、政策、規則作りは政治の役割、④専門家の方からは事業を進める際に専門家の助言が必要、と言った発表がありました。その他、ハンガリー政府の司法省の幹部が発表し、ハンガリーでの事業する際の法律の仕組み、また、ハンガリー中央銀行の理事が発表、ハンガリーの経済情勢について説明がありました。こうした会議に政府高官の出席は日本ではあまり聞きません。

ブダペストの建築、都市は、ハンガリー帝国の時の遺産で、壮大、美しい建築と街並みです。インフラ整備、維持管理が適切にされ、歩いた限りではゴミが散らかっていません。ホームレスもほとんど目立ちません。安全な街という印象です。火曜日の夜、参加者全員がダニューブ川のクルーズで食事をしましたが、両岸の建築はライトアップされ、大変美しい景観でした。

様々な分野、立場の方が参加しましたが、会議ではフラットな関係で率直な意見交換をしていました。会議ではこれが大切なことです。

会議場は1日目は、法律大学院の講堂。19世紀の美し建築です。石造り、大理石の仕上げのインテリア、2層の高い天井に圧倒されます。法律大学院がスポンサーの一人です。2日目の会場はIBMブダペスト支店の講堂。古い建物をリフォームしたオフィスです。IBMも会議のスポンサーの一人です。

会議の前日の月曜日は名刺交換のレセプションで、スポンサーの一人の大手法律事務所の受付ホールで開催。挨拶に立った代表弁護士は女性、多くのスタッフの弁護士は女性で、ホステス役を務めました。その後場所をハンガリー料理にレストランに移動し、夕食会。6人掛けのテーブルが7つ。指定席で、私の席は、ニュージャージー大学の女性学長とブダペストの法律大学院の教授(女性)、駐ハンガリー、アメリカ大使館の通商担当書記官(女性)、ハンガリーのIBM幹部などでした。法律大学院の女性教授の話では、女子学生が半数以上在籍し、女子学生は優秀で、弁護士試験にも女性が多く合格しているそうです。女子学生を差別したどこぞの医科大学のアホバカ理事長や学長(普段は俺は医者だ、理事長だと威張っていたのでしょう、要は、肩書で人を見てはいけないという実例です)に聞かせたい事実です。

女性の社会進出という点で気づいたこと。入国すると、入国審査を受けます。4つのブースが稼働中で4人の審査官が担当していましたが、すべて女性でした。右側に拳銃、左側に警棒を持ち、制服、制帽姿はなにか日本のコスプレを見ているような雰囲気でした。

ニュージャージ州の元副知事(女性、弁護士)、ニュージャージー州の上院議員(若く、ハーヴァードで2つの学位、タフツ大学のフレッチャースクール(外交防衛の専門大学院で、日本から毎年外務省、防衛省の若手官僚が留学しています)卒の立派な経歴、噂で、次の州知事選挙に出馬するそうです)、州議会の下院議長(女性)など政界からも参加し、立派なプレゼンをしました。

日本での会議に参考になります。後日、続きの報告をします。

 

 

 

ニューヨーク市視察、世界ナンバーワンの都市

9月1日(土)朝羽田を出発、ニューヨークを訪問しました。単身、取材です。正味5日の滞在。多くの方に面会しました。1990年殺人事件の犠牲者が2245人。その後、治安対策、観光政策、都市開発、文化芸術政策などでニューヨークは間違いなく世界ナンバーワンの都市になったと言えます。東京都も国もニューヨーク市の都市政策を学び、実行すべきです。

世界中から多くの観光客が集まり、にぎわっています。多くの美術館、劇場などに観光客が訪問しています。市税収入は莫大です。

元、ニューヨーク・ニュージャージー港湾庁の開発本部長に面会、ニューヨーク市内で素敵な公共空間のデザインをしている設計事務所の所長に面会、不動産業者に面会、ニューヨークフィルの幹部(運営部門の幹部とフルート奏者の2人)に面会。マンハッタンの西側にハドソン川が流れていますが、対岸はニュージャージー州。その代表的都市で、マンハッタンへの住宅都市でもあるジャージー市役所を訪問、住宅開発、経済開発の幹部と市議会議員に面会。ジャージー市は以前は工業都市、衰退しましたが、教育、文化、芸術、住宅都市として復興しています。ジャージー市立大学学長(女性)と電話会談しました。多くの美術館や劇場など訪問しました。

暑い5日間ですが、歩き回り、帰国後体重を測定したら4キロ減っていました。毎日2万5千歩歩きました。都議や国会議員の視察も、体重を減らすくらいの行動を期待します。おいしいもの食べ、のんびり過ごし、体重が増えるような視察はノーです。

後日、個別の見どころ、課題について書き留めます。乞うご期待。

ご指導いただいた方、その2.本吉暢浩氏。

本吉さんは1980年代、読売新聞の編集委員、論説委員として都市政策分野でご活躍された新聞記者。いつもお声をかけていただきました。「遊びにいらっしゃい」と気楽に言っていただきました。ご厚意に甘え、光が丘のご自宅に子連れで何回かお邪魔しました。また、読売新聞社の論説室にお邪魔しました。東京問題、日本の都市の在り方など、熱く意見交換しました。本吉さんは読売新聞主催の住宅都市セミナーの主催者、司会者で、いつも招待状をいただきました。私が港区長時代は論説委員が交代で別の方が司会でしたが、私もパネラーの一人として招かれ都心居住について発言させていただきました。

1984年事務所を六本木に構えた時、本吉さんが弊事務所に立ち寄り、事務所の家具など見ながら、「ある組織で家具を処分すると言っているから、僕が紹介するからその不用品となる家具をもらい使ったら」と言われ、すぐその組織に訪問、処分した家具をいただきました。その家具は現在も使用中です。

若手の新聞記者時代の都市問題の取材の思い出話など聞かせていただき、また、建設省や東京都の委員を務めている立場から最新情報を勉強材料にいただきました。大いに勉強させていただきました。

ご指導いただいた方、長谷川徳之輔さん。

これまで多くの方にご指導いただきました。ブログでも時折、指導教官のことをふれました。さらにご指導いただいた方について思い出話を。長谷川徳之輔さん。1990年代、土地問題の評論家としてたびたびテレビに出演。もともと建設省の役人。その後、明海大学不動産学部教授に転身。

1981年の読売新聞マイタウン論文コンクールで一緒に入賞したご縁で個人的に親しくなりました。1982年、株式会社を設立した際、原田さんに仕事をと奔走してくださり、ある都市開発の調査研究の事務局のお仕事を紹介くださいました。何くれとお声をおかけいただきました。1985年頃ボストンに出張に行くということでたまたま東京を訪問していた旧知のハーヴァード大学日本研究所長、ペリー教授を長谷川さんに東京でご紹介。長谷川さん「ペリー先生、何かご協力できることがありますが?」、ペリー教授「ケイミに仕事を出してやれ」と発言され、私がびっくりしました。エピソードです。その後、1995年、建設省が21世紀ビジョン委員会を立ち上げるので長谷川さんから原田さんに委員に就任してほしいと依頼がありました。光栄なことでした。

長谷川さんは即地主義、現場主義の方。土地問題を机上でなく、現場を歩き、その歴史を100年くらいの期間の地図を収集、分析するという手法。様々意見交換というより、一方的に教えていただきました。土地問題を語る際の長谷川徳之輔さんの熱い思いが伝わってきました。大いに勉強させられました。残念ながら2年前にお亡くなりになりました。

長谷川さんの影響を受け、私自身も土地問題について小論を書いてみようと考えております。

1998年建築基準法解説本を書き「民間人のくせに生意気だ」と耳に。

1998年、理工系出版社オーム社から急な依頼で「改正建築基準法の解説本を書いてほしい」と依頼がありました。執筆期間は何度1か月。知人の東京都建築指導課職員のSさんに協力してもらい、2人の共同作業で何とか1か月で書き上げました。出版後、旧知の東京都建築指導部監理課長Mさんから「部下が、原田という民間人が建築基準法の解説本を書いて生意気だと言っているけど、気にするな」とご注進がありました。驚きました。公務員が民間人に対する侮辱です。官が偉い、民間人が法律の解説本を書くなんでとんでもないという意識がとんでもないです。東京都の公務員は一般的に優秀です。しかし、民間にも多くの優秀な専門家がいます。また、様々な経験を持っている民間人が多くいます。そういう認識がなく、ただ公務員というだけで民間人を卑下する公務員は困ったチャンです。研修所、上司などが徹底し思想教育すべきです。

全米、治安上危険自治体トップ100、

ビルダー(建設業)というアメリカの専門業界紙をインターネットで定期購読しています。有益な情報を得ることができます。アメリカはランキングが好きな文化があります。3月6日号で、全米で治安状態が危険なトップ100の自治体ランキングが紹介されました。最も危険な自治体はルイジアナ州モンロー市、2位アラバマ州ベッセマー市、3位イリノイ州東セントルイス市と続きます。有名な自治体で、デトロイト市、セントルイス市、バルティモア市などがワースト100に入っています。また、ワースト100の自治体が多い州はミシガン州、フロリダ州、カリフォルニア州などです。都市を選択する際の参考にしてくださいと記事に書かれています。何でもランキングする文化のアメリカだから、また、何でも率直に語り合う文化の国だからこうしたランキングが公表され、同時に、受け入れられます。一方で、年寄りに住みやすい都市ランキング、若いカップルに住みやすい都市ランキングなど作成され、公表されています。

日本でしたら、該当する自治体の首長、関係者、あるいは、不動産業者や市民が不動産価値が下がるからランキング付けを止めてくれ、はたまた、失礼だと抗議するかもしれません。

政策論文、たくさん執筆しました。これからも構想中です。

若い時から政策提案論文を書いてきました。相当数になります。今年の春は「アメリカの環境政策の経緯」について発刊予定です。昨年は「東京都とニューヨーク市の監査報告書の比較分析」、一昨年は「ニューヨーク市の観光政策と都市開発政策」について書きました。現在は来年に向けて「ニューヨーク市の治安政策」について構想中です。ニューヨークタイムズの記事を30年分分析しています。

「港区の環境アセス制度」、「港区の附置住宅制度」、「品川駅と田町駅の東西自由通路の整備方式」、「北区の景観アドバイザー制度」、「密集地区の居住環境の快適性指標」(これを博士論文にしました)、「23区のバランスシート分析とその活用方策」、をこの20年間に書きました。

さらに、「地域福祉制度」、「コミュニテイカレッジの提案」など30年、40年近く前に書きました。それぞれ1万字から6万字の量です。上記の分野に関心を持つ方が参考にしてくだされば幸いです。

論文執筆は全て、研究費はゼロです。この点、大学の研究者は参考としていただくとよいと思います。また、政治にかかわる方も参考にしていただけると幸いです。区長時代、論文執筆に2,3の区議からイチャモンがありました。港区議会の保守系野党のK氏、文書能力はありません、しかし、私の論文執筆活動にイチャモンを付けてきました。文書を書けないことから私へのあてつけ、嫌がらせだったと思います。また、自民党のK氏、区長になりたかったが、引きずり降ろされ私が突然区長に就任した恨みをずーと抱き続け、私の論文執筆にいつもイチャモンをつけました。本来、行政の幹部も議員も政策論文を書くべきです。

これからもいくつか気になるテーマで小論を書き続けるつもりです。ニューヨーク市の政策、ヒューストン市の政策(都市の発展の理由、1970年全米6位から現在4位、間もなく3位に発展)、若い時見た著名建築の設計理論など。特に海外については私の得意とするところですので、可能な限り書いて残したいと思います。今となっていは論文執筆はボケ防止が大いな意味を持つようになりました。

 

 

様々な都市・建築の視察。

学生時代から区長就任前まで多くの自治体を訪問、所謂行政視察、建築視察をしてきました。恐らくその件数は、東京都庁や区役所の職員の視察件数を圧倒する数と思います。思い出しながら書きます。県庁訪問では、北海道庁、秋田県庁、埼玉県庁、群馬県庁、栃木県庁、茨城県庁、福岡県庁、大分県庁、沖縄県庁など。

政令指定都市では、札幌市、仙台市、千葉市、横浜市(国際会議を開催しました)、川崎市、大阪市、神戸市(国際会議を開催しました)、福岡市、北九州市(審議会委員を務めました)。

そのほかの自治体では、東京都内では目黒区、大田区、品川区、板橋区、墨田区、世田谷区、新宿区、江東区、足立区、北区、山形県酒田市、山形市、沼津市、岩手県北上市、長野市、飯田市、埼玉県浦和市、川口市、川越市、入間市、上福岡市、越谷市、蕨市(審議会委員を務めました)、高崎市、福島県三春町(町長が知人でした)、船橋市(基本構想策定に参加しました)、浦安市、静岡県掛川市(審議会委員を務めました)、奈良市、大津市、金沢市、小松市、長崎市、福岡県椎田町、宮崎市、都城市、熊本県水俣市(視察を朝日新聞のコラムに寄稿しました)、新潟県中里村(浅草の神輿を運びイベントを開催しました)。

海外では、ニューヨーク市(朝日新聞に論説記事を寄稿し、また、専門誌に寄稿しました)、ロサンジェルス市(視察に市警がヘリコプターを出してくれました)、ヒューストン市、ボストン市、ニューオルリンズ市、ブエノスアイレス市(国際会議の際市長宅も訪問しました)、ベルリン市(都市計画局長に案内をいただきました)、ヘルシンキ市(都市計画局長に案内いただきました。また、氏は1998年港区を訪問、私が案内しました)、パリ市(元建設大臣に案内していただきました)、ロンドン市、アムステルダム市、ロッテルダム市、などまだまだありますが。

単に、建築などの視察を含めるともっとはるかに多くなります。

以上のように、港区長就任前、多くの県庁、市役所、海外の市役所を訪問、視察、資料提供を受け、勉強しました。今でも膨大な資料をファイルしてあります。これらの体験は港区長就任後大変役に立ちました。

港区長秘話94、都心居住シンポジウムパネリストとして参加、ベテラン議員からなぜだ?

平成14年の秋、読売新聞からの依頼で都心居住のシンポジウムのパネラーとしての出席依頼がありました。私の関心分野の一つです。区長就任前、港区で定住促進研究会会長を4年間務め、港区の都心居住政策の提案をまとめました。また、ニューヨーク市を中心にアメリカやヨーロッパの大都市の都心居住の実態を視察したり、調査研究した実績もあります。港区の都心居住政策をPRするのによい機会です。また、欧米の都心居住政策を紹介するのによい機会です。と思い、パネリストを引き受けることにしました。

ところが8期のべテラン議員が区長室に来て(頻繁に勝手に区長室を訪れていましたが)なぜパネリストで出るのか?とイチャモン的に聞いてきました。上記の理由を挙げ、説明しました。氏はベテラン区議ですが、こうした知的な活動には関心がないようでした。海外の事例を含め日本での都心居住政策を自分の経験で語れるだけのコンテンツを自ら持っていました。また、読売新聞主催の都市問題シンポジウムは80年代から90年代は私の知人で読売新聞の編集委員、論説委員を勤めた本吉さんが企画、司会進行役で、いつも本吉さんから招待状をいただき、私も頻繁に聴講に行ったことがあるシンポジウムでした。私にとり勝手知ったシンポジウムでした。

ワークライフバランスベストテン、アメリカの事例

安倍総理自ら「働き方改革、ワークライフバランス」を唱えています。大切な政策で、近い将来、日本の社会の在り方の方針を示していると思います。たまたまアメリカの専門誌にアメリカの自治体、ワークライフバランスベストテンが紹介されていました。結論は1位はウィスコンシン州マディソン市、2位ネブラスカ州リンカーン市、3位ネブラスカ州オマハ市、4位テキサス州ラボック市、5位オハイオ州コロンバス市と続きます。理由はマディソン市は、雇用の場が多くあり、失業率は2.2%、市内に芸術、娯楽、レクリエーションの場が多く、バー、レストランも多い。2位のリンカーン市は平均通勤時間が18.9分。1時間以上の通勤時間の市民はわずか5%。東京の大都市の平均通勤時間を考えると驚きは平均通勤時間です。

日本政府もワークライフバランスを進めるために、ワークライフバランスの評価方法を検討する必要があります。

学生時代スウェーデンに技術研修留学し、デザイン事務所で勤務した際、仕事場とアパートの通勤時間は20分。アパート代は自分の所得で十分支払える額。その後フルブライト奨学金でアメリカ、ヒューストンに留学中、インターンで大学の研究所で仕事した際も通勤時間は15分。

そうした体験に基づくと、日本での仕事の仕方、住宅の在り方、ひいては都市整備の在り方を改善すべき課題が多くあります。