東京高検検事長黒川弘務氏の辞任、検察・法務省の問題

2020年5月22日黒川検事長が辞表を提出したと報道がありました。新聞記者と賭け麻雀をしたとのことです。日本では法律に賭け事禁止とありますから立派な犯罪です。私は麻雀もしないし(知りません)ギャンブルに全く関心がありません。(私は世界共通の法律は当然として、国家によって偏ったと思われる法律は見直すべきと思います。世界中を歩き多くの異文化の方とのおつきあいからそのように思っております。あるいは守れない法律なら改正したらよいのです。)黒川氏は長年賭け麻雀をしていたとの報道です。逆に言えばこうした生活習慣、癖を持つ人物を検察庁や法務省が最高幹部(事務次官や東京高検検事長)にしたこと自体驚きです。周囲が問題指摘し本人を指導するか、あるいは、途中で出世競争から排除すべきでした。このようなでたらめな人物が検察幹部に居たのは残念です。

検察は「法と証拠に基づき」、と台詞を吐きます。これまで検事が証拠をねつ造したり、被告に有利な証拠を隠し、冤罪になった事件が多くあります。代表的には厚生省元局長の村木さん事件。手柄を焦ったか、あるいは走りだし収拾がつかなくなったのか、証拠をねつ造し村木さんを有罪にしたバカ検事。その上司のバカ検事。今はどのように暮らしているのでしょうか?反省し暮らしているなら良いですが。栃木県足利市の菅谷さんの冤罪事件。栃木県警のバカ警察官の捜査の方法論のミスで無実の方を有罪にしました。DNA鑑定がまだ不確かな時代、不確かな証拠を基に検察は有罪にしました。古くはゼネコン汚職の捜査で事情聴取をしている際、相手をぶん殴ったバカ検事。その後その検事はどうなったのでしょうか。検事ですら相手をぶん殴るのですから暴行事件の加害者の気持ちは十分理解できるのではないでしょうか。検事は被疑者に偉そうなこと言えませんね。まだまだ多く事例があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です