国際化対応その2:優れたインテリアの住宅と教育環境

東京の国際化の推進のため、配慮事項その2です。日本人は、海外赴任というと単身赴任が結構あります。欧米では必ず夫婦が基本単位です。連れ合いの方が東京を高く評価しないと、東京赴任が成立しません。住宅のインテリア、周囲の住環境が連れ合いの方から評価されないといけません。住まいの天井高さは最低でも2.7m、できれば3mは欲しいです。ホームパーティが社交の中核です。子連れの場合、充実した教育内容で、英語で教育がなされ、世界共通の卒業資格(バカロレア)が取れる状態でないといけません。国際学校がないと、連れ合いの方は、東京赴任を同意しません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です