日別アーカイブ: 2019年3月19日

TEDx Fulbrightのスピーチイベント、原田もスピーチ

TEDx Fulbrightというイベントが東京都港区にある政策大学院のホールで3月17日開催されました。世界中で開催されているイベントです。フルブライト留学生として留学した経験者が幹事となり異文化理解の促進を目的に開催されています。

今回はFind the Pathというテーマで9人がスピーカーを務めました。6人が女性、3人はアメリカ人、1人は車いす障がい者。スピーカーの①赤津晴子女史(国際医療福祉大学医学部教授、「医学教育で世界に橋を架ける」フルブライト留学生としてアメリカで医学を学び、25年間アメリカで医学教育をし、日本で国際基準での医学教育をしたいとの国際医療福祉大学からスカウトされた方、②吉兼周優、「課題解決のソーシャルデザイン」、③Yuki Minami,アメリカ国籍、元アメリカ海兵隊員として3.11の救助作戦に参加、現在九州大学大学院で日本文学を研究、「マイノリティに秘められた力と可能性」、④Emily Cole,フルブライト留学生「すいません、写真を撮ってくれませんか」ジャグリングを通して日本人とコミュニケーションを図る活動、⑤原田敬美「市民との架け橋の設計手法」、フルブライト同窓会前会長、⑥田中元子、「マイパブリックとグランドレベル」建物の1階を公共的な用途に変え町に賑いを創る活動、⑦疋田万理「あなたは本当はニュースを求めている」、⑧Mark Bookman、ペンシルベニア大出身、東京大学先端科学技術研究センター、「希望としてのパラリンピック~アクセシビリティの過去、現在、未来~」、⑨小島慶子、タレント、「女らしさ、男らしさの押し付け合いを超えて」。

近々ユーチューブで世界中に放映されます。異文化理解に大いに役に立ちます。運営はボランティア方式です。留学したい、海外のことを知りたいと熱意ある高校生、中学生もボランティアとして参加しているのに驚きました。こうした意識の高校生がいるなら日本の将来は大丈夫と。

異文化理解の意識の低い、元港区長や副区長ら最高幹部に彼ら彼女らの爪の垢を飲ませたい気持ちです。私のスピーチ内容について後日寄稿します。

ジョージア首相来日レセプションに出席

2019年3月15日ジョージア(旧グルジア)首相マムカ・バハタゼ氏が来日、「ワインの国」の紹介のレセプションが開催され招待され出席しました。ジョージアは9000年前からワインの醸造をし、長い歴史を持つ国です。大使から聞いた話ですが、山梨のブドウの原木はジョージアからもたらされたそうです。冷戦前はソ連の一共和国でしたが、独立し、ジョージアと名前を変えました。ロシアとトルコに挟まれた重要な地理的な場所に立地しています。日本と同じ価値観を共有し、経済交流促進のための首相自らのセールス活動です。

ジョージアのワインの紹介、ジョージアの歌、民族舞踊の紹介など賑やかのショーがありました。民族服を着た11人の男性合唱団は日本の木遣り歌のような歌を披露、また、君が代を合唱し、日本人参加者を驚かせました。

大相撲では栃の心やガガマルはジョージア出身です。

個人的には、ダヴィタイアというジョージアの代表的建築家と30年来のお付き合いがあります。

レセプションで隣り合わせになったジョージアの若い女性と会話しました。日本に留学し、公共政策の勉強をしているとのことです。日本について父親から聞いた話で、「日本人は勤勉で、明治維新以降、また、第二次大戦以降経済復興を成し遂げた素晴しい国だ」と聞かされ、日本で勉強したいと思ったそうです。世界から尊敬と注目を集める日本になってほしいと思います。

会場となったホテルの警備が異様に厳重だと感じましたが、翌日、朝刊を読んで納得、同じホテル内のレストランで安倍総理が夕食中でした。