東京の高速道路手抜き工事、福岡県の建設会社受注の不自然さ

週刊文春の報道で、高速道路手抜き、国交省とNEXCOが握りつぶした告発状、福岡県宗像市の会社が手抜き工事、と書かれています。不自然さを感じるのは、都内の日野市や調布市での小規模な橋梁工事ですから、地元周辺の建設会社が担当するのが自然ですが、福岡県宗像市の建設会社が受注、担当したことです。よほど大きな政治力がないと、遠く離れた福岡県宗像市の会社が受注することは考えられません。立派な工事をしたならともかく、手抜き工事。しかも、公共事業に必要な指名参加資格が停止処分になっていたとの報道です。
地元出身のだ衆議院議員宮内秀樹氏が間に入っているとの報道。最悪のケースです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です