東京都知事選、アメリカ大統領選と比べ、

平成28年7月31日新たに東京都知事に小池百合子氏が当選しました。今後の活躍を期待したいと思います。アメリカ大統領選挙が進んでいます。日米比較です。都知事選挙は立候補表明と選挙期間でわずか1か月。候補者選びはブラックボックス。アメリカ大統領選挙は1年かけ、出たい方が手を挙げ、候補者同士で論戦を繰り返し、投票で候補者が最後1人に絞られる仕組みです。すべてガラスボックスです。1年近い選挙戦で、候補者の理念、過去の実績、家庭環境まで明らかになり、全てが総合的に評価されます。今後、知事選、市長選など、十分な時間をかけ、候補者同士で何度も論戦を重ねる方式も検討されたらよいと思います。

アメリカの大学で学長、学部長、大学院長の人事も、日本の年功序列と異なり、選考委員会が設置され、数か月もかけ、全国から様々な候補者がリストアップされ、教育理念、経営理念、実績など、評価され、決定されます。私が留学したライス大学建築大学院の院長人事の場合、60人くらいの候補者がリストされ、そこから1人が最終的に選ばれるというプロセスでした。また、私の指導教官は45歳でハーヴァード大学建築大学院長に就任しました。日本ではありえない人事です。オバマ大統領が就任した際、住宅都市開発省長官に就任したのは42歳の元ニューヨーク市役所住宅局長、教育長官に就任したのは44歳の元シカゴ市役所教育局長。

国際化という流れの中で、欧米流の選考方法、人事を検討する時期でないかと思います。

東京都知事選、アメリカ大統領選と比べ、」への3件のフィードバック

  1. 濱野成秋

    しがらみ重視、知名度重視、権力構造論でしか認めたがらない思考風土に住んでいて、領域横断的な独立法人を立ち上げるのは、君のような人間を集める必要があるなと思った。濱野成秋。

    返信
    1. 原田 敬美 投稿作成者

      濱野成秋様 原田敬美のブログをお読み下さりありがとうございます。また、コメントをお寄せ下さりありがとうございます。今後もご指導よろしくお願いします。

      返信
  2. 濱野成秋

    元気かい?君はハートもいい頭もいいから一緒に仕事しよう。今豊洲もめているが君ならすぐにできるはず。小池がボンクラにみえてしょうがない。濱野成秋

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>