アメリカ、カンサス市の建築ルネッサンス

Architecture Dailyという建築専門誌の4月号によると、アメリカでは中西部のカンサス市が建築デザインで新たな拠点となりました。従来、ニューヨーク市やロサンジェルス市が世界の建築デザインの拠点ですが、カンサス市は今やアメリカの建築デザインのリーダーになりました。代表的具体事例です。競技場Sprint Center、エルドラド造醸所、カンサス市美術館、カウフマン舞台技術センター、カンサス大学管理棟、ガラスの迷路、ネルソン・アトキンス美術館、セントテレサ女子大学教会、公園に貨車を設置し文化芸術活動の舞台に転換(カンサス市の文化の1%事業)などです。アメリカの多くの都市を訪問しましたが、次はカンサス市を訪問したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です