日別アーカイブ: 2019年5月13日

港区長時代、演歌を歌えとお説教

港区長時代、新年会の出席は、招待状ベースで300か所。実際、時間の制約で出席できるのがその半数です。新年会では、場合によりカラオケで何か歌ってくださいと依頼されることも多くありました。私にとり懐メロは留学時代、レポート書きで徹夜しながら聞いたラジオから頻繁に流れてくるアメリカの人気音楽です。ご愛嬌で、アメリカの歌を歌いました。すると、元区長S氏が「演歌を歌え」と助言?お説教?。私は無理して、あるいは、恰好をつけるためにアメリカの歌を歌ったわけでなく、文字通り私にとり人生の歌、苦しい時に聞いた思い出の曲です。私の人生、文化を否定されたような思いを抱きました。異文化を受け入れる包容力が必要です。

留学中の恋愛、要注意

日本人の女子学生が留学先のフランスで殺害された事件がありました。これからという人生で、お気の毒なことです。

私は20歳の時アメリカに交換留学しました。22歳の時スウェーデンに交換留学しました。25歳の時、再度アメリカに交換留学しました。恋愛というよりお付き合いは全く眼中にありませんでした。主たる、かつ、絶対的な目的は勉強にあるという信念でした。もう一つは、勉強が大変で他のことに割く時間はほとんどなし、と言った状態でした。異性とのおつきあいの仕方について出身地域、国でだいぶ異なります。留学においては、主たる目的が何か、あらゆることの前に優先的に考えるべきです。また、恋愛には少なからずリスクが伴うことも認識すべきでしょう。留学前にこうした実生活上のオリエンテーションも必要と思います。