平泉展(へいせんてん)開催中、六本木新国立美術館にて

画家保坂先生が主宰する平泉展が1月23日から2月3日まで六本木の新国立美術館で開催中です。私は建築のスケッチと建築のコンセプト模型を出展しました。建築スケッチは公園内の小建築というテーマで、1つはニューヨーク市の中心街のブライアントパーク内にある公衆トイレです。もう一つは上野公園内の京成線の駅舎です。(現在は使用されていません)

ニューヨークのブライアントパークは1980年代から90年代にかけ、麻薬売人、ホームレスのたまり場でした。一般の市民が気楽に立ち寄ることができない危険な公園でした。今や公衆トイレは五つ星ホテルのような優雅な雰囲気を醸し出しています。正面入ると大きな花が飾ってあります。右に折れ男性トイレ。また、小ぶりですが花が飾って理ます。今や観光客が気楽に使っております。無料です。安全確保のため管理人が一人外でサービスと安全のため、立っております。東京にも観光客や歩行者のため、こうしたトイレがあるとよいと思いました。

上野公園の動物園駅舎は京成線開通に合わせて竣工した駅舎です。90年代まで使われていましたが、車両編成が長くなり、ホームの長さが機能しなくなりました。現在は保存活動が続いております。私の友人が頑張っています。駅舎の屋根はピラミッド型造形です。国会議事堂が駅舎のだいぶあとですから、もしかして動物園駅を参考にしたかもわかりません。事実を知りませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>