8月22日(日)昼の六本木風景

コロナ患者数が相当数に達した8月22日(日)昼の六本木風景です。六本木の事務所に荷物運びのため10時頃と12時過ぎに六本木に行きました。若い男女の6名、8名といった集団が、アルコールも入っているのでしょう、多少千鳥足で、大声出しながら歩いていました。半数はマスク無しでした。また、外国人の男女の集団も同様でした。一部の方たちは、ガードレールに腰掛け、缶ビールなどを飲み、語り合っていました。感染拡大のリスクが高いと感じました。まじめに感染対策し営業をしている飲食店を知っています。

政府や東京都などの行政機関は、いわゆる「味噌も糞も一緒に」規制(お願い)をしています。まじめに営業している飲食店にはいい迷惑です。本当に取り締まるべきは、マスク無しで、昼からアルコールを路上で飲み、大声出している連中です。また、そういう連中にアルコールを提供している飲食店です。行政や警察が、彼らを注意できるよう法の整備をすべきと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です