日別アーカイブ: 2019年6月16日

ブルガリア建設省職員、研修で来日、家族で食事招待

ブルガリア建設省幹部職員2人(女性)が日本の住宅政策を勉強しに来日しました。6月10日から15日まで研修で超多忙な日程のようです。帰国前の15日(金)の夜だけ空いているとのことで、家族で日本レストランに招待しました。1人の職員は、私がブルガリアの国際建築アカデミーで客員教授を務めており、時々ブルガリアを訪問する際、ボランティアで空港まで出迎えに来てくれました。研修テーマはAffordable Housingです。公的住宅、社会住宅です。多摩ニュータウンの視察もしたそうです。参加者の国籍は東南アジア、アフリカ、メキシコなどでした。それぞれの国で住宅問題の状態、その原因、背景は異なりますので勉強になったとのことでした。ブルガリアの公的住宅について質問しました。2%程度だそうです。ちなみに港区は公共住宅と附置住宅と合わせると以前の状態は雑駁な数字ですが15%程度です。女性幹部職員でしたのでブルガリアでの女性の社会参画について質問しました。正確な数値は不明ですが、結構女性が頑張っているようです。大学入学では男女比が半々になるよう政策的に配慮しているそうです。確かにブルガリアのソフィア工科大学で講演すると女子学生、女性建築家など多く見かけます。ブルガリアは今バラの季節。夏も適度に涼しいそうです。人口600万人の美しい国です。ぜひ、ブルガリアを訪問してください。