カテゴリー別アーカイブ: 地方自治

日経新聞主催の官民連携と地方創生シンポジウム、有意義でした。

1月22日日本経済新聞社が主催し、官民連携と地方連携で実現する地方創生のシンポジウムに出席しました。知人からのお誘いでした。大変有意義な内容でした。特に印象に残ったのは山形県知事吉村美栄子さん、山形市長佐藤孝弘さん、米沢市長中川勝さん、山形女将さん会会長川﨑禮子さん、新庄青年会議所副理事長橋本一馬さんの山形新幹線が在来線でなく奥羽新幹線として高速鉄道にしたい、そのため福島と米沢間のトンネル整備が必要との訴えでした。私は山形県内の自治体に毎年2,3度訪問しますので納得です。サクランボなどおいしい果物、温泉、歴史ある寺社など素晴らしい観光地があります。

その他、地方都市で岐阜県各務原市、岡山県玉野市が地域活性化に関わった企業、ニトリ、アルビオン、三井E&Sホールディングスが表彰されました。地方の都市が頑張りすばらしい成果を出されるのは結構なことです。

欧米では大都市と地方都市がそれぞれ役割の中で頑張っています。私が最初に留学したアメリカ、オハイオ州のウースター大学、オハイオ州の人口2万人の小さな町にある1300人くらいの小さな全寮制の大学ですが、世界中、そして全米の各州から学生が集まっていました。日本の地方の大学や地方自治体が東京に人材を取られると不平不満を言う前に若者が集まる政策を創り、地域活性化をすべきと思います。ヨーロッパも人口800万のスウェーデン、500万人のフィンランドなど小さな自治体がそれぞれ特色を出しながら頑張っています。

話変わりますが、港区長時代、読売新聞社主催の都心居住シンポジウムが開催され私がパネリストに招かれました。私は区長就任前、港区の定住促進研究会会長を務め、また、諸外国の都心居住の研究をしていた経験から相当なデータを個人的に持っていました。そういう点でパネリストの候補者の一人として適任者かと自負しました。大いに諸外国の事例などご紹介させていただこうと思いました。すると、なぜか港区議会のベテラン区議が私に対し「なぜ出るのか(怪しからん)」とイチャモンを言ってきました。そうした知識を持つ専門家で首長だから声がかかったと思います。ご本人がそうした専門知識を理解できないのでしょう。ご本人は自分の口で、「俺は早稲田の政経卒、千葉大の工芸卒」と発言していましたが、ご本人から学生時代の昔話は無し、本当に大学に籍を置き、通っていたのか??の気持ちを抱きました。首長は自分の言葉で自分のまちの将来像を饒舌に語れないといけません。そういう能力、思想、知見は必須です。

 

 

官製談合摘発続く、港区役所でも官製談合、区長自ら改革

1月24日、大阪市役所建設局に官製談合容疑で大阪地検特捜部が家宅捜索に入りました。もっとも、以前厚生省の村木局長を冤罪で逮捕、検事が証拠捏造し人権侵害した犯罪組織と言える大阪地検特捜部が犯罪捜査する資質があるのですか、反省の気持ちがあるのですか特捜部長に聞きたいですが。犯罪を犯した出所した元特捜部はずうずうしく弁護士として復活しようとしていますので呆れてしまします。恥も外聞もない元検事です。話題がずれました。

続いて、2月1日西宮市で下水建設課職員が兵庫県警に逮捕されました。

続いて、2月3日磐田市で前副市長、都市整備課長、設備会社幹部が静岡県警に逮捕されました。

続いて、2月9日長岡市で幹部や県議会議員秘書などが新潟県警に逮捕されました。

よくこれだけ短期間に談合事件の摘発が続いたと感心??させられます。

原田敬美のブログに以前書きましたが港区役所で官製談合がありました。複数のルートで私に情報提供がありました。ベテラン区議(元区長S氏の盟友:S氏が自らそう発言しました)が主導する官製談合が長年にわたりありました。(と複数から情報提供がありました)私はまず契約改革をしました。設計やコンサルタントの発注は入札を止めプロポーザル方式を採用しました。価格でなく提案内容を審査する方法です。工事も可能な限り入札でなく会社の姿勢、能力、ヤル気、担当予定者の資質などを評価する総合評価方式を採用しました。契約課、施設課などの幹部職員も積極的か消極的か別として官製談合に協力していました。(私の指示した情報が当該議員に伝わっていたので職員がつるんでいたのでしょう)不正に手を貸すバカ職員が港区役所にいました。私の契約改革について共産党区議や監査好きなオンブズマンを称する区議が区議会で反対の質問をしたのには驚きました。

私は立場上、警察や検察、公正取引委員会に情報提供しました。残念ながら警視庁、検察は忙しいのか、区役所の不祥事に関心がないのか、反応がゼロでした。公取は行政委員会ですので委員長に私は直接クレームを出しました。当時の助役(現在は名称は副区長)や部長達は官製談合の改善に全く無関心、というより少なくとも不正に消極的に協力していたのでしょう。ほとんどの幹部は入札制度を改善しようとする意識に欠けていました。

不正に関係していた勢力は、原田は危険人物と思ったのでしょう。その後の動きはご承知のとおり。

ニューヨーク市の文化芸術政策、日本にない貪欲さ

ニューヨーク市の文化芸術は世界でトップの一つです。美術館、クラシック音楽、ミュージカル、バレー、芸術分野の大学の多さ、画廊の多さなど様々な分野で世界をリードしています。アーティストが勝手に動いてトップになっているわけでありません。政治、政策がしっかりしています。

ニューヨーク市役所の文化芸術の予算です。2018年美術館や文化芸術に関係する人材の支援のため200億円の予算を付けました。仮にニューヨーク市の予算規模5兆円とすると0.4%です。

2006年12月に発行されたニューヨーク市の文化芸術の基本戦略の報告書を読みました。(ニューヨーク市役所の元高官からいただいた資料です)①文化芸術を「産業」と位置付ける。②2005年文化芸術活動のニューヨーク市全体の経済波及効果は2兆円以上、雇用創出は16万人、文化芸術分野で支払われた賃金8000億円、文化芸術分野からニューヨーク市役所の税収900億円。

東京都庁、文化庁など是非ニューヨーク市の文化芸術政策を参考にしていただき東京をアジア地域の文化芸術の一大拠点に育てていただきたいと期待します。そのトップには能力、人格の優れた方に就いてもらわないといけません。数年前週刊誌で報道されましたが、自分の弟子を愛人にしセクハラ、パワハラで二期会会長を首になった芸大教授がいましたが、そういう人材が文化芸術のトップに立たないような仕組みづくりが本当は必要です。

ニューヨーク市で事件発生、市長・警察委員長が即記者発表

2月12日火曜日ニューヨーク市クイーンズ区の携帯電話販売店でピストル強盗事件が発生し、私服警察官が最初に駆けつけ、その後応援の警察官が駆けつけました。そうした混乱の中、警察官が発砲した際同僚の警察官に当たり私服刑事が死亡しました。気の毒な事件です。市長(警察のトップ)は直ちに病院に駆けつけ遺族にお悔やみの言葉を伝え、かつ、直ちに記者会見しました。同様、オネイル警察委員長(東京都公安委員長のような立場)も記者会見で事情説明しました。組織全体のトップと警察組織のトップが直ちに記者会見した(アメリカではいつものことですが)ことは、日本の警察、行政、企業のトップは見習うべきです。

日本では事件が発生すると、記者が捜査担当の中堅幹部に夜討ち朝駆けで取材をし、「警察関係者の話では・・・」と間接情報であり、かつ、情報提供をもったいぶっています。市民の関心の強い事件があれば直ちに公安委員長、警察本部長などが直接発表する仕組みにするべきです。特に不祥事の際トップは直ちに説明責任を果たすべきです。昨年の大阪府警富田林署で容疑者の逃亡事件で大阪府警本部長が公の場で謝罪したのは10日もたってからでした。トップにふさわしくない資質の方でした。

 

ヒューストン市が2つある?!アラスカ州にも

テキサス州ヒューストン市は現在人口200万人。全米第4位の大都市です。1970年頃は人口100万人。全米第6位の都市でした。私は1970年にヒューストン市を訪問しました。ウースター大学の友人宅でホームステイしながらヒューストン市を調べました。これからヒューストンは発展すると確信し、1974年フルブライト奨学金をいただきヒューストン市にあるライス大学建築大学院に留学しました。私の予想は当たり、ヒューストン市は発展を遂げました。近々シカゴを抜き第3位になると言われています。

ヒューストン市の経済発展の背景にある政策について調査しようと思っております。ライフワークの一つです。その手掛かりにヒューストン市の総合計画(Comprehensive Plan)を勉強しようと思い、インターネットでアクセスしました。美しい報告書にアクセス、コピーしました。出張予定でしたのでコピーを鞄に入れ、新幹線の中で読み始めました。何かおかしい、と思い始めました。よく見るとアラスカ州にあるヒューストン市(というより村、英語名ではCity of Houstonと書かれています)、人口は200万でなく2000人です。日本なら集落規模でしょうか?同じ名前の自治体に間違ってアクセスし、驚きました。しかし、美しい報告書に出会い、また、人口2000人の小さな自治体の総合計画の勉強となりました。同じ名前の市の存在に驚きました。

今年1年かけヒューストン市の発展の背景にある都市政策を調べるつもりです。

港区副区長の挨拶、六本木での客引き対策について、実態と乖離

平成31年1月17日(木)六本木商店街の新年会が開催されました。地元ですから参加しました。副区長のO氏が港区長の代理で挨拶しました。「客引き対策について条例に基づき実施しております。」との内容でした。実態とあまりにも乖離があります。副区長は実態をご存じないのか(きちんと調査すべきでしょう、あるいはご自身が現場を見るべきです)、あるいは、あえて嘘を言っているかどちらかです。がっかりです。

私が目撃した状況の一実態です。平成30年5月12日(土)朝8時6分、六本木交差点(交差点にいるのですから驚きです)芋洗い坂角で4人のアジア系女性が立っていました。内2人は白人を捕まえ腕を組みどちらかに連れて行きました。8時10分、六本木5丁目のロアビル前にアジア系女性が1人立って獲物を狙う目つきで歩行者を見ていました。六本木5丁目交差点のユアビルのファミリーマートコンビニの前に4人が立っていました。

数年来のいつもの光景で、立っている女性の顔をほとんど覚えています。副区長の挨拶に違和感を感じました。港区長のアリバイ作りです。

もう一つがっかりした事。六本木5丁目2にほうらいやビルがあります。その近くで2人の女性が立っていました。なんと麻布警察署の地域係警察官2人がすれ違いましたが、職務質問のせず、素通りでした。麻布警察の実態です。以前ブログに書きましたが、知人の熟年の政党職員が背広姿で自転車に乗り六本木交差点を通行したら警察官から職務質問をされました。氏曰く「バカじゃないの、おそらく新米警察官が度胸試しでどうでもよさそうな私に職務質問したのではないか。」と語っていました。立派な紳士を職務質問し、アジア系女性の立ちんぼの前は素通り。警察官の職務としてあまりにも乖離があります。麻布警察署はしっかり対応すべきです。二ューヨーク市の治安政策について10万字の論文を書きました。4月に発刊予定です。90年代のニューヨーク市警察局の地域パトールの実態を見ると、麻布署のパトロールの実態は不合格と言わざるを得ません。益々六本木の治安が悪くなります。麻布署に対する一区民の実態報告として警視総監、警務部長、地域部長にお伝えしましょう。

 

港区最高幹部の人権侵害

広報みなと平成30年(2018年)11月21日号は人権週刊特集でした。啓発活動重点目標に「みんなで築こう人権の世紀、~考えよう相手の気持ち、未来へつなげよう違いを認め合う心~」と記述されていました。これは港区の元最高幹部や現在の最高幹部にお返ししたい内容です。

私の区長時代、元区長S氏から「海外留学したという経歴を語るな」と言われました。私の趣旨は、「建築事務所の社長でしたが頼まれ区長になりましたと言っても区民はあまり信頼を寄せないと思います。3回海外留学した挑戦心旺盛な人間です、ご安心ください。区政の分野で何でも挑戦します。」ということです。

元区長S氏は中卒で港区に就職(夜間高校、夜間大学卒)で立身出世の人物です。私と全く異なる人生の方です。人生様々です。異なって当然です。S氏はこうした異なる人生があることを理解しようとしなかったようです。私は学生時代、海外留学をめざし勉強し、特に全額奨学金が頂けるフルブライト奨学金留学でアメリカの留学することが学生時代の最大の目標でした。フルブライト留学は私の人生そのものです。国内外で多くの友人と出会いました。

私の区長時代、区長を支えるべき最も重要な政策経営部長というポストがありました。当時のN部長氏は「フルブライト留学を口にしないでください」と私に言ってきました。フルブライト同窓生に対する侮辱です。

今日、出自、属している宗派、性的指向などで差別してはならないという考えが重要視されています。そうした時代にあって自ら最も誇りにしている経験を口にするなというのは、出自、属している宗派、性的指向を言ったらダメと言っているのと同じです。私の人生を否定する、自らが最も誇りに思っていることを否定する発言は人権侵害です。N氏はその後副区長、現在は港区の文化団体の理事長を務めています。こうした意識の人物が港区の最高幹部にいたというのは驚きです。

口でいくらきれいごとを言っても、実際の行動が大切です。港区の最高幹部はこの程度の意識の人物だったということです。残念です。

仮にですが、どなかたが「あなた港区役所に勤めないで他のやることなかったの?」と言われたら不快に思うでしょう。これは人権問題です。

 

ニューヨーク、地下鉄・バス24時間運行。東京は深夜は運行せず。

2018年9月ニューヨーク市への取材の帰りのことです。ニューヨークの出発が予定より2時間以上遅れ、当初の予定では夜9時半羽田空港に到着予定が11時半過ぎとなりまた。入管、税関の手続きを経て外に出たのが深夜0時過ぎ。公共交通機関がありません。タクシー乗り場は長蛇の列。これが世界都市と称される東京の現実です。

東京都の役人も国交省の役人も国会議員も知らない、あるいは、知っていても発言は聞こえません。ニューヨーク市は地下鉄、バスが24時間営業。50年前ニューヨークに行き、地下鉄、バスが24時間営業していることに驚きました。また、1971年ストックホルムに留学した時も人口80万人の市で地下鉄は24時間営業でした。世界の空港は24時間営業。したがって公共交通機関も24時間運行。東京で24時間運行がどうしてできないのか不明です。

私は自宅が都心ですから、我慢してタクシーを待てば1万円程度で帰宅できます。それでも大金ですが。(遅延のお詫びでタクシー代は全日空が支払ってくれました)外国人で高級ビジネスマンは問題ないでしょうが、若いバックパッカーやギリギリの費用で旅行している外国人は困ったと思います。タクシー代が高すぎます。また、すでに予約したホテルに無事にチェックインできたかどうか。

こうした実態を東京都観光部の職員、観光庁の職員はおそらく知らないでしょう。高度な難しい公務員試験をパスして就職した方々ですが、旅行の現場を学んでいないでしょう。大いに学んでほしいと思います。そして不便がないような施策を実施してほしいと思います。「おもてなし」など心地よい言葉を発していますが、実態とのかい離はかくも、と言った状況です。デタラメ言うな、と怒りの気持ちです。

港区長秘話、秘書の資質、新年会のルート作成で判断ミス

新年会シーズンです。港区長時代、約300近くの団体から招待がありました。時間が重なる都合で実際出席できるのはその半数でした。毎晩、新年会出席のルートを秘書が作成してくれました。車の移動時間含め1か所あたり20分~30分程度です。1か所で挨拶、多少の名刺交換などで5分から10分滞在、それから次の会場に移動です。地理的条件や組織規模、行政との関係の程度などから新年会のルートを作成します。夕方、予定表を渡され、その順番で新年会場を訪問、回ります。

会場が道路のそばであればその日程表で問題ありません。問題は港区固有の状況で、大型ホテルや高層ホテルの会場の場合です。たとえば、ホテルオークラ。当時は本館と南館と2つありました。本館の玄関に到着し、それから南館に移動し、さらに上階に移動するとそれだけで5分から10分を要します。当時私はホテルの廊下をジョギング、マラソン状態で小走りで移動しました。息を切らしながら会場に到着しました。受付をし、会費を払い、会場に入り、挨拶をすると、秘書が作成した日程表通りでは移動できないことが判明しました。秘書は地図上の点から点への移動ルートを勘案し、施設内の移動は無視して日程表を作成していました。秘書に、大型施設での新年会の場合、施設の中での移動を考慮して新年会のルート、時間表作成してください、と指示しました。実態を勘案せず机上の作戦で日程表を作成したミスでした。

 

港区長秘話、区長秘書の資質、出張費について?

港区長時代、秘書の任命について、将来部長級になる素質を持つ職員を秘書にしてほしいと助役に指示しました。数年前の武井区長の秘書は現在部長級ですから、私のアイデアのパクリと言ってもいいかもしれません。秘書は係長級ですので人事課長の仕事。私の指示に反し、そうした資質の人物でない職員を配属してきました。残念ながら週1回ミスをしていました。

ある時区民クラブという会派の研修合宿が湯河原温泉であるとのことで区長にも参加要請がありました。東京・湯河原間の時間表を調べると、熱海まで新幹線で行き、湯河原に一駅戻るのが最も早いということが分りました。秘書に聞くと、そういうルートの交通費は出ないとのこと。また、湯河原駅から温泉旅館まではバス路線がありますが2時間に1本程度で長時間バス停で待てませんので、タクシーで旅館まで行きました。私の場合、夜の公務が港区内でありましたので、研修会場で挨拶した後、東京に戻る必要があり、旅館から湯河原駅までタクシー利用しました。秘書に聞くと「バス路線があるのでタクシー代は出せない。」とのこと。差額は自腹としました。融通が利かない人物と思いました。一方で、秘書が区長に渡す資料を忘れると、秘書は区長車の運転手を呼び出し、区長公用車を書類運びに不適切利用していました。本来自分のミスですから自腹でタクシーで私に持ってくるのが筋です。助役に何度か注意をしましたが、改善されませんでした。彼個人は公務員として真面目に仕事をするタイプと思いますが、秘書に不向きな人物と思いました。武井人事課長の配置でした。