大学卒業記録顔写真、学生服着用と強要

早稲田大学を卒業した1972年(本当の学年は1971年、1年交換留学したので卒業年は1972年)、建築学科の女性事務員(Oさん、女帝然とした方)が「卒業記録写真は学生服着用」と強要しました。私はアメリカとスウェーデンで学び、学生たちが自由な服装を謳歌したことに影響を受けました。また、建築デザインを学ぶ立場からも、ファッションは個性(といっても常識の範囲で)が大切と思っておりました。今なら「学生服着用の根拠は何ですか?」と質問したでしょう。個性を圧殺する大学?あるいは大学職員の強要は今思うと、許し難いことです。社会問題が起きると、大学教授は偉そうにテレビ、新聞で偉そうにコメントします。服装の強要について早稲田の教授はどのような見解をお持ちか?

「令和」の名付け親とされる文学者中西進氏が読売新聞の時代の証言者で「戦争中中学校(現高校)、男性はゲートル巻の作業服を着ていたのに、美術の先生は背広に蝶ネクタイで、格好良かった」という趣旨のことが書かれていました。建築家では、戦争中、白いスーツを着て街を歩き、警察官から職務質問、スーツを着ていることに対しお説教を受けた際「自分は建築家である。個性が大切」と警察官をお説教したと聞いたことがあります。個性に配慮せず、一同一律にある方向に強要するのはまずいこと。軍国主義、全体主義教育を戦後25年経過しても早稲田大学あるいはその職員は、やっていました。個性豊かな人材が育つはずがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です