新型ウィルスとの共存社会

多くの識者がこれからは新型ウィルスと共存する社会を目指さなければならないと指摘しています。私も同感です。しかし、欧米諸国と比べ、日本は衛生環境は良好で、日本人の衛生意識が高いですから、これまで通りの生活に多少の配慮(建築、都市環境への配慮など含め)を付加すれば十分共存できると思います。

もう一つの参考事例です。犯罪との共存です。ニューヨーク、パリ、ロンドン、ローマなど大都市はスリ、ひったくり、強盗など日本では想像できない事件が多く発生しています。東京の街を歩いているような感覚でそうした都市を歩けません。常に、スリが、ひったくりが、強盗が狙っているぞ、という気持ちでバス、地下鉄に乗り、また、街を歩かなければなりません。

極論するとそうした大都市では犯罪と共存し生活しなければなりません。これからは犯罪だけでなく、ウィルスとも共存しなければならない時代となったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です