トルコ、コジャエリ大学国際会議で講演

5月8日から11日までトルコ、コジャエリ大学の招へいで、震災復興、建築、都市政策に関する国際会議に出席、2度講演しました。イスタンブールから東へ100km、トヨタ、ホンダの工場が立地している産業拠点です。15年間大震災で2万人の犠牲者で出ました。人口170万の大都市です。トルコは国立大学、授業料は無料です。コジャエリ大学は学生数7万人の総合大学で、法律、経済、建築学部、美術学部、医学部、歯学部、海洋学部などがあります。

驚きの1、学長、副学長、法学部長、建築学部長、海洋学部長など管理職は女性です。

驚きの2、学生の半数以上は女性、特に建築学部は740人のうち7割が女子学生。

驚き3、コジャエリ市内の幹線道路は2.2km、中央に幅8mの緑地帯、その両側に3車線の道路と歩道、日本にはない道路構造です。

驚き4、工事現場は、完成予想の絵が描かれたシートで覆われ、美しい景観を創出しています。これも日本にはありません。

驚き5、国際会議の発表者は134名、うち半数は女性でした。

コジャエリ市は今後、観光都市、そのために美しい環境都市をめざし、緑化、トレッキングルート1000kmの整備、30の歴史建造物の保存整備、活用、観光客用のホテル整備、海水浴場、スキー場の整備をしています。直接副市長から聞きました。私にあてがわれたホテルは5星のスイートルーム。逆にあまり眠れませんでした。おもてなし、十分計画的な会議運営でした。脱帽でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です