ニューヨーク市の犯罪減少、一方、ロンドン市は急増

2018年6月1日ニューヨークタイムズに、ロンドン市の殺人件数が急増しているとあります。前年比44%の増加です。30年前1988年ロンドンを訪問し、友人のO氏(当時イギリスの軍事大学に研修留学中)に案内いただいた際、ロンドンにはアメリカと異なりスラムのような地区はなく、安全な都市であると説明を聞きました。ニューヨーク市は1990年の2245人をピークに最近は殺人事件がない日もあります。「激減」しました。一方ロンドンでは急増。

治安問題の安定化は時間を要します。私が仕事する港区の六本木地区も犯罪が増加しています。犯罪を起こさない環境整備が必要です。行政や警察の真摯な取り組みが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>