群馬県水上温泉旅館に家族旅行、イタリア人夫婦も宿泊。

家族旅行(妻の92歳の父親、82歳の母親、子供とその家族も)で群馬県水上温泉の和風ホテルに宿泊しました。数種類の源泉の温泉、広い和風庭園が売りです。子供がインターネットで見つけました。松乃湯という旅館です。200室以上あると思います。多くの家族連れで賑っていました。いくつかの気づき。従業員にアジア系の外国人が相当数いました。しっかりサービス業の従業員としてマナーが身についていました。経営者の教育が良いと思います。地元に大きな雇用を生んでいます。観光は立派な産業で、これから大都市でも地方都市でも基幹産業と位置付けるべきです。

旅館の客室はRC造で6階から10階建の棟が4棟が増築で廊下でつながっています。利根川の源流に面し美しい山並みの景色です。温泉は大きな断面の木造で、何かの機会に参考にしたいと思う木組みです。美しい日本庭園を見ながら温泉につかるのは日本人の最高の贅沢。ふと、外国人カップルがいました。お尋ねするとイタリアのナポリから来訪とのこと。東京で2泊、水上で1泊、京都で4泊、大阪で2泊の予定だそうです。水上の温泉はインターネットで見つけたとのこと。インターネットの威力を思い知らされました。重いスーツケースを運びながらの日本旅行の様子でした。大いに日本を楽しんで下さいと会話。

帰りは旅館の送迎バスで上越新幹線の上毛高原駅まで送ってもらいました。朝のテレビニュースで、本日は新幹線、飛行機は帰省のユーターンラッシュで満席とのこと。東京まで立ち続けることを覚悟したら、午前の早い時間のせいか、車両はガラガラ。良い気分転換、家族との交流でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です