日別アーカイブ: 2018年6月19日

6月17日(日)朝10時六本木ロアビル前に中国人女性客引き

6月17日(日)朝10時頃出勤。六本木の交差点から東京タワー方向に向かい歩きました。オールナイトで飲んでいた人たちがぶらぶら歩き、歩道は賑わっていました。外苑東通りを東京タワーに向かい右側(西側)の歩道を歩きました。六本木の有名なロアビルに差し掛かりました。ロアビルの端にある花壇に3人の中国人女性客引きが座って獲物を狙うがごとく眼付けしていました。数年来いつも見ている様子なので女性たちの顔を覚えてしまいましたが。

こうした状態こそ、武井区長や麻布警察署長が対応しなければいけません。放置状態が続いています。「壊れ窓理論」(アメリカの犯罪学者ジョージ・ケリングが提唱しました。)がありますが、武井区長も麻布警察署長もご存じないのでしょうか?あるいは知っていても無視しているのでしょうか?

壊れ窓理論は犯罪が激化した1970年代から90年代までのニューヨーク市にうまく当てはまります。治安が悪化する経過は、①建物の窓が壊れ、放置すると、犯罪者はここは誰も注意を払わない地域だ、だから犯罪をしても大丈夫だ、と認識します。②また、ごみのポイ捨てが始まります。(六本木はまさにこの状態です)、③来街者もそうした意識になります。④次第に凶悪事件が増加します。ということです。治安を回復させるには、①軽微な犯罪でも取りしまる。②パトロールを強化する、という内容です。ニューヨーク市では実際、地下鉄の無賃乗車で逮捕、信号無視の歩行者を逮捕、など軽微な行為でも見逃さないぞと強硬手段を取り、治安を回復させました。

治安は悪化してから回復させるのは大変です。ニューヨーク市はじめ世界の大都市が経験済みです。区役所、麻布警察署は対策を進めてください。

フルブライト奨学生の壮行会、49名日本人奨学生

6月15日(金)フルブライト交換留学奨学金を得てこの秋アメリカに留学する奨学生の壮行会が六本木の国際文化会館で開催されました。後輩への激励、交流のため出席しました。アメリカ側から国務省の担当局長の教育文化局担当次官補マリー・ロイス女史がワシントンから来日、ご挨拶されました。日本の文部科学省から国際統括官(フルブライト委員会委員長:日米教育委員会)川端和明氏がご挨拶しました。面白いユーモアに富んだご挨拶でした。さらに、日本人留学生を代表し女子学生が上手に英語で感謝のスピーチをしました。彼女はフルブライトの面接試験の時の体験に加え、さらに度胸を積んだことと思います。

49名の日本人留学生は、留学を直前に控え高揚感と緊張でいっぱいのことと思います。留学生は文字通りの学生に加え現職の大学教授、高校英語教員、新聞記者、弁護士(アメリカでも弁護士資格を取りたい、また、3歳の子供連れで留学する女性弁護士もいます)など社会の第一線で働く方も多くいます。

さらに嬉しかったのは、私の母校ライス大学大学院に留学する学生がいたことです。政治学専攻です。ライス大学は学生数4000人程度の小規模大学ですが、総合大学で音楽部、政治学部もあります。建築学部(日本と異なり実際は専門職大学院です)の学生数は75名程度、教授は15名です。教授一人当たり学生5人で、この比率はおそらく全米でトップと思います。また、立地するテキサス州ヒューストン市は、多くの日本人のイメージとして「砂漠のど真ん中」と抱いているようですが、人口200万人、全米第4位の大都市です。間もなくシカゴを抜き第3位になると予想されています。私は1974年にライス大学に留学しましたが当時は人口100万人、全米第6位の規模でした。アメリカの友人たちからヒューストンはさらに大都市に発展するだろうとの予想で、建築と都市を研究するのに適切な都市と見做し、ヒューストンのライス大学を選びました。ヒューストンのイメージが正確に日本に伝わっていないのはマスコミのステレオタイプの報道(ワシントン、ニューヨーク発が中心)が原因と思います。

レセプションのホストとして元国連の事務次長をお勤めになった、フルブライト留学生の先輩の明石さんも参加され、記念写真に納まっていました。今回の会場となった国際文化会館の理事長です。明石さんは「港区の国際化の対応の消極姿勢、港区幹部の国際化に向けての意識の低さを心配している」と私にささやいております。

私はフルブライト同窓会前会長です。こうしたレセプションを利用し、新規留学生に「帰国後は是非同窓会に入会し、活動に参加し、同窓会を支えてください。」と個別にお願いしております。「はい、わかりました。」とご返事をいただきます。しかし、帰国後、若い方はほとんど同窓会活動に参加してくれません。

もう一つ、不満のつぶやきです。私の学生時代の夢は「フルブライト奨学金をいただきアメリカ留学し、最高の先生の下で建築を勉強すること」でした。指導教官のおかげで実現しました。ところが港区長時代、元区長S氏から留学の経験を話すなと言われました。私は「建築事務所の所長だった人間が区長をやって大丈夫か?と不安に思う職員や区民がいるだろうから、挑戦心に富んだ人間です。安心してください。」というメッセージを込め、時折、留学体験を話しました。また、区長を補佐すべき政策経営部長N氏は「フルブライト留学なんて語るな」と言われました。学生時代の人生のかけての挑戦に対しイチャモンをつけるのですから。驚きました。嫉妬、ヤッカミの類でしょう。現在、この程度の意識の人物が港区の文化、交流部門の財団の理事長を務めているのですから驚きです。港区は異文化理解と区長などが唱えていますが、内容、実行の伴わない空念仏です。残念です。