品川駅高輪口駅前のパチンコ屋、港区の品格いかに?

私の活動拠点は六本木周辺なので品川駅(港区)をあまり利用しません。たまたま出張帰り夜8時頃品川駅高輪口に降り、驚きました。大型のパチンコ屋が2件駅前にあります。学生時代、ギャンブルの町ラスベガスを視察しました。(私はギャンブルをしません)ラスベガス空港の到着し、ターミナルビルに入るとあちらこちらにスロットマシンが設置されていました。ギャンブルの町を連想させます。駅前にパチンコ屋、しかも大型店です、あると、港区の事情を知らない方、特に外国人はここの自治体はギャンブルの町かと勘違いするかもしれません。そもそも主要駅前にパチンコ屋が立地することは都市の品格に関わる問題です。私は規制緩和主義者ですが、駅前に立地するにふさわしい土地利用、相応しくない土地利用があります。パチンコ屋は駅前に相応しい御商売と思いません。

港区長も2人の副区長も都市計画のド素人。港区の品格に関わる問題と意識すべきです。議会でも議論していただきたい課題です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です