兼高かおるさん1周忌。兼高さんに感謝。

兼高かおるさんが亡くなられて1年が経過しました。近親者のご案内で一周忌法要に出席しました。港区長選挙に出馬するに際し、兼高かおるさんに後援会長をお願いしました。(原田敬美のブログの2015年9月5日付けに書きました。)文化の分野で長年お仕事され、日本中にそのお名前が知れ渡っています。兼高さんは政治とは関わりたくないとのことでしたが、私自身3度海外留学し、建築を通じ文化という分野で活動していることから、「応援してあげようか」というお気持ちになったのか、後援会長をお引き受けいただきました。兼高さんの事務所は私の事務所から100メートル程度と近くにあります。そのようなこともあり時々お目にかかりました。

法要後の食事会で兼高さんと親しかったご友人の方々、テレビ局の取材クルーの方々が当時のエピソードをご披露されました。兼高さんは取材先でタクシーの運転手にも様々出会った人に精力的に取材したそうです。外見は華麗な女性のイメージですが、水上スキー、スキューバダイビング、パラシュートなどぶっつけ本番で挑戦したそうです。スカートでエジプトのピラミッドに上りました。こうした行動はテレビ放送でご存知の方も多いと思います。毎週放送しますので、海外取材、編集、本番は3,4人で超過密スケジュールでこなしたそうです。超人的行動です。取材で接する際、だれに対しても敬意を表したそうです。兼高さんの行動は私自身の活動に大いに参考にさせていただく内容が豊富です。兼高さんに感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です