アメリカの大学のランキング

アメリカの代表的な週刊誌USNews&Worldが毎年大学ランキングを発表しています。今年も発表がありましたとワシントンポストの9月13日の記事。公立、私立(アメリカは私立が圧倒的に多いです)併せてです。1プリンストン、2ハーヴァード、3シカゴ、イエール、(同列)5コロンビア、スタンフォード、(同列) 7マサチュセッツ工科大学、8デューク、ペンシルヴェニア(同列)10ジョンホプキンス、11ダートマス、12カリフォルニア工科大、ノースウェスタン(同列)、14ブラウン、15コーネル、ライス、ノートルダム、ヴァンダービルト(同列)、19セントルイス、ワシントン大学、20エモリ-、ジョージタウン、カリフォルニア大学バークレイ校、(同列)、23南カリフォルニア大学、24カーネギーメロン大学、カリフォルニア大学ロサンジェルス校、ヴァージニア大学(同列)と記載されています。アメリカは何でもランキングをするのが好きな国です。そういう文化です。ランキングによる査定が厳しいです。評価項目は不明です。私の留学したライスは4000人の小規模な総合大学。恐らく小規模大学という範疇にすると、トップになると思います。

日本では考えられませんが、音楽部、宇宙工学部(当初の人工衛星の飛行士はライス大学の出身者が多かったと聞いております)、ビジネススクール、公共政策部、建築学部など様々な学部学科があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です