映画、グリーンブックを見ました。人権、異文化理解を学びました。

先日、アメリカ映画、グリーンブックを見ました。1962年の実話を基にした内容です。人種差別が激しい時代、ニューヨークで成功した黒人ピアニストが南部にコンサートツアをし、移動の車の運転手(ボディガード兼務)(イタリア系移民の子供)との間に友情、異文化理解が進むというストーリーです。映画の内容は映画批評記事を参考にしてください。

映画のタイトルは黒人用が旅行する際のホテルの案内書(黒人が宿泊できるホテルなどが記載)グリーンブックに基づきます。当時、南部は黒人差別がひどく、バスも白人席、黒人席と別々、レストラン、バーなども白人用の店は黒人が入れないルールでした。また、街によっては黒人は夜間外出禁止という規則がありました。黒人男性が白人女性と恋愛したらリンチに遭うといった状況でした。

私自身、1969年中西部オハイオ州(現在、産業が凋落し、錆びついたラストベルト、スノウベルトと称される地域)のThe Collge of Woosterに交換留学で1年間過ごしました。映画で出てくる州や都市の名前を懐かしく見ました。映画は当時のアメリカ社会を知るに役立つ内容です。また、礼儀正しい、言葉づかいの正しい黒人ピアニストとボディーガードする程度の粗野なイタリア系白人との文化の違いが相互にどのように理解され融合するか、ストーリ展開は興味あります。

留学に際し、率直な気持ち、1945年までアメリカは日本と戦争をし、父親の世代は戦場にいたわけですから、大学で友人やご両親達から旧敵国の日本人留学生、しかも、英語も十分話せず、体は小さい、メガネをしているなハンディだらけで、いじめの対象になるのではと心配しながら大学に行きました。想像と逆で友人から親切にされ、友人宅に招かれるとご両親から暖かいおもてなしをしていただきました。(24年前までは日本軍と戦った方たちです)日本という異文化を十分に理解しようとする意欲、意志を感じました。私自身、グリーンブックの映画の主人公の黒人ピアニストのようにマナー良く接し、言葉づかいも丁寧に話したことが信頼感を寄せていただいた理由かもしれません。とりわけ女子学生に親切にされました。(自慢話しではありません)

話変わり、当時のS区長から突然港区長をやってくれと要請され、社会貢献のつもりで区長に就任し仕事を一所懸命しました。3度の留学、世界最高水準の学問を身に着けた経験を基に、さまざま新鮮な政策を創りました。しかし、3度の留学などの経歴は、学校卒業後港区役所に就職し、港区役所のことしか知らない、知ろうとしない、私を急に後継者に担いだS元区長とり、「異文化」を理解する努力はせず、私を「異質」の物と見たようです。(なぜ後継者に選んだのか理解に苦しみますが)私の区長時代のN政策経営部長(その後、副区長、現港区スポーツ文化財団理事長)も異文化を体験した原田の経歴や意識を毛嫌いし、ある種のイジメに走りました。これが港区の最高幹部の意識と悟った次第です。港区が「異文化理解を進めましょう」「人権理解(さまざまな人間がいることを理解しましょう)を進めましょう」と主張しているのは空念仏です。現在の最高幹部も異文化理解、口で発言しても、心から理解できず、空念仏と思います。グリーンブックの映画、港区の最高幹部や人権担当職員、国際分野担当職員にも見て欲しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です