世田谷区で区議ハラスメント防止条例。港区でもぜひ

6月15日読売新聞に「世田谷区で区議ハラスメント防止条例案、対職員に特化」というタイトルの記事がありました。好ましいことです。港区でもぜひ同様の条例を制定すべきです。私の区長時代、共産党のK区議は、議会やそのほかの場所でも、大声で職員などに怒鳴り散らし、職員を委縮させ、自分は偉い、自分に従えと言わんばかり、また、時には会議で長時間マイクを独り占めしたりしていました。私は、アメリカ、スウェーデンで民主的な議論を学んだ経験からすると、Kは議論の仕方を分かっていない人物と思いました。条例で職員を威圧する言動を規制すべきです。もっとも、Kは既に引退していますので、現在の区議会の事情は知りませんが、議員が大声で職員を怒鳴り散らすのは議論でありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です