50年来の友情交流。

昭和44年(1969年)早稲田大学3年生の時交換留学でアメリカ、オハイオ州にあるThe College of Woosterに1年間交換留学しました。多くの友人に親切にしていただきました。そのうちの1人がLisa Zwanzichです。彼女は1970年から1年間交換留学生として早稲田に留学しました。卒業後は平和部隊としてアフリカのコンゴなどで社会貢献活動しました。私もその後スウェーデンや再度アメリカに留学したり、結婚で住所が変わったりし、音信不通になりました。

1990年頃ウースター大学から同窓会名簿が送付されました。留学時世話になった友人の住所が新たにわかり、多くの仲間に航空便を送りました。Lisaからも返事が来ました。子供同士が同い年ということでLisaの提案で子供同士をペンフレンドにし手紙の交換をさせました。英訳は妻が担当しました。1997年アメリカの学会参加の際娘を連れ、学会終了後Lisaの家族を訪問、大歓迎を受けました。ペンフレンドであるLisaの娘2人と面会し、私の娘(当時小学校4年生)も大感激でした。個人情報保護も大切ですが同窓会名簿も大切です。

娘の成長とともに郵便の交換が減りました。インターネットの時代の変化もありました。だいぶ連絡が途切れましたが、Lisaの長女から日本を訪問したいと連絡がありました。半ば新婚旅行のような内容。拙宅にホームステイするように伝えました。5月の連休中、2人は来訪。母親であるLisaが住んでいたホストファミリーを見つけそのお宅を訪問、早稲田大学を案内し、Lisaの娘夫婦は大感激。ホストファミリーのお母さんもお元気でした。ホストファミリーのお母さんもLisaの娘を見て大感激。Lisaにそっくりです。

二人ともアメリカの平和部隊でガーナに3年間滞在し、社会貢献活動をしていたそうです。また夫は2000年ブルガリアに2年、ルーマニアに半年、平和部隊員として社会貢献活動をしたそうです。ルーマニアでは路上生活の子供の世話をしていたそうです。アメリカの社会貢献活動に敬意を表します。しかし、連日アメリカ批判のマスコミや野党ですが、こうしたアメリカの社会貢献、国際貢献はほとんど報道されません。

こうした長い友情は大切です。私の子供、孫にこうした交流をつなげてゆきたいと思います。目先の利権ばかり追いかける政治家などを見ました。50年たっても評価される活動をすべきです。

ところでLisaは10年前乳がんで亡くなりました。残念なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です