スポーツ選手とアメリカの大学の指導内容

ゴルフの倉本昌弘氏が週刊新潮で「アメリカの選手はなぜ大学で伸びるのか」(2018年6月28日号)、「ダメだと言わないアメリカ式指導法」(2018年7月5日号)、「大学でゴルフの専門家になれるアメリカ」(2018年7月12日号)と連続でスポーツ教育とアメリカの大学での指導方法の素晴らしさについて語っています。

そのポイント。倉本氏は大卒後すくテネシーに留学した。その理由は「アメリカのゴルファーが大学生になった頃から急速に成長する。その秘密を知りたいと思った。」「アメリカのスポーツ教育の特色は、野球、水泳、テニス、ゴルフ、フットボール、陸上、サッカー、バスケット、レスリングなどいくつものスポーツを経験することができること。」、と書いてあります。同感です。日本は一つの分野にこだわり、横のつながりがありません。

タレントとしても有名だったプロレスラーのデストロイヤー氏に直接聞いた話です。氏はアメリカの名門大学の一つシラキューズ大学、大学院卒。「学生時代フットボールの選手だったが、監督から、タックルの勉強のためレスリング部に入りタックルの方法を学べ、と言われレスリング部でも稽古した。」「たまたま日本でプロレスの興行に参加してはと誘われアルバイトでプロレスに出場、プロレスで有名になったのでそのまま続けた。」とのこと。氏はレスリングの他、野球、水泳の指導員の資格を持ち、地元で子供たちにそれぞれの分野で指導しているそうです。現在年齢的には90代ですから、その年齢で名門大学卒、しかも、スポーツの修士号を持っていることは、日本のスポーツ家と比べ、教養、能力の幅の広さに驚かされます。アメリカではそれが普通です。

アメリカのスポーツ教育の特徴の2。コーチの言葉づかい。教える姿勢。倉本氏は「日本の指導者の大半は欠点を見つけそこを直せと指導する。アメリカのコーチは選手と議論し「何をやりたいか」聞き、コーチは選手をサポートする役割である。命令する立場でない。選手の意志が常に主体である。」と書いています。

「アメリカの大学でのゴルフ教育の特徴。アメリカでは大卒でゴルフ協会の資格が取れる。ゴルフの経営学やゴルフの指導方法を学べる。日本ではそうした教育課程はない。」と書いています。

私の専門の建築教育でも同感。だから私はアメリカに留学しました。港区長時代、元区長S氏(私を後継者に引っ張り出した方)、私の区長時代の政策経営部長だったN氏(その後副区長、現在は港区の文化スポーツ財団理事長)から留学の話をするなとお説教。N氏は、上記の倉本のようなスポーツ教育理論はゼロ。単なる天下り人間。スポーツも文化を理解しない人物が港区の文化スポーツ行政のトップでいます。不適切な人事と言えるでしょう。

数年前柔道連盟で不祥事がありました。その時、女子チームの監督が「ブス、デブ」と言った言葉で女子選手を指導(?)。その監督は退任しましたが(させられましたが)、欧米なら女子選手から人権侵害で監督の柔道連盟も訴えられ高額の慰謝料を払うことになるでしょう。指導者の指導方法を教える教育プログラムがありません。大学などで指導者の指導方法を正課として教えるべきでしょう。この点も日本のスポーツ界は遅れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>