芸能界と薬物事件

11月18日、女優沢尻エリカが麻薬取締法違反容疑で逮捕されました。私は芸能分野に関心がありませんので俳優や歌手の名前をほとんど知りません。俳優や歌手など芸能人はメディアを通じ国民に大きな影響を与えます。10年近く前、島田伸介が暴力団と交際していたと報道されました。当時の週刊誌によると警察庁長官自ら島田の逮捕に積極的だったと報道があり、かつ、長官は「芸能人は国民に大きな影響を与えるのでその点に配慮し芸能活動をされたい。」と記者会見で語ったように記憶があります。島田伸介は恭順の態度を示し、芸能界から引退、南の島に逃れ謹慎状態の生活を継続しているようです。メディアも、報道番組では、キャスターが偉そうに政府批判、社会批判をしていますが、一方で、怪しげな芸能人を使っています。このギャップが理解困難なことです。芸能番組の担当幹部は毅然たる態度で芸能人との対応をすべきです。

私が高校生だった頃、父親が某組織の広報の責任者を勤めていたのでいくつかのネタを持っていました。父親が問わず語りで語った話「コマーシャルソングで有名はKはNHKのディレクターの愛人だ。」、純粋な高校生としてはよく理解できませんでしたが。10年くらい前でしたか有名歌手のMがNHKのディレクターと愛人関係と週刊誌で報道されました。メディアの幹部もその程度なのでしょう。

区長時代、ゲストをお招きし対話するローカル番組がありました。私が広報課長に指示したことです。「芸能人を呼ぶな。」(芸能人差別ではなく、芸能人好きと誤解されることを避けたということと、区民の歓心のために有名な芸能人を招くのでなく、港区政について真剣に語り合える知識を有する方をゲストにお呼びすべきと考えました。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です