千葉県旭市で鴨料理、鴨・白鳥の生息する水辺の視察

食通の友人やその仲間に誘われ千葉県旭市幾世789にある鴨料理才兵衛に行き、鴨料理を堪能しました。農地の真ん中に数件の住宅が建っている集落の一軒家がその料理屋。田んぼの真ん中の料理屋というのは立地がユニークです。自宅を兼ねた料理屋で、庭石、植木などがきれいに配置されています。和室には、ユニークな床柱があり、天井の杉材は幅90センチと幅広でユニーク、その杉材は見るだけでは本物かどうかわかりませんが、中杢というきれいな文様。若女将に曰く、一部のお客さんから東京に進出したらと誘いがあるそうです。しかし、家族経営だからこそ経営が成り立っており、家賃の高い東京に進出し、従業員を雇うと固定費がかかるので経営的に困難とのこと。納得。お勧めの料理屋です。隣接の東庄町の水辺に多くの鴨と白鳥が生息し、鳴き声が東京では聞けない自然の音。白鳥が集団で飛び交う姿は壮観です。旭市は、イチゴ生産では千葉県で一番。また、太平洋に面した飯岡漁港ではシラスが水揚げされます。果物、海産物も豊富です。お勧めの場所です。お店のご主人から、旭市、銚子市、利根川挟んでの茨木県の自治体間の人口移動の話、企業立地の話など生の地方の課題を聞かせていただき、地方政治について勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です