港区長秘話その6

選挙中の出来事の思い出です。初めてで何もわかりません。周りの方が運営してくれました。①素性がわからない方に要注意です。選挙事務所へ多くの方が激励のためお訪ねくださいました。中には自称選挙の仕切り屋さんと称する方もいたようです。選挙事務所のスタッフが適当にあしらってお引き取りいただいたようです。一票でもほしい中、こうした手合いにひっかかると問題になる恐れがあります。②F銀行の会長から選挙事務所に激励の電話がありました。選挙事務所のスタッフは皆驚いたそうです。氏は留学の同窓会の先輩です。③また、M不動産の副社長から激励の電話がありました。また、選挙事務所のスタッフが驚いたようです。30年来の勉強仲間です。④A新聞の政治欄に署名記事で港区長選挙の特集記事がありました。記事中私の名前は1度、対抗馬の女性候補の名前が5回記述されていました。私は俗に言う保守系のろくでもない候補、対抗馬の女性候補は市民派候補と記述されていました。明らかに意図的な対抗馬後押しの露骨なバランスに欠いた提灯記事です。彼女への取材はありますが私への取材はありません。選挙後、当該記者に抗議の手紙を書きました。2週間連絡がありませんでした。そこでA新聞の社長に直接アッピールしました。(20年来の知人です。A新聞にはかつて私はコラムニストとして記事を書いていました)そしたら、やっとその記者が上司を伴い区長室に来訪。子供じみた言い訳をしていました。最近のA新聞の問題と筋が同じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です