CNN、プーチン特集。世界最強の権力者、独裁者

3月25日午前10時頃、アメリカのCNNを見ていたらプーチン特集でした。世界最高の権力者、独裁者というスタンスの特集番組です。

番組の内容の一部です。プーチンが長年トップとしてロシアを支配してきたこと。所有する資産の想定額。豪華な別邸を20か所持っている、などなどでした。クリミヤの併合もやりました。モスクワ市内でプーチンが車列で移動する際は多くの市民が住み、行き交うはずのモスクワ市で人が見えなくなります。(警備上の理由で、道路に周囲に厳重な規制線を設置、テロなど恐れ市民を近づけさせないのでしょう。また、沿道の建築の窓はすべて閉じられ、市民が窓からプーチンに手を振ることを許さないのでしょう。さらに、暗殺された反プーチン派の人物のガールフレンドのインタビューで、別れ際の暗殺の状況について説明していました。監視カメラがいたるところにあるのに、暗殺の場面の画像がないという不思議の指摘。また、反プーチン派のプーチンに対する抗議デモに対する警察の弾圧。などなど。

感想です。日本のマスコミはアメリカの大統領や政治・社会問題を多く取り上げます。(私も体験しましたが、アメリカは当局が取材に協力的で、情報公開が進んでいますから、取材がしやすいということがあります。警察官も現場で気楽に事件の取材に応じます。政治家も、市長もどんどん喋り捲ります。どちらかというと、日本のマスコミはアメリカに批判的な報道が多いような気がします。日本のマスコミで、プーチンや中国の指導者、北朝鮮の指導者の実態を批判的に報道することはまずありません。アメリカ大統領の批判をしても暗殺される心配はありません。プーチン、中国、北朝鮮の指導者の批判記事を書くと、暗殺の恐れありと、特派員追放の恐れありと日本のマスコミは独裁者の国の批判報道を避けているのでしょう。たとえ話。暴力団事務所の前で「暴力団出て行け」と声を出しません。暴力団事務所から100メートル離れた暴力団事務所に声が届かないところで「暴力団出て行け」と叫ぶのと同じです。

感想2。CNNはトランプ大統領が「偽ニュース」と批判し、犬猿の仲ですから、トランプ大統領がCNNに対し、プーチン批判の番組を作れと指示していないでしょう。アメリカのマスコミは自由に報道することが根本にあります。

石原元都知事が週2回の出勤、ファーストクラスでの豪遊などマスコミは批判記事を書きませんでした。取り上げたのは共産党。一般紙は書きませんでした。一般紙は石原知事の権力、存在感に及び腰、負けていました。原田港区長なぞ、政治経験がありませんから、一部マスコミは、私に取材もせず一方の側の取材だけで原田批判を好き勝手にしていました。マスコミの狡さ、愚かさを体験しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>