報道ステーション、ニュースキャスター比較評価

タレントに対する評価は個人の好き嫌いに基づきます。ニュースキャスターも同様です。テレビ朝日報道ステーションの古舘伊知郎氏について感じたことです。建前上、報道機関は中立に報道することが求められています。しかし、某知事選挙などで自民党政府に反対の立場の方が当選する報道になると、嬉しそうな顔して報道する姿勢に違和感を感じました。また、国際情勢などについて報道する際、「偉そうに」「国際政治の専門家であるがごとく」報道する姿に違和感を感じました。古舘氏がジョージタウン大学の国際関係大学院の修士か博士課程を卒業したとか、タフツ大学のフレッチャースクール(外交、防衛の専門大学院で、日本からも外務省、防衛相の官僚が留学します。戦後、明石さん(国連の事務次長を務めた)もフレッチャースクールで勉強しました)で勉強した経験があるなら、真摯にコメントを聞く気になりますが。(スタンスは別として)国際関係などまっとく門外漢のキャスターが自分の意見を含め報道する姿には違和感を感じました。スポーツの話なら聴いてもいいが国際問題について古舘さんの意見を聞くのは不快な気持ちすら感じました。本来、キャスターは自分の意見を抑え、異なる意見の専門家を複数招きそれぞれに喋らせるのが本来の報道の姿です。

今の若いキャスターの富川悠太氏はキャスターの立場をわきまえ報道しようとしているかと感じます。少なくも古舘氏と比べ。私はアメリカのCNNを毎日1時間見ています。キャスターは政治家でもコメンテーターでもありません。報道を伝え、立場の異なる専門家にコメントさせています。それが報道の姿でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です