伊勢神宮参拝・鳥羽市で一泊

9月家族で伊勢神宮を訪問、参拝しました。伊勢市は人口13万人。年間観光客は300万人と思います。(記憶違いがあるかも知れません)一度減少しましたが参道に至る商店街を景観整備し、再び観光客が増加しました。おかげ横丁を中心とする参道は満員電車並みの混雑。地元の案内人のガイドで勉強しながらの参拝でした。その後、鳥羽市に移動しました。鳥羽市は人口2万人弱。鳥羽市にある予約したホテルに行きました。鳥羽駅からホテルまで5分程度ですが、タクシーに乗りました。以下はタクシー運転手との会話です。

鳥羽市内にタクシーは5台しかなく、お客さん相当待ちましたか?と聞かれました。鳥羽市では若い方が大都市(基本的には名古屋市)に移住し、人口がどんどん減少しています。伊勢市には参拝客が大勢訪問するが、鳥羽市まで流れてこない。鳥羽駅前の商店街はすたれ、医療施設はなく、病気すると隣の伊勢市の市立病院までゆくしかない。など、鳥羽市の問題を聴かされました。気持ち、鳥羽市のコンサルタントを引き受け、処方箋を提案したいと感じました。美しい景色、おいしい食べ物、真珠の販売店、博物館、水族館など有名な事物が多くあります。振興策はあるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です