スウェーデンの設計事務所の勤務実態

昔話です。1971年技術研修生としてカール・クリスティアンソン建築設計事務所で働きました。
氏は後年スウェーデン、インテリア建築家協会長を務めた指導的な建築家です。
仕事はオフィスランドスケープのデザインです。今流の快適オフィスのインテリアデザインです。
勤務時間は8時から5時まで。10時に15分間のコーヒー休憩。12時から昼食ですが、事務所負担。
3時から30分コーヒータイム。5時に所員は一斉帰宅。残業はありません。女性は半数。ストックホルム工科大学の女子学生も半数。
いただいた月給は1690クローナ(当時の交換レート1クローナ70円で約12万円です。高給です。)
ホテル並みのアパートは月額2万円(いわゆるコレクティブハウス、台所共有)、ただし税金保険は40%、消費税10%(今は25%)です。中央駅から地下鉄10分。駅前のアパート。目の前は白樺林。医療費無料、学校無料。公共交通24時間運転。
日本の建築家もこのような労働環境で仕事ができるとよいと思います。すべきです。
生活大国と政策を訴えている政治家がいますが、日本の政治家はこういう環境を一度体験してみるべきと思いました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です