訪日外国人の増加、行政の観光政策は後手後手

東京都へ来訪した外国人観光客は2017年1377万人。率直なところ、東京都の観光政策が有効に働いたというより、国のビザ緩和策が最も大きな要因です。中国人、ロシア人などに対するビザの緩和が大きいです。また、途上国に対する緩和も訪日観光客増加に大きく寄与しています。観光客が増えるのはうれしいですが、観光政策は後手後手です。観光バスの駐車場は不足、ホテルは不足、案内板は不足、両替所も不足、ボランティアンの観光案内人も不足(私は諸外国を訪問した際の状況と比較してです)。急いで対応しなければいけませんが、東京都観光部職員というより東京都の職員は、海外旅行の経験、観光旅行の経験は限られているでしょうから、自ら何をしてよいのか意識の面で欠けているのではと思います。頑張ってください。必要であれば、私の体験談を無料でお伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>