建築文化財の価値を理解できない港区幹部

週刊新潮10月24日MONEY欄にホテルオークラ「栄華の跡」というコラムがありました。その2月前その対象である「蔵春閣」の文化財建築について勉強したばかりでした。また、港区政に関わる内容でしたので、関心持ち読みました。所有者が港区のホテルオークラに移築しようとしたら港区役所から断られた、という記事です。「蔵春閣」は文化財としての価値が大変高い近代建築遺産です。

私は港区長時代(2000年から2004年)、港区には260の寺社があり、神社総代会、お寺の檀家総会の新年会や総会で「港区は建築物の80%以上が耐火建築で、燃えにくい街になっていますから、寺社の建替えは是非木造でお願いします。木造の伝統建築を大切にしてください。」「建築確認済証は建築指導主事である建築課長が発行しますが、建築基準法の特例は区長の責任ですので、私が文化財の価値有りと判断したら、私が木造の寺社建築を許可します。」と挨拶しました。国宝の木造の寺社も、放水銃やスプリンクラーで十分防火対応できます。港区は全域「防火地域」がかかっていますので100㎡を超える建築物は全て耐火建築にしなければなりません。(建築基準法61条)その例外、特例は区長が判断します。

 現在の港区長武井さんは私の区長時代の人事課長、2人の副区長はそれぞれ総務課長、人事研修担当課長で、建築や都市開発、技術分野、文化芸術分野は全くの素人。また、技術系の職員は文化芸術のことを理解せず単純に「法に照らして違反」というだけで、特例許可などの発想はありません。(できません)本件で、港区は文化政策の観点から政治判断すべきでした。そうした判断できる幹部がいないということです。それに尽きます。残念なことです。港区は大変重要な文化財をもらいそこないました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です