区長秘話その15 16時の男

区長就任後、16時になると区長室に来るベテラン議員Y氏がいました。最初の頃は、世間話しにでも寄ったかと思いました。しかし、毎日来ます。話題がいつも、前の区長選挙は俺が仕切った、その前の区長選挙も俺が仕切った、その前の区長選挙も俺が仕切ったと同じ話題ばかり。次第に、また、自慢話、ほら話かと感じるようになりました。特に、忙しく書類をチェックしているときは迷惑そのものです。

周辺に事情を聴くと、前の区長の時は16時になると区長室に来て区長室の裏の倉庫に置いてあるサッポロビールで酒盛りをし(その議員はサッポロビールしか飲まないのでその議員のために買いためたものでしょう)、おそらく世間話、人事の話、議会の話などしていたのでしょう。問題はその後のことです。関係者の話では、そのベテラン議員、区長室でべろんべろんに酔っ払い、職員が抱きかかえ、区長専用車に乗せ、自宅まで送り届け、それから区長が会合に出たり、銀座に繰り出したりのようでした。

真面目な職員にとり、そのような酔っ払い議員との世間話の際にあの課長はいい、この課長はダメなど人事が決まったらたまったものでないでしょう。また、区長専用車の不適切使用になります。

私はビールも出さず、書類のチェックで忙しいので、とお伝えしたら、その議員はもう来なくなりました。その代り、助役室で世間話をしていたようです。頻繁に区長秘書室で陣取り、情報収集(諜報活動)をしていました。区長の行動、だれが面会に来たか、だれと会っているかなどです。後見人気取りでした。課長に命じ、秘書室にあるその議員のために用意したみたいな椅子をどかすようにしました。また、予定表など隠せと命じました。このような振る舞いが区長室、秘書室でありました。他の自治体ではどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です