ヒューストン市が2つある?!アラスカ州にも

テキサス州ヒューストン市は現在人口200万人。全米第4位の大都市です。1970年頃は人口100万人。全米第6位の都市でした。私は1970年にヒューストン市を訪問しました。ウースター大学の友人宅でホームステイしながらヒューストン市を調べました。これからヒューストンは発展すると確信し、1974年フルブライト奨学金をいただきヒューストン市にあるライス大学建築大学院に留学しました。私の予想は当たり、ヒューストン市は発展を遂げました。近々シカゴを抜き第3位になると言われています。

ヒューストン市の経済発展の背景にある政策について調査しようと思っております。ライフワークの一つです。その手掛かりにヒューストン市の総合計画(Comprehensive Plan)を勉強しようと思い、インターネットでアクセスしました。美しい報告書にアクセス、コピーしました。出張予定でしたのでコピーを鞄に入れ、新幹線の中で読み始めました。何かおかしい、と思い始めました。よく見るとアラスカ州にあるヒューストン市(というより村、英語名ではCity of Houstonと書かれています)、人口は200万でなく2000人です。日本なら集落規模でしょうか?同じ名前の自治体に間違ってアクセスし、驚きました。しかし、美しい報告書に出会い、また、人口2000人の小さな自治体の総合計画の勉強となりました。同じ名前の市の存在に驚きました。

今年1年かけヒューストン市の発展の背景にある都市政策を調べるつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です