6月17日(日)朝10時六本木ロアビル前に中国人女性客引き

6月17日(日)朝10時頃出勤。六本木の交差点から東京タワー方向に向かい歩きました。オールナイトで飲んでいた人たちがぶらぶら歩き、歩道は賑わっていました。外苑東通りを東京タワーに向かい右側(西側)の歩道を歩きました。六本木の有名なロアビルに差し掛かりました。ロアビルの端にある花壇に3人の中国人女性客引きが座って獲物を狙うがごとく眼付けしていました。数年来いつも見ている様子なので女性たちの顔を覚えてしまいましたが。

こうした状態こそ、武井区長や麻布警察署長が対応しなければいけません。放置状態が続いています。「壊れ窓理論」(アメリカの犯罪学者ジョージ・ケリングが提唱しました。)がありますが、武井区長も麻布警察署長もご存じないのでしょうか?あるいは知っていても無視しているのでしょうか?

壊れ窓理論は犯罪が激化した1970年代から90年代までのニューヨーク市にうまく当てはまります。治安が悪化する経過は、①建物の窓が壊れ、放置すると、犯罪者はここは誰も注意を払わない地域だ、だから犯罪をしても大丈夫だ、と認識します。②また、ごみのポイ捨てが始まります。(六本木はまさにこの状態です)、③来街者もそうした意識になります。④次第に凶悪事件が増加します。ということです。治安を回復させるには、①軽微な犯罪でも取りしまる。②パトロールを強化する、という内容です。ニューヨーク市では実際、地下鉄の無賃乗車で逮捕、信号無視の歩行者を逮捕、など軽微な行為でも見逃さないぞと強硬手段を取り、治安を回復させました。

治安は悪化してから回復させるのは大変です。ニューヨーク市はじめ世界の大都市が経験済みです。区役所、麻布警察署は対策を進めてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>